TOEICの勉強時間はどのくらい必要?点数別にかかる時間を一覧化!

TOEICはどのくらい勉強時間が必要なの?」と疑問に思っている方は多いでしょう。実際、TOEICの勉強時間は人によって異なります。
そこで本記事では、現在の点数から目標スコア到達までの勉強時間を一覧化して紹介しています。TOEIC受験者の勉強時間のデータや、効率的に学習する方法なども解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

本記事を読めばTOEICの勉強時間の目安がわかり、学習計画を立てる手助けになるでしょう。

TOEICの勉強時間を短縮して、目標スコア達成まで最短ルートで学習したい方は「Santa アルク」を検討してみてください。

AIによる精度95%のスコア診断や苦手分野の分析、目標までの最適ルート提案機能などが搭載されているため、効率的な学習が可能です。

スマホアプリであるため、スキマ時間を有効活用できる点もメリットです。

「Santa アルク」なら学習効率を最大化し、最短での目標達成を目指せます。

TOEICは目標スコアまで何時間必要?勉強時間の目安一覧

TOEICの目標スコアまでの勉強時間は、学習者のレベルによって異なります。

オックスフォード大学出版の資料によると、現在のスコアから目標スコアまでにかかる勉強時間の平均は以下のとおりです。

※表内数字の単位は時間(h)

参考:A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success

本章では上記の表を参考に、初心者・中級者・上級者に分けて勉強時間の目安を解説します。

  • 初心者:400点から600点
  • 中級者:600点から800点
  • 上級者:700点から900点

自分のレベルに近い項目を確認して、参考にしてみてください。

TOEICのレベルチェックを行う方法については、以下の記事で解説しています。自分のレベルがまだわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

初心者:400点から600点

初心者をTOEIC400点から600点と定義して、勉強時間を算出します。

表で400点に近いのは450点、600点に近いのは650点です。

したがって、400点から600点までにかかる勉強時間は、450時間程度だとわかります。

初心者の方が学習計画を立てる際は、試験日までの日数と合計勉強時間から、1日の勉強時間を計算するとよいでしょう。たとえば、以下の例を考えてみましょう。

  • 現在のスコア350点
  • 目標スコア450点
  • 試験日まで残り170日

現在スコアから目標スコアまでの所要時間は、上記表より225時間程度です。

試験日まで170日であることから、255時間÷170日=1.5時間/日と計算でき、1日1時間30分の勉強時間が必要だと判断できます。

上記ののように、1日に必要な勉強時間を求めてみてください。

TOEIC初心者の方がまずやるべきことについて、以下の記事で詳しく解説しています。

中級者:600点から800点

中級者をTOEIC600点から800点と定義して、勉強時間を算出します。

表で600点に近いのは650点、800点に近いのは850点です。

したがって、600点から800点までにかかる勉強時間は、500時間程度だとわかります。

400点から600点と上がり幅は一緒ですが、かかる時間は50時間も上昇しています。高得点になるほど点数を上げにくくなるのです。

上級者:700点から900点

中級者をTOEIC700点から900点と定義して、勉強時間を算出します。

表で700点に近いのは750点、900点に近いのは950点です。

したがって、700点から900点までにかかる勉強時間は、600時間程度だとわかります。

初心者と中級者と同じ200点アップでも、勉強時間が多くなっています。

ハイレベルを目指すほど勉強が必要になると理解して、学習計画を立てましょう。

TOEIC点数別の勉強時間

TOEIC公式が発表している英語活用実態調査2019を参考に、点数別の勉強時間を解説します。

  • 全体平均は週3時間42分学習している
  • 800点や900点の人は勉強時間がとくに長い

全体のデータから点数別の傾向を確認しましょう。

全体平均は週3時間42分学習している

TOEICを受けた全受験者の勉強時間を調査した結果、平均は週3時間42分でした。

毎日勉強していると仮定すると、1日の勉強時間は約30分の計算です。

1日30分は、忙しい方でも通勤・通学時間や待ち時間などを活用すれば、確保しやすい時間です。まとまった時間を取れない方は、アプリや単語帳などでスキマ時間を有効活用してみましょう。

