感染症を克服したジョンソン英首相が感謝したNHSとは?【スピーチ全文紹介・前編】

ヨーロッパの今

コロナウイルス感染症にかかり、集中治療室へ送られるまでに病状が悪化したボリス・ジョンソン英首相。その後、最悪の事態は免れて無事回復、退院後に国民に向けて発信したビデオメッセージ全文を2回に分けてお届けします。本記事はその第1回です。

ボリス・ジョンソン(Boris Johnson)
1964年6月19日、ニューヨーク生まれのイギリス人。保守党の政治家。イギリス下院(庶民院)議員、ロンドン市長を経て、メイ内閣で外務・英連邦大臣を務める。2019年6月に首相を務めていた保守党のメイ党首が辞任表明したことを受けて党首選に立候補し、7月に新党首ひいてはイギリス首相となる。メイ政権中に実現できなかったEU離脱を、2020年1月に実行した。

首相スピーチの背景

Britain's Prime Minister Boris Johnson applauds outside 10 Downing Street during the last day of the Clap for our Carers campaign in support of the NHS, following the outbreak of the coronavirus disease (COVID-19), in London, Britain, May 28, 2020.

写真:REUTERS/Hannah Mckay

2019年に中国で感染者が確認され、今年に入ってから世界各地で猛威を振るい始めた新型コロナウイルス。

急増する感染者の中には著名人も含まれ、その1人がイギリスのボリス・ジョンソン首相でした。4月5日に検査のため入院した後、症状が悪化し一時はICU(集中治療室)で治療を受けましたが、1週間後の12日に無事退院しました。その時のスピーチをお聞きください。

折しも、いつもなら子どもたちが外に出てエッグハントを楽しむはずの、イースターサンデー。

ジョンソン首相は、自分の命を救ってくれた医療関係者に何度も感謝を示しながら、そのイギリスの医療システムを守るためにも外出制限を続けてほしいと国民に訴えています。

理解のためのキーワード

新型コロナウイルス

2019年12月に中国湖北省武漢市で初めて確認されたウイルス。これに感染して起きる病気はcoronavirus disease 2019(2019年に検出されたコロナウイルス感染症)、略してCOVID-19と呼ばれる。感染すると肺炎などの呼吸器疾患を引き起こすことがある。

国民保健サービス(NHS)

イギリスの国営医療事業サービス。患者は各地域のかかりつけ医から必要に応じて専門医を紹介され、無料もしくは低額で医療サービスが受けられる。

ソーシャルディスタンス

感染を広げないよう、人と一定の距離を保ち、接触を避けること。英語ではsocial distancing(対人距離を取ること)、physical distancing(物理的距離を取ること)などと表現する。

The (1)NHS Saved My Life

動画で首相スピーチの全文が聞けます。

Boris Johnson: Good afternoon. I’ve today left hospital after a week in which the NHS has saved my life. (2)No question. It’s hard to find words to express my (3)debt. But before I come to that, I want to thank everyone in the entire UK for the effort and the (4)sacrifice you have made and are making. When the sun is out and the kids are at home, when the whole (5)natural world seems (6)at its loveliest and the outdoors is so (7)inviting, I can only imagine how tough it has been to follow the rules on (8)social distancing.

I thank you because so many (9)millions and millions of people across this country have been doing the right thing. Millions (10)going through the (11)hardship of (12)self-isolation (13)faithfully, (14)patiently and with (15)thought and care for others (16)as well as for themselves.

I want you to know that this (17)Easter Sunday, I (18)do believe that your efforts are )(19)worth it and are (20)daily proving their worth. Because although we (21)mourn every day (22)those who are taken from us (23)in such numbers, and though the (24)struggle is (25)by no means over, we are now (26)making progress in this incredible national battle against (27)ocoronavirus — (28)a fight we never picked against an enemy we still (29)don’t entirely understand.

命を救ってくれたNHS

ボリス・ジョンソン:こんにちは。私は今日、1週間ぶりに退院しましたが、その間にNHSが私の命を救ってくれました。まさしく。私の感じている恩を表す言葉はなかなか見つかりません。ですが、その話に入る前に、イギリス全土のすべての皆さんに、皆さんがこれまで払ってきた、そして今なお払っている努力と犠牲に感謝申し上げたいと思います。太陽が照り子どもたちが家にいるこの時期、全自然界が最高に美しく、屋外に出たくなるようなこの時期に、ソーシャルディスタンスのルールを守るのがいかに大変であったか、私には想像することしかできません。

この国中の何百万、何千万という人々が正しい行動を取ってくださっていることに感謝します。何百万人もの皆さんが、誠実に、辛抱強く、自分のためだけでなくほかの人たちのことも思いやり、気遣って、自己隔離のつらさに耐えています。

皆さんにお伝えしたいのですが、イースターサンデーの今日、私はまさに確信しています、皆さんの尽力にはそれだけの価値があり、その価値は日々証明されているということを。なぜなら、私たちから奪い取られたこんなにも多くの命を毎日悼んでいるとはいえ、そしてこの苦闘が決して終わってはいないとはいえ、新型コロナウイルスとの国を挙げたこの途方もない闘いで、われわれは今、前進しています―それは、いまだ全貌を把握できていない敵を相手にした、決してわれわれが好んで始めたわけではない闘いです。

