「納豆」を英語で説明すると?【日本紹介ハンドブック】

「納豆」を英語で説明すると?【日本紹介ハンドブック】

白いご飯のお供である「納豆」ですが、健康効果の高い食品として、世界でも注目されているようです。海外の人に「納豆」について英語で説明することができますか?

改訂版 英語で日本紹介ハンドブック

改訂版 英語で日本紹介ハンドブック

  • 作者:松本 美江
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2014/04/25
  • メディア: 単行本

「納豆」は海外でも“natto” で伝わる?

アルクの本『改訂版 英語で日本紹介ハンドブック』の内容を基に、日本にやって来た外国人が疑問に思うこと、質問したいと思うことを紹介します。

今回取り上げるのは「納豆」。「納豆」は英語で“natto” や “fermented soybeans”と言います。海外ではなじみが薄い食品のため、“natto”と伝えても、ぴんとこない外国人もいるかもしれません。そんなときは、「納豆」について正しく英語で説明する必要があります。

早速、英語でどう説明したらよいかを見てみましょう。

Natto is made of soy beans. They are steamed and put in straw pipes with natto yeast where they ferment and become sticky. People mix natto with soy sauce, chopped green onions and mustard and eat it with hot rice. Foreigners may take a while to get used to its peculiar smell. Miso is another common Japanese food made of soy beans, and natto and miso are said to prevent cancer.

【語注】ferment:発酵する、chop:刻む、peculiar:独特の、prevent:予防する

納豆は大豆から作られます。ゆでた大豆を、納豆菌のいるわら筒の中に入れ、発酵させるとねばねばしてきます。さらに、しょうゆ、刻みネギ、カラシなどを入れて混ぜ、熱いご飯の上に載せて食べます。独特の匂いがあるため、外国人は、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。同様に大豆を発酵させた食品にはみそがあり、納豆とともに、がんの予防になるといわれています。

納豆は独特の匂いや食感があるので、苦手に感じる人も多いです。しかし、がん予防にも効果があると知ると、健康のためにチャレンジしたい人もいるはず。卵やキムチなどの他の食材や調味料を組み合わせることで、おいしさも倍増し、気になる匂いや食感も紛れるかもしれません。

ぜひ、一押しのアレンジ法も教えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの本
改訂版 英語で日本紹介ハンドブック

改訂版 英語で日本紹介ハンドブック

  • 作者:松本 美江
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2014/04/25
  • メディア: 単行本

gotcha!

文:GOTCHA!編集部
英文校正:Margaret Stalker(アルク)

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOU から生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。