リスニングの《常識》を疑え!たった10分で効果を得る【同時通訳者・横山カズ】

リスニングの《常識》を疑え!たった10分で効果を得る【同時通訳者・横山カズ】

同時通訳者の横山カズ先生が、英語スピーキングの大人気講師としても活躍する中で、実際に役に立った「無限のスピーキング力上達法」を教えます。第10回は、たった10分あれば上達が実感できるリスニングの練習方法を紹介します。

皆さん、こんにちは。同時通訳者の横山カズです。

前回までは英語スピーキングの瞬発力を得るためのテクニックについてお伝えしてきました。今回は、これまでの常識を覆すかもしれない、リスニングの上達法を紹介します。

日本語を第一言語とする私たちにとって、英語のリスニングは常に攻略しがたい「難敵」であり続けています。

当たり前のことですが、英語は「聞き取れなければ話せない」ので、まずはリスニング力を鍛えないことには、せっかく音読練習などで鍛えた「英語の瞬発力」の出番がありません。

私は今でこそ同時通訳や英語講師の仕事をさせていただいていますが、以前はリスニングに大変苦労をしました。リスニング力を向上させるためにさまざまなアドバイスを聞いたものの、どうしてか、効果を得ることができなかったのです。

今回は、そんな苦労続きの駆け出しだった当時の私に会えるなら「絶対に伝えたい!」と思っているリスニングのトレーニング法を紹介します。

「キーワードを拾え」は正解か?もっと手前でやっておくこと

英語を国内で独学し始めた20代後半のころのつらかった気持ちを、私は今でも忘れられません。当時は今ほど生の英語に触れられる機会は多くなく、英語の音源があれば、それがニュースであれ、インタビューであれ飛びついては何度も何度も何時間も聞き続けました。

しかし、10年近くもこのような努力をしたにも関わらず、悲しくなるほど聞き取れるようにはなりませんでした。時々知っている単語が耳に引っ掛かるくらいのもので、「どのような単語が発信され」「どのような内容が話されているか」を理解できる領域には到底たどり着くことができなかったのです。

当時私が出会ったアドバイスには、次のようなものがありました。

  • 「英語を速読、多読すれば聞き取れる」
  • 「語彙が少ないから聞き取れないのだよ」


結論を言えば、これらは当時の英語レベルの私には全く役に立たないアドバイスだったのです。私は、英文をできるだけ読むようにしていたし、語彙を増やす努力もしました。しかし、それ以前の「根本」が欠落していたのです。

その「根本」とは、「機能語が聞き取れていない」ということです。機能語とは、代名詞や前置詞、接続詞、助動詞などのことで、レベルとしては、中学1年で習うような、短いつづりの簡単な語です。実はこれらの単語はいくつかくっ付いた状態(コンビネーション)で、非常に弱く、短く発音されるため、聞き取るのが難しい語でもあります。

しかし、この機能語が聞き取れなければ、いくら難しい「キーワード」の方がわかったとしても、それがどういう役割で使われているのかという、「英文の骨格(構造)」をとらえることができません。それでは、結局、内容は把握できないのです。

言い換えれば、「スペリングの長い難しい単語」は知っていればその単語単体では聞き取れるし、意味も分かります。ただ、それだけでは文全体の意味はわからないのです。

私が通訳や英語プレゼンの担当をしている医師の方々も「専門領域のディスカッションよりも、学会の後のフリートークのほうがむしろ大変」と口をそろえて言いますが、これはその典型例だと言えます。日常会話のようなどんな話題が出てくるかわからない場こそ、しっかりと文構造を把握して発言全体の意味を理解することが大切だからです。

さて、ではその「機能語の聞き取り」の力を付けるには、どうしたらよいのでしょうか。

10分あれば効果が得られる!発音のパターン先回り練習法!

先ほども説明した通り、機能語はとても短い単語で、しかもほかの単語とくっ付いて発音されやすいため、ちゃんと聞き取るのが難しいのです。

しかし、実はその音のくっ付き方にもパターンがあります。その発音のパターンを知っていれば、聞き取りは驚くほど伸びます。それらを「先回り」して練習しておきましょう!自分で発音できる音は、必ず聞き取ることができます。発音のパターンは限られているので、10分間集中して口で覚えてしまいましょう。

つづりごとに発音のパターンを覚えよう

表の左は機能語と呼ばれる短い綴りの単語、右は読み方です。太字の箇所は強く発音しましょう。

「~t」⇒「~ッ」
what ワッ
that ダッ
it エッ
difficult ディフィカォッ
to do it ドゥエッ
just need to do ジャs・ニー・タドゥー

※just need to do の読み方に含まれる「ジャs」の「s」は、「ス=(su)」の発音から「u」を引いて「s」と発音しましょう。また、difficultは機能語ではありませんが、単語の最後のt の音が「~ッ」と脱落する代表的な単語です。