語注

(1)NHS ★=The National Health Service(国民保健サービス)。理解のためのキーワード参照。 (2)No question. 疑問の余地はない。間違いない。 (3)debt 借り、恩義 (4)sacrifice 犠牲、断念 (5)natural world 自然界 (6)atitsloveliest ★at one’s+形容詞の最上級で「最高に~な状態で」の意。 (7)inviting 招くような、魅力的な (8)socialdistancing ソーシャルディスタンス(対人距離)を取ること★理解のためのキーワード参照。

(9)millions (and millions) of ~ 何百万もの~、非常に多くの~ (10)go through ~ ~を体験する、~を経る (11)hardship 苦難、つらい状態 (12)self-isolation 自己隔離 (13)faithfully 忠実に、誠実に (14)patiently 辛抱強く (15)thought for ~ ~への思いやり (16)as well as ~ ~ばかりでなく、~はもとより (17)Easter Sunday イースターサンデー ★イースターは、キリストが死後3日目に復活したことを祝う祝日。春分の日を過ぎた最初の満月後の日曜日(Easter Sunday)に祝われ、2020年は4月12日だった。 (18)do ★後に続く動詞(ここではbelieve)を強調する。 (19)worth ~に値する、~の価値がある ★次の行のworthは名詞で「価値」の意。(20)daily 日ごとに、毎日 (21)mourn ~を悼む、~の死を悲しむ

(22)those who ~ ~な人々 (23)in numbers 数多く、大勢 (24)struggle 苦闘、困難な闘い (25)by no means ~ 決して~ではない (26)make progress 進歩する、前進する (27)coronavirus コロナウイルス ★ここでは新型コロナウイルスのこと。理解のためのキーワード参照。virus(ウイルス)の発音は[váiərəs]。 (28)pick a fight 闘いを始める、けんかを仕掛ける (29)not entirely ~ 完全に~なわけではない

The Country’s Greatest Asset

Boris Johnson: We’re making progress in this national battle because the British public formed a (1)human shield around this country’s greatest national asset, our National Health Service.

We understood, and we decided that if together we could keep our NHS safe, if we could stop our NHS from being (2)overwhelmed, then we could not be beaten. And this country would (3)rise together and (4)overcome this (5)challenge as we have overcome so many challenges in the past.

In the last seven days, I have, of course, seen the (6)pressure that the NHS is under.

I’ve seen the personal courage, not just of the doctors and nurses, but of everyone — the cleaners, the cooks, the (7)health care workers (8)of every description, (9)physios, (10)radiographers, (11)pharmacists, who’ve kept coming to work, kept (12)putting themselves in harm’s way, kept (13)risking this (14)deadly virus. It is (15)thanks to that courage, that (16)devotion, that (17)duty and that love that our NHS has been (18)unbeatable.

わが国最大の財産

国を挙げたこの闘いで私たちが前進しているのは、イギリス国民がこの国最大の財産である国民保健サービス(NHS)周囲に人間の盾を築いたからです。

私たちは理解し、決断しました、もし一丸となってNHSを守ることができるなら、NHSの医療崩壊を防ぐことができるなら、私たちは負けるはずがないと。そして、この国は一丸となって立ち上がり、過去に多くの困難を克服してきたように、この困難も克服するだろうと。

この7日間、当然ながら私もNHSがさらされているプレッシャーを目にしてきました。

私は個人の勇敢さを目にしてきました、医師や看護師ばかりでなく、すべての人たちの―清掃人、調理人、あらゆる種類の医療関係者、理学療法士、放射線技師、薬剤師、彼らは出勤し続け、わが身を危険にさらし、死を招くこのウイルスのリスクを冒し続けています。その勇敢さ、その献身、その責任感、その愛があるからこそ、私たちのNHSは負けることがなかったのです。

語注

(1)human shield 人間の盾 (2)overwhelm ~を圧倒する、~に対応できないほどの圧力をかける ★ここではいわゆる「医療崩壊」を指す。 (3)rise (闘うために)立ち上がる (4)overcome ~を克服する、~を乗り越える (5)challenge 難問、難関

(6)under pressure 圧力の下で (7)health care 健康管理、医療 (8)~ of every description あらゆる種類の~ (10)physio 理学療法士 (10)radiographer 放射線技師 (11)pharmacist 薬剤師 (12)put ~ in harm’s way ~を危険な状況に置く (13)risk ~の危険を冒す (14)deadly 死を招く、致死性の (15)thanks to ~ ~のおかげで (16)devotion 献身 (17)duty 責務、義務 (18)unbeatable 打ち負かされない、無敵の

 

>> 後半に続く

最新号の特集は「Podcast&ラジオ大活用法」

『ENGLISH JOURNAL』は、著名人のインタビューやスピーチ、すぐに役立つ特集など、バラエティー豊かな英語が収録されており、楽しみながらオールラウンドな英語力を身に付けることができる学習情報誌です。

※本記事は『ENGLISH JOURNAL』2020年8号に掲載した記事を再編集したものです。