新学年が今秋スタート!ケイ・ヘザリが語るアメリカ教育業界とコロナウイルス

新学年が今秋スタート!ケイ・ヘザリが語るアメリカ教育業界とコロナウイルス

大学講師や翻訳家として活躍しているケイ・ヘザリさんに、アメリカ教育業界への新型コロナウイルスの影響についてお話をお伺いしてから早2カ月。8月になっても収束する気配が見えませんが、アメリカの教育業界では何か変化があったのでしょうか。ヘザリさんにお伺いしました。

6月に公開した1回目の記事はこちらから確認できます。

ej.alc.co.jp

It’s Not Good News, Folks

I was hoping to have good news for this second article on education in the United States during the pandemic. Instead, as I write in mid-August, the U.S. has more than five million (1)confirmed cases of coronavirus and over 9,000 deaths, with numbers still rising. Yet, the (2)school year traditionally begins here in August. What will students and teachers do?

パンデミック下におけるアメリカでの教育についてのこの2回目の記事で、私はいいニュースを伝えられるよう願っていました。それなのに、私がこれを書いている8月中旬のアメリカでは、500万人以上の新型コロナウイルス感染が確認され、死者数は9,000人を超え、その数がまだ増え続けているのです。しかし従来だったら、ここでは8月に新学年が始まります。学生や教師はどうするのでしょうか?

語注

(1)confirmed cases (感染が)確認された症例数(患者数) (2)school year 学年(度)

Plans Going Forward

That is the question on everyone’s mind right now, and there’s a (3)flurry of (4)contradictory answers. The U.S. president has demanded schools fully reopen and has threatened to (5)withhold federal money if they don’t. Last week, he claimed that children are “(6)virtually (7)immune” from (8)COVID and the virus will “go away” soon. In fact, data now show that in the last two weeks of July, close to 100,000 children in the U.S. tested positive for COVID.

Meanwhile, a majority of parents and teachers across the country are terrified to send kids back to school. And because the decision is up to local (9)school districts, there are many different plans going forward, both for universities and (10)K-12 districts. As of August 7, according to (11)the Chronicle of Higher Education, these are the numbers for universities: 21% of schools plan to open fully in person; 5% fully online; 61% hybrid, a combination of online and in person; and the rest undecided or some other method. As for K-12, many schools are also planning hybrid options and some will delay the start date for the fall term.

現在、それこそ誰もが気に掛けている問題であり、相反する複数の答えによって混乱が生じています。アメリカ大統領は学校を完全に再開するよう要求し、再開しなければ連邦政府の補助金を保留すると脅しています。そして先週、子どもはCOVIDに対して「実質的に免疫がある」、ウイルスはまもなく「消える」と主張しました。現在のデータによれば、実際には7月後半の2週間で、アメリカでは10万人近くの子供がCOVIDの検査で陽性となっているのです。

一方、国中の親や教師たちの大半は、子どもたちを学校に戻すことを恐れています。その判断は地域の学区に委ねられているので、大学やK-12学区の両方でさまざまな計画が進められています。8月7日時点で、The Chronicle of Higher Educationが次のような数字を掲載しています。大学数の21%が対面方式での完全な(授業の)開始を計画しており、5%が完全なオンライン方式、61%がオンラインと対面を組み合わせた混合方式、残りが未定またはそのほかの方法を計画しています。K-12については、多くの学校が混合方式を選択する予定であり、一部の学校では、秋学期の開始日を遅らせます。

語注

(3)flurry (突然の)混乱、動揺 (4)contradictory 相反する、正反対の (5)withhold ~を保留する (6)virtually 実質的に (7)immune 免疫がある (8)COVID ★ = coronavirus disease(新型コロナウイルス感染症)の略。 (9)school district 学区 (10)K-12 ★アメリカでの幼稚園から高校までの13年間の教育(期間)のこと。 (11)The Chronicle of Higher Education ★アメリカの大学のニュースや情報を提供する新聞およびウェブサイト。The Chronicle社が発行。

But Will It Work?

An interesting new concept of “(12)learning pods” has also (13)emerged in both higher and K-12 education. On college campuses, that means creating small groups of students who do everything together, from living in the same (14)dorm to socializing and attending classes. For K-12, it’s about organizing learning groups at people’s homes. Some hire (15)tutors or (16)certified teachers while others rely on parents to share the teaching.

The hardest part is none of these in-person plans can be counted on to work. Some schools that already reopened had to close within a week because multiple students tested positive for the virus. Colleges that plan to have students on campus with safety rules (17)in place still (18)have no control over student behavior outside the classroom. Young people want to be together and are unlikely to follow social distancing rules on their own.

「ラーニング・ポッド」という興味深い新概念も、高等教育とK-12教育の両方で出現しました。大学構内では、これは何でも共に行う学生の小グループを作成することを意味します。そのグループで同じ寮に暮らし、親しく付き合い、授業に出るのも一緒です。K-12の場合、これは個人の家で学習グループを組織することです。家庭教師や資格を持った教師を雇うグループがあれば、親たちが教師役を分担することを当てにするグループもあります。

最も難しい点は、これらの対面方式の計画のどれもがうまくいくとは期待できないことです。すでに再開していた一部の学校では、複数の生徒がウイルス検査で陽性となったために、1週間たたずに閉鎖しなければなりませんでした。構内における学生の安全規則の設定を計画している大学でも、教室の外での学生の行動についてはどうすることもできません。若い人たちは一緒にいたがり、社会的距離を取る規則を自ら守ろうとはしないでしょう。

語注

(12)learning pod ラーニング・ポッド (13)emerge 現れる、出現する (14)dorm 寮、寄宿舎 ★ = dormitory。 (15)tutor 家庭教師 (16)certified 資格を持った (17)in place 設けて、整えて (18)have no control over ~ ~についてどうすることもできない

Predictions

My prediction is that once schools reopen in whatever form, we’ll see another (19)surge of the virus and will have to shut down again. Until we have a vaccine, it’s unlikely that students and teachers can go back to school safely. Once we do have a vaccine though, I predict a lot of hugging.

私の予想では、学校がどのような形にしろ再開しても、ウイルスの感染がまた急増し、再び閉鎖しなければならなくなると思います。ワクチンができるまで、学生や教師が無事に学校に戻れそうにはありません。それでも、ワクチンさえできれば、たくさんの抱擁があると予想しています。

語注

(19)surge 急増、急上昇

Kay Hetherly

Kay Hetherly(ケイ・ヘザリ)

アメリカ、テキサス州在住。かつて日本に通算17 年滞在し、大学講師や翻訳家などとして活躍。著書に『Hamburgers』『American Pie』(共にNHK 出版)、『ケイ・ヘザリのTea Time Talk』(アルク)など。さまざまなテーマを通して日米文化の比較をつづるエッセー「Tea Time Talk」が『ENGLISH JOURNAL』で連載中。

翻訳:片桐恵里