世界中のプレイヤーと遊ぼう!オンラインゲームの必須フレーズ15選【FFXIV】

ファイナルファンタジーXIVで学ぶ英語

©2010 -2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

通信技術の発達とともに、ゲーム業界でもオンライン化が進み、世界中のプレイヤーが「ゲーム内の一つの世界」に集えるようになりました。ゲームの中で自分のすぐ隣に立つプレイヤーは、実際は遠く離れた国に住み、異なる言語を話す人かもしれません。そんなプレイヤーたちが一つの世界で共に冒険するために、ゲームは「ローカライズ(地域化、言語対応)」されています。世界中の人と一緒にプレイするために必要な表現などを日本発の大人気ゲーム『ファイナルファンタジーXIV』を通じてご紹介します。

「ローカライズ」とは

「ローカライズ」とは、ある国で作られた製品をほかの国でも使用できるようにするため、言語などをその国に応じた形に対応させることです。日本語にすると「地域化、言語対応」といった意味になりますが、そのまま「ローカライズ」とカタカナ語として使われることも増えています。

オンライン化が進み、さまざまな製品が世界中で使われるようになってきたことに伴い、ローカライズされるものは多岐にわたっています。その中で今回ご紹介するのは、ゲーム業界でのローカライズの取り組みです。大人気ゲーム、『ファイナルファンタジーXIV』の現場に潜入しました!

前回は『ファイナルファンタジーXIV』のセリフのローカライズを解説しましたが、今回は世界中のプレイヤーが交流し、協力し合いながらゲームを進めるための工夫を紹介します。

『ファイナルファンタジーXIV』とは

日本を代表するゲーム作品である「ファイナルファンタジー」シリーズの14作目で、ネットワークを通じて世界中のプレイヤーと共に冒険ができるオンラインゲームです。プレイヤーは冒険者として「エオルゼア」という世界に降り立ち、仲間たちと共に、迫りくる脅威に立ち向かうことになります。

日本をはじめ、北米や欧州、中国、韓国でもサービスを展開しており、全世界の累計プレイヤー数は1800万人を突破。今この瞬間も、世界中のプレイヤーが同じ世界で冒険を繰り広げています。

オンラインゲームである『ファイナルファンタジーXIV』は約3カ月に一度、新しいストーリーやダンジョン(ゲームの舞台となる迷宮)、システム改修などのアップデートが行われます。

このアップデートは日英独仏の4カ国語同時に進められます。世界中で同じ「ゲームの世界」を共有するためには、言語の同時ローカライズが不可欠なのです。

「定型文」を活用して海外の仲間とプレイ!

多くのオンラインゲームではプレイヤー同士がチャットでコミュニケーションを取ることができます。しかし、「海外のプレイヤーとチャットするには、英語力にちょっと不安が……」と思う方もいらっしゃるでしょう。そんな悩みを解決するために、『ファイナルファンタジーXIV』には「定型文」というシステムがあります。

「定型文」は、閲覧する人のゲームの言語設定によって、表示言語が自動的に切り替わるシステムです。例えば日本語で「こんにちは」という定型文を選択・送信した際、英語環境でプレイしている人がチャットを受け取ると、自動的に「Hello」に変換されて表示されます。これを駆使すれば、海外プレイヤーとの協力プレイも可能になるのです!

プレイ環境を何語に設定しているかによって、画面が次のように異なります。

プレイ環境を日本語に設定している人のチャット欄

ファイナルファンタジーXIVで学ぶ英語

プレイ環境を英語に設定している人のチャット欄

ファイナルファンタジーXIVで学ぶ英語

ゲーム中によく使う基本フレーズ

ファイナルファンタジーXIVで学ぶ英語

©2010 -2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

代表的な「定型文」をいくつかご紹介します。『ファイナルファンタジーXIV』では、システムで自動的に翻訳されて表示されますが、自分で覚えて使ってみることも可能です。それぞれの表現は単純な言葉の直訳ではなく、ゲーム中で実際に使われるコミュニケーションシーンを想定し、適切な表現に翻訳されています。

あいさつのフレーズ

よろしくお願いします!:Let’s do it!

お疲れさまでした!:Good game!

今日は楽しかったです!:I had fun today!

また遊びましょう!:Let’s play together again sometime!

ここに来るのは初めてです。:This is my first time here.

モチベーションを上げるフレーズ

一緒にがんばりましょう!:Let’s give it our best shot!

気楽にやりましょう!:Let’s have some fun!

落ち着いていきましょう!:If we stay cool, everything will be fine!

戦いに関するフレーズ

どんな戦術でいきますか?:What’s the battle plan?

パーティに入りませんか?:Would you join my party?

攻略方法はわかりますか?:How should we handle this?

戦闘中なんです!:Fighting right now!

経験値が欲しいです。:I want experience points.

これを先にやっつけて!:Defeat this one first!

私が最初に攻撃します。:I’ll deal the first blow.

上級者向け省略表現

『ファイナルファンタジーXIV』だけに限らず、オンラインゲームではコントローラー操作をしながらチャットをする場面があります。タイピング時間を節約するため、数々の略語やシンプルな表現が生まれています。いずれも、知らないと「いったい何?」と思ってしまうかもしれません。代表的なものをいくつかご紹介します。

r

readyを表します。この頭文字のみを取った表現で、「準備OK」を伝える際に使用されます。『ファイナルファンタジーXIV』では、ダンジョンに入る前やボス戦(最後の戦い)の前などに使用されることが多いです。

afk

away from keyboard(キーボードから離れた場所にいます)の省略です。ゲーム内に自分の存在を表すアバターであるキャラクターが立っているものの、チャットなどで話し掛けられても応答できない場合に使用します。

きっと現実世界では、電話がかかってきているなど何らかの理由でプレイを中断していて、ゲームよりも大変なことが起こっているかもしれませんね。afkを見掛けたときは、そっとしておいてあげましょう。

gg

good gameの略語で、難しいダンジョン攻略やバトルの後に使用します。そして誰かがミスをしたときにも、からかいの意味とともに発されることがあります。日本語の「乙(おつ)!」(「お疲れさま」の意)に近いような言葉です。一緒にゲームに参加した仲間に楽しかったことを伝えるために使われるのが一般的です。

すべての冒険者よ、集え!仲間たちの待つエオルゼアの地へ!

いかがでしたか?このほかにも、ゲームを進める上で、日本語でも英語でも支障なく同じ体験ができるよう、さまざまな工夫がなされています。

実際に『ファイナルファンタジーXIV』の世界へ飛び込んで、その様子を見てみませんか?

まずは、期間制限なく無料で遊べる「フリートライアル」がオススメです。PCまたはPlayStation 4でプレイできますので、チェックしてみてくださいね!

sqex.to

それでは皆さん、gg!!

フルバージョンの記事は『ENGLISH JOURNAL』2020年5月号でも!

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

取材・文:ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部
「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

※この記事はENGLISH JOURNAL2020年5月号に掲載された記事を再編集したものです。