英語の「タックス・ヘイブン」は「天国」じゃなかった!「天国」の正式な英訳から政治体制がわかる!?

聖書で英語!

教会なのに異例の面白さで10万人以上のフォロワーを獲得し、広く一般に大人気のTwitterアカウント「上馬キリスト教会(@kamiumach)」。その運営を行う「まじめ担当」と「ふざけ担当」のうち、まじめのMAROさんによる連載「聖書で英語!」では、聖書からキリスト教と英語について楽しく紹介します。第3回は、「天国」の英語表現からわかる教養と豆知識あれこれです。

「天国」と「楽園」の話をしよう

こんにちは。MAROです。冬の寒さ深まる近頃ですが、皆さま体調を崩されたりしていないでしょうか。

聖書から英語を学んでしまおうというこのコラム、早くも第3回です。今回は寒い冬とはイメージが反対の「天国」や「楽園」について、英語でどう表現されているのかをお話ししようと思います。よろしくお付き合いください。

聖書に「天国」という言葉は登場しない!

そもそもの話なのですが、「天国」ってなんでしょう。辞書を引くと、「信者の霊魂が永遠の祝福を受ける場所」といった意味が書かれています。

しかし、なんと日本語の聖書に「天国」という言葉は出てきません。聖書では「天の御国」とか単に「御国」とか表現されます。・・・でも面倒なので、このコラムでは「天国」でいきますね。

さて、「天国」を英語で言うとHeaven・・・と、思いがちですが、実は厳密にはHeavenという単語が示すのは「天」であって「天国」ではありません。現在ではHeavenの1語でも「天国」を指すケースも多いのですが、これはどうも10世紀頃に定着した表現らしく、それよりもさらにずっと前に記された聖書では「天国」はKingdom of Heavenと表現されます。

天国の政治体制とは?

Kingdom of Heavenって、日本人からすると面白い表現だとは思いませんか。日本語では「天国」としか言わないものを「天の王国」と表現しているんです。

つまりこの一言だけで、天国の政治体制は社会主義でも民主主義でもなく、王政だということまでわかってしまうというわけです。

もちろん、その王様になるのはイエス・キリストということになります。理想の王であるイエス様が治める理想の国、これが天国なのです。仏教でも「極楽浄土」という考えがありますけど、そこの政治体制まで考えることは少ないですよね。

キリスト教って、いわゆる「あの世」のことも意外とリアリスティックに考えているのです。漠然と「苦しみのない素晴らしいところ」と思っているわけではないことが、この言葉だけでわかってしまいます。

「天国」と「楽園」の違い

もう一つ、「天国」の英訳にはParadiseという語もあります。日本ではあまり区別しないかもしれませんが、これは「天国」というよりは「楽園」と訳す方が正確かもしれません。

確かに、「天国」という意味でParadiseを使うケースは聖書にもあります。しかし、アダムとイブの住んでいたエデンの園を示すのはParadiseであって、Kingdom of Heavenが用いられることはありません。

エデンの園は地上にあったので「天の」という意味のHeavenは使わないんですね。Kingdom of Heavenと言うと「死後の世界」のイメージが強くなりますが、Paradiseは必ずしもそうではなく、あの世この世にかかわらず「理想郷」くらいの意味になります。

Paradiseの方が守備範囲が広いんです。ただ、(×)Kingdom of Paradiseという表現の仕方はまずしません。政治体制はParadiseでは規定されないからです。「すてきな場所」であればそこはパラダイスではあるけれども、イエス様が王でなくては天国ではない。そんな感じです。

「タックス・ヘイブン」はheavenではありません

さて、ちょっと話は変わりますが、世界のお金持ちが税金逃れのために利用する国や地域は「タックス・ヘイブン(租税回避地)」と呼ばれて、何年か前にずいぶん話題になりましたよね。

これをtax heaven、つまり「税金天国」と思ってしまっている人が日本では少なくないのですが、これは正しくはtax haven、つまり「税金の避難所」です。

発音も似ていますし、スペルも「e」が一つあるかないかですから非常に紛らわしいです。しかもさらに紛らわしいことに、フランスなどではこれを「paradis fiscal」など、「税金天国」と訳される言葉で表現したりします。

今回の聖書英語フレーズ

Blessed are the poor in spirit, for theirs is the Kingdom of Heaven.

心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。(マタイ5:3)

先月に引き続き「山上の説教」の有名フレーズです。

倒置が2回もあって読みにくいのですが、聖書ではとてもよく見られる表現ですから、聖書を読むなら慣れておいた方がいいでしょう。受験英語としても、難関校を目指すなら覚えておいて損はないフレーズです。

Assuredly, I say to you, today you will be with Me in Paradise.

まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。(ルカ23:43)

このAssuredly, I say to you,(まことに、あなたに告げます)というのは、イエス様が大事なことを話すときに口癖のように言うフレーズです。聖書には何回も出てきます。かみ砕いて訳せば、「これから大事なことを言うからよく聞けよー!」です。聖書以外ではほとんど使われないフレーズなので、覚えなくてもよいと思います。

後半でMeというのが出てきますが、これはmeの誤記ではありません。聖書では神様やイエス様を示す代名詞はすべて頭文字を大文字にします。三人称であればHe, His, Himですし、一人称ならI, My, Meとなります。

それではまたいつか。MAROでした。God Bless!

※聖書の出典:日本語『聖書 新改訳2017』、英語“Holy Bible: New King James Version” 1983

上馬キリスト教会ツイッター部のMAROさんの本

「キリスト教」の世界一わかりやすい入門書。世界史、文学、美術、マンガを楽しむのに必須の教養が身に付きます。MAROさんが、とっつきやすく、面白く、だけどしっかりと教えてくれる本です。

こちらもおすすめ!英語で学ぶ聖書と教養

日常会話やメディアで聖書に由来する表現が頻繁に使われたり、大統領が聖書の言葉を引用したりするなど、英語と英語圏の文化を深く理解する上で聖書の知識は不可欠です。聖書の名ストーリー18編を、簡単な英語と石黒マリーローズさんの解説でお届けします。

CD付 英語でハッとする聖書の話

CD付 英語でハッとする聖書の話

 

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

上馬キリスト教会ツイッター部 MARO

上馬キリスト教会ツイッター部 MARO1979年東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科、バークリー音楽大学CWP卒。キリスト教会をはじめ、お寺や神社のサポートも行う宗教法人専門の行政書士。キリスト教ではない家に生まれ、23歳のときに洗礼を受けた「クリスチャン1世」。Twitterアカウント「上馬キリスト教会(@kamiumach)」の運営を行う「まじめ担当」と「ふざけ担当」のまじめの方でもある。2015年2月からキリスト教を面白おかしく紹介し始めたところ10万人以上のフォロワーを獲得した。
「ふざけ担当」LEONとの共著に『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』、『上馬キリスト教会ツイッター部の世界一ゆるい聖書教室』(共に講談社)がある。単著に『上馬キリスト教会ツイッター部の キリスト教って、何なんだ? 本格的すぎる入門書には尻込みしてしまう人のための超入門書』(ダイヤモンド社)。