facebookinstagramtwitter
動画でイチから学ぶ「Brexit」―Part 3:混迷極まるEU離脱交渉

アルクの英語情報誌『ENGLISH JOURNAL』(イングリッシュジャーナル)の連載「EJ Lecture」は、内容と連動する動画を毎月ご紹介しています。今回のテーマは「イギリス大混迷 未知なる Brexit」です。

テリーザ・メイ首相を辞任に追い込んだ「Brexit(イギリスのEU離脱)問題」。7月24日、その後任として与党・保守党の党首選に勝利したボリス・ジョンソン氏が新首相に就任しました。「イギリスのトランプ」とも称されるジョンソン首相は、「期限となる10月31日までに必ず離脱する」と公言しており、 今後の 動向が注目されています。

そこで今回は、イギリスのEU離脱の混迷ぶりと、実際に離脱した際に起こり得る 影響 について、イギリス出身のジャーナリスト、ギャヴィン・ブレアさんにさまざまな角度から「英語で」解説してもらいました。英語を学びながら、ただいま大混迷中の Brexit について学びましょう!

!

ギャヴィン・ジャイ・ブレア

1970年、イギリス、ロンドン生まれ。1997年から日本に在住し、『L.A.Times(ロサンゼルス・タイムズ)』など各紙の日本特派員やジャーナリストとして活躍。2014年から日本外国特派員協会の出版委員会会長を務める。専門は日本の政治、経済、映画、文化、スポーツなど。

Brexitのこれまで

EU離脱の混迷ぶりと、離脱した際に起こり得る 影響 について知ろう

動画内に登場する「sticking point ([問題解決の]障害、妨げ)」「protracted(だらだらと長引く)」「 chaotic (混沌とした)」などの語句が聞き取れましたか?これらの語句からも、Brexitで大混乱となっているイギリスの様が伝わってきますね。映像があると、英語でどんな内容を話しているか視覚的にわかりやすく、初級者の方にもおすすめです。レクチャー動画を実際に見ながら、「Brexit」についてイチから学んでみましょう。

この動画のスクリプトと和訳はENGLISH JOURNAL9月号で!

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年9月号
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/08/06
  • メディア: 雑誌
  •  
 

次号10月号からのレクチャーは・・・「ジェンダー」について

10月号から始まる3号連続レクチャー、テーマは「ジェンダー」です。

昨今、「#MeToo」「LGBTQ」にまつわるニュースを耳にすることが増えたのではないでしょうか。そこで社会学者のソンヤ・デール先生が、「gender/sexとは何か?」「ジェンダーは私たちの生活にどう 影響する のか?」など、ジェンダーの基本をレクチャーしてくれます。どうぞお楽しみに!

英語でのレクチャーが充実! EJオリジナル動画はこちら

ENGLISH JOURNAL 4・5・6月号の Lecture は、経営コンサルタントのロッシェル・カップさんに「英語での働き方」について教えてもらいました。ビジネスパーソン必見の動画となっていますので、ぜひこちらも併せてお楽しみください。

www.alc.co.jp

写真:田村 充
構成・文:須藤瑠美(ENGLISH JOURNAL編集部)

トップ画像: DANIEL DIAZPixabay

RELATED ARTICLES関連記事

イギリスやアメリカで人気のペットの名前って??在日外国人3人の動物対談【音声付き】
大切な存在を失った時、「悲しい」を伝えるsadよりもぴったりな英語表現って?【EJ特派員学習レポート】
2022年大注目のラッパー、イートのセカンドアルバム『2 Alivë』
知らないと「イタイ人」になっちゃうかも!?世界と日本の動物法の違いや英語の動物関連用語を紹介!
J.D.サリンジャーの出版エージェンシーで働く新人アシスタントの知られざる実話を描いた映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』
【杉本 彩さんインタビュー】「アニマルウェルフェア」は全ての人に関わる問題です

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る