参考:公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧

800点や900点の人は勉強時間がとくに長い

英語活用実態調査2019によると、800点以上を取得している受験者は、他の点数帯と比べて勉強時間が非常に長いとわかりました。

調査では、800点以上の人の勉強時間は週に6時間4分と、平均である週3時間42分を大幅に上回っています。

600点未満が週2時間40分、600〜800点未満が週2時間42分である結果を見ると、全体平均3時間42分は800点以上の受験者たちが底上げした結果なのです。

参考:英語活用実態調査2019

800点以上を目指す方は、平均勉強時間に惑わされず、スキマ時間や休日を活用して英語学習に取り組む姿勢をもつとよいでしょう。

【TOEICの勉強時間がない人向け】学習スケジュール例

「TOEICの勉強をしたいけど時間がない」と悩んでいる方に向けて、大学生と社会人の立場からスケジュール例を解説します。

  • 大学生は通学中や講義の合間が学習のチャンス
  • 社会人は通勤中が狙い目

忙しくて時間がない方は、ぜひ参考にしてみてください。

大学生は通学中や講義の合間が学習のチャンス

忙しい大学生の方は、以下のようなスケジュールが考えられます。

バイトをしている大学生が、1日1時間学習する計画です。

バイトで疲れて夜に学習できないときは、通学時間や空きコマを有効活用しましょう。スキマ時間も積み重ねれば、多くの勉強時間を確保できます。

自分なりのスケジュールを組んで、目標を達成するための学習を行いましょう。

大学生のTOEIC勉強法に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

社会人は通勤中が狙い目

社会人の学習スケジュール例を、以下に示します。

上記の表は、残業を20時まで行った際のスケジュールです。

もし夜にTOEICの時間を確保しにくい場合は、通勤時間にアプリや単語帳で学習を行うと効率的です。

TOEIC公式が発表している英語活用実態調査でも、800点以上の人はスキマ時間を有効活用しているといったデータがあります。

点数別にどこで学習をしているかを表したグラフ。高得点の人は電車やバスの車内の割合が高く、スキマ時間を有効活用している傾向がある

参考:英語活用実態調査2019

忙しい生活の中で勉強時間を確保できるよう、工しながら学習を行いましょう。

【公式データ】TOEICの勉強時間を効率的に使う方法

勉強時間を効率に学習するために、以下の3点を意識してみてください。

  • スキマ時間を使う
  • 休日に勉強する
  • 退勤後に勉強する

本章で解説する内容は、TOEIC公式が公表している英語活用実態調査のデータにもとづいています。

スキマ時間を使う

TOEICの学習において、スキマ時間の活用が目標達成に大きく貢献します。

忙しい日常生活の中でも、通勤時間や休憩時間、待ち時間などのスキマを見つけて学習すれば、効率的なスコアアップが可能です。

英語活用実態調査2019によれば、800点以上のスコアをもつ人は、その他の点数帯の人と比べてスキマ時間の学習時間が長いと報告されています。

点数別にどこで勉強しているかを表したグラフ

出典:英語活用実態調査2019

スキマ時間の活用は、スマホアプリの活用が効果的です。

アルクのスマホアプリ「Santa アルク」では、AIを活用した精度95%のスコア診断や、最適な学習ルートの提供が可能です。

約600万人のユーザーが利用しており、点数アップの実績が多数あるTOEIC対策アプリであるため、ぜひ利用を検討してみてください。

スキマ時間を有効活用して目標スコアを達成し、就職・転職を有利に進めましょう。

休日に勉強する

英語活用実態調査によると、社会人が学習している時間帯として「休日」がもっとも多い結果になりました。

点数別のどの時間帯にTOEICの勉強をしているのかを表したグラフ

出典:英語活用実態調査2019

休日はまとまった時間を取れるチャンスであるため、学習時間に充てている方が多いのでしょう。

平日の疲れを取るためのリフレッシュも大切ですが、休日の学習は貴重な勉強時間であることも意識しましょう。

退勤後に勉強する

社会人が勉強している時間帯において、休日の次に多かったのが「退勤後」でした。

点数別のどの時間帯にTOEICの勉強をしているのかを表したグラフ

出典:英語活用実態調査2019

平日の中ではもっとも自由に過ごせる時間であるため、勉強時間を確保するチャンスです。

退勤後は仕事の疲れが残っているため学習意欲が湧きにくいですが、将来のキャリアのために一踏ん張りしましょう。

TOEICスコアを効率よく伸ばす勉強法

勉強時間を確保できたら、以下の5ポイントを意識して効的にスコアを伸ばしましょう。

  • 頻出単語を覚える
  • 単語と文法を同時に覚える
  • TOEIC特有のコツを身につける
  • 時間配分に慣れる
  • 苦手分野を克服する