「~d」⇒「~ッ」
and エン
and I エナイ
hard ハーッ
hard to do ハーッ・タドゥー

※読み方に「~ッ」と表記していない単語は、「~ッ」の発音は声に出さない音です。また、hard は機能語ではありませんが、単語の最後のt の音が「~ッ」と脱落する代表的な単語です。

「at」⇒「アッ」
at アッ
at the アダ
at that time ッ・ターイm

※特に「~ッ」と表記していない単語は、「~ッ」の発音は声に出さない音です。at that time の読み方に含まれる「ターイm」の「m」は、「ム=(mu)」の発音から「u」を引いて「m」と発音しましょう。

for」⇒「ファ」
for me ファミィ
for you ファユゥ
for him ファヘm
for that ファダッ

for him の読み方に含まれる「ファm」の「m」は、「ム=(mu)」の発音から「u」を引いて「m」と発音しましょう。

to」⇒「タ」
to me ミィ
to you ユゥ
to him
to her ーッ
to do it ドゥエッ

to him の読み方に含まれる「タm」の「m」は、「ム=(mu)」の発音から「u」を引いて「m」と発音しましょう。

with」⇒「ウィッ」 
with me ウィッミィ
with you ウィッユゥ
with him ウィディm
with her ウィダー
to be with a ウィダ

with him の読み方に含まれる「ウィディm」の「m」は、「ム=(mu)」の発音から「u」を引いて「m」と発音しましょう。

「about」⇒「バウッ」
talk about  タークバウッ
talk about it  タークバウリッ
think about θィンクバウッ
think about it  θィンクバウリッ

※think about の読み方に含まれる「θィンクバウッ」の「θ」と、think about it の読み方に含まれる「θィンクバウリッ」の「θ」は無声音の方のth音を表します。

英文の中で応用しよう

発音の仕方のパターンが分かれば、単語だけではなく英文中でも、応用できるようになります。次の英文は、日常会話の一例です。さまざまな場面に当てはまるように作成しましたので、自分に起こり得る場面を想像しながら音読してみましょう。発音の仕方に迷ったら下のヒントの表をみて確認し、スラスラ言えるようになったことを実感してください!

I though(t) i(t) was har(d) to do a(t) tha(t) time, bu(t) I don'(t) think it's difficul(t) anymore. I jus(t) nee(d) to do i(t) to be with a person like him.

当時それをやるのは難しいと思ったものですが、もう大変だとは思いません。 彼のような人と一緒にいるためにはやるしかないのですから。

I though(t) θアーッ
i(t) was エッワz
har(d) to do ハーッタドゥー
a(t) tha(t) time ダッターイm
jus(t) ジャs
nee(d) to do i(t) ニータドゥエッ
to be with a ウィダ

今回の練習法で音の数自体が減っていることを実感すると、例えば音読する英文が「100メートル走」のように思っていたものが、実は「70メートル走」位に短くなっていることがわかります。読むときも力まずに楽に読めると思います。

また、英語を聞いたときに「この人は音の省略が多い(少ない)なぁ」と気付くことができるはずです。それは、リスニングの力は知識レベルではありませんが、音レベルで大幅に向上している証です!

英語の発音は追求すればキリがないとも言えますがリスニング力向上の「実際に役立った、最優先すべきで、手っ取り早い」練習としてまずはこちらをやることを強くおすすめします。

横山カズ先生の本
[音声DL付]最強の英語独習メソッド パワー音読入門

[音声DL付]最強の英語独習メソッド パワー音読入門

 
CD付 ビジネス英語パワー音読トレーニング

CD付 ビジネス英語パワー音読トレーニング

 
世界に通じるマナーとコミュニケーション――つながる心,英語は翼 (岩波ジュニア新書)

世界に通じるマナーとコミュニケーション――つながる心,英語は翼 (岩波ジュニア新書)

 
英語に好かれるとっておきの方法――4技能を身につける (岩波ジュニア新書)

英語に好かれるとっておきの方法――4技能を身につける (岩波ジュニア新書)

 

"スピーキング"のための音読総演習 (即戦Navi)

 
英語“瞬発

英語“瞬発"スピーキング

 

横山カズ

文:横山カズ @KAZ_TheNatural

関西外国語大学 外国語学部スペイン語学科卒。同時通訳者(JAL)、翻訳家、武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 実務家教員、英語講師。エスコラピオス学園 海星中・高等学校英語科特別顧問。学びエイド、リクルート・スタディサプリENGLISH講師。英語を日本国内で独学し、航空・IT・医療・環境・機械・国際関係・文学など多分野で同時通訳者として活躍中。JAL(日本航空)グループ、楽天株式会社では英語力向上と社内公用語化に貢献。英語4技能・英語スピーキングのエキスパートとして日本全国で授業と講演を行っている。発音検定EPT100(満点・指導者レベル)ICEE(国際英語コミュニケーション検定)2回優勝、英検1級。著書多数。ジパングマネジメント株式会社・文化人枠所属

編集:増尾美恵子