では上記5点について、詳しく解説します。

頻出単語を覚える

TOEICでは、過去の傾向から頻出する単語がわかっています。TOEICの勉強を行う際には、頻出単語を集中して覚えると効率的にスコアアップを狙えます。

頻出単語の学習には、TOEICに特化した単語帳やアプリを選びましょう。TOEICに特化しているため、スコアアップに関わる単語のみ学習できます。

限られた時間で効率的に単語を覚えられるように、頻出単語を集中して覚えましょう。

単語と文法を同時に覚える

単語を学習する際は、一緒に文法も覚えるようにしましょう。

TOEICでは、単語だけ覚えていても使い方を知っていなければ、スコアは伸びにくいためです。

文法力を鍛えるためには、単語を覚える際に例文を確認するようにしてみましょう。例文を見ると、単語がどのように使われるのかを学習できます。

単語帳やアプリによっては、対象単語の熟語も一緒に記載されています。TOEICに特化した単語帳やアプリであれば、TOEICの頻出表現を効率よく覚えられるでしょう。

単語と文法力はリスニング・リーディング両方のスコアに関わるため、重点的に学習しましょう。

効率的な学習を行いたい方には、アプリの活用がおすすめです。アプリによっては、苦手分野の分析や最適な学習ルートの提案が可能です。

そのためアプリを活用すれば、勉強時間を短縮し、効率的な学習を行えるようになります。

まずは単語力・文法力を鍛えて、英語力の基礎を身につけましょう。

TOEIC特有のコツを身につける

TOEIC特有のコツを理解すると、スコアアップが期待できます。

たとえば、以下のようなコツが知られています。

パートコツ
パート1ディレクション※放送中に写真を確認しておく
パート2文頭の疑問詞に注目する
パート3,4ディレクション放送中に設問を確認しておく
パート5,6選択肢から問題の解き方を判断する
パート7最初に設問を確認する

※パート開始前に流れる問題の解説音声

TOEICは単語力や文法力だけではなく、コツの理解も大切です。

本章で紹介したコツ以外も知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

時間配分に慣れる

TOEICでスコアアップをするためには、時間配分を身につける努力も必要です。

時間配分のスキルは、リーディングセクション(パート5・6・7)で重要になります。

リーディングセクションでは、パート5とパート6を素早く解いて、ボリュームのあるパート7に時間を使うことで高得点を狙えます。

時間配分の目安としては、以下の表を確認してください。

パート1問あたりの時間の目安(合計時間)
パート520秒(10分)
パート630秒(8分)
パート760秒(57分)

時間配分は、問題集を何度も解いて身につけましょう。問題集は、TOEIC対策アプリや公式が発行している過去問などがおすすめです。

苦手分野を克服する

苦手分野を把握して学習しておくことも、スコアアップするために重要です。

とくにハイスコアを狙う場合は、少しのミスが命取りになるため、苦手分野の克服には力を入れましょう。

ただし苦手分野の分析を自分で行っても、分析が正しくなかったり、時間がかかったりするため非効率です。

苦手分野の分析はアプリの活用によって、正確かつ素早く行える場合があります。

たとえばアルクが運用する「Santa アルク」では、AIによる苦手分野の分析が可能です。分析を行う手間が省けるため、目標達成までの勉強時間短縮にもつながります。

苦手分野を克服したい方は、アプリの活用を検討してみてください。

目標スコアからTOEICの勉強時間を計算してみよう

TOEICの勉強時間は、人によって異なります。

とくに目標スコアと現在の英語力に大きなギャップがある場合は、膨大な勉強時間が必要です。学習計画を立てる際は、目標スコアを小刻みに設定して、途中で挫折しないための工夫が必要でしょう。

勉強時間は効率的な学習を行うことで短縮できます。本記事で紹介した勉強法を参考にして、目標達成までの時間を短縮できる学習を行いましょう。

勉強時間を確保する場合は、スキマ時間の活用が有効です。通勤や通学時間を使って、単語帳やアプリなどで学習を行いましょう。

スキマ時間の活用にはスマホアプリ「Santa アルク」が有効です。AIによる精度95%のスコア診断や苦手分野の分析、最適な学習計画の立案が可能です。

ユーザー数が600万人を超え、実績も多数ある信頼性の高いアプリであるため、ぜひ活用を検討してみてください。

【Santaアルク】3分でできる英語力診断

AIが弱点・伸びしろ・TOEICスコアを予測

  • Santaアルクを使って学習しているユーザーは世界で400万人以上!
  • 20時間の学習で平均165点のスコアアップ実績
  • AIがユーザーのTOEICスコア・弱点・伸びしろを診断し、個別最適化されたカリキュラムを提供

SERIES連載

2024 07
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る