TOEICの単語を勉強するアプリはどうやって選べばいい?おすすめアプリも紹介

TOEICによく出る単語は10,000語を超えるとされ、点数アップのためには単語学習が必須です。最近では、効率的に単語学習を行うために、アプリの活用を検討する方が多くいます。

しかし、アプリは数が多く「どれを選んでいいかわからない」と悩む方も多いでしょう。

そこで本記事では、TOEICの単語対策ができるアプリの選び方や、アプリを使うメリットなどを解説しています。本記事を読めば、自分に合ったTOEIC対策アプリを探せるようになるでしょう。

Santaアルクのアプリでは、TOEICに特化した英単語を収録しています。AIがあなたのレベルにあった英単語を出題してくれるので、効率よく語彙力を増やせます。音声や単語を使った例文も確認できるので、リスニング・リーディングを網羅した学習が可能です。

TOEICの単語対策で使うアプリの選び方

自分に合ったTOEIC対策アプリを選ぶポイントは、以下の5つです。

  • TOEIC対策に特化しているか
  • 使いやすいか
  • 個人に合ったレベルの問題を提供できるか
  • 実際にユーザーの点数が上がっているか
  • 質問できるか

上記の選び方を参考にして、アプリで効率的な学習を行いましょう。

TOEIC対策に特化しているか

TOEICに特化したアプリは、TOEICに出題される単語を厳選しているため、学習効率が上がります。

一般的な単語アプリや英会話・英検に特化したアプリでも、英語力は上がりますが、TOEICのスコアに結びつきにくいです。

TOEICに出る単語が厳選されたアプリを選んで、最短でのスコアアップを目指しましょう。

使いやすいか

アプリの使いやすさも選ぶ際の基準にしてみましょう。日常的に学習するアプリが使いにくいと、学習の継続力に影響するためです。

使いやすさは、操作性や画面の視認性、進捗状況の管理方法などを確認してみてください。また、画面全体の色が明るいと目の疲労が溜まりやすいため、落ち着いたブルーやシックなモノクロなどのデザインがおすすめです。

ストレスなく使えるアプリを探して、日々の学習に取り組めるようにしましょう。

個人に合ったレベルの問題を提供できるか

自分のレベルにあった問題が出題されるアプリを選んで、目標スコアまでの学習を効率化させましょう。

目標スコアや自分のレベルよりも難易度が高い、もしくは低いアプリを選んでしまうと、効率が悪くなってしまう場合があります。たとえば、990点(満点)を狙う人用のアプリでは、満点を取るためのマイナーな単語まで出題されます。このアプリを600点を目標とする人が利用しても、学習の効率が悪いです。

自分に合ったレベルを基準に、アプリがどの層をターゲットにしているのか確認してみましょう。

自分のTOEICスコアのレベルを把握したい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

実際にユーザーの点数が上がっているか

アプリをダウンロードする前に、使用した人の実績を確認してみましょう。

アプリの公式サイトや、ダウンロードができる場所(AppStoreやGoogle Playなど)では、レビューや実績が紹介されています。そこで実際に点数を伸ばした人がいたり、コンテンツの内容を高評価している人がいたりすれば、アプリの信頼性が高まります。

また、自分と同じレベルの人の意見は特に参考になるため、レビューを確認する際は積極的に探してみましょう。

生の声は客観的にアプリを評価できる指標ですので、自分に合ったアプリを短時間で見つけるための参考にしてみてください。

質問できるか

英語に関する質問ができるかどうかも重要なポイントです。

アプリでは基本的にひとりで学習しますが、解答を見てもわからない時は、アプリ以外で調べる必要があります。そこで、質問ができるサービスを提供しているアプリを活用すれば、検索する手間を省けるため、学習効率がアップします。

アプリだけでは解決しなかった問題も理解できるため、質問サービスが利用できるアプリを選んでみてください。

TOEICの単語対策アプリは無料でもいい?有料との違いを解説

TOEICのアプリを選ぶ際、無料か有料かで悩む方は多いでしょう。結論としては、まずは無料で試してみて、継続して使い続けたいと思ったら有料に切り替えるといった方法がおすすめです。

アプリによっては、無料でも十分学習を進められます。しかし、無料のアプリは「広告が多く気が散る」、「利用できる機能が制限されている」といったケースが多いです。効率的なスコアアップを目指すのであれば、広告がなく、使える機能が豊富である有料のアプリを選んだ方が、学習時間の短縮が期待できます。

いきなり有料にするのはハードルが高いという人は、まずは無料版を試してみて、気に入ったら有料版に切り替える方法がおすすめです。無料版でも一定期間は有料版と同じ機能を使えるアプリもあるのでチェックしてみてください。

TOEICの単語対策をアプリで行うメリット

TOEICの単語対策でアプリを使うメリットは、以下の4点です。

  • スマホを使ってスキマ時間に学習できる
  • リスニングも同時に鍛えられる
  • 苦手分野を重点的に学習できる
  • 進捗管理がしやすい

アプリのメリットを生かして、効率に学習を進めましょう。

スマホを使ってスキマ時間に学習できる

アプリは基本的にスマホで使用するため、通学・通勤中や、休憩などのスキマ時間を有効活用できるメリットがあります。

スキマ時間を活用できるため、勉強や課題で忙しい学生や、仕事で忙しい会社員の方などにとって、アプリは優秀な学習ツールです。

紙媒体の単語帳では、持ち運ぶと荷物になります。さらに、勉強している姿を見られたくない人にとっては、職場や学校で使いにくいでしょう。しかし、アプリを活用すれば本の持ち運びが必要なく、周りに勉強していることはわかりません。

スマホで勉強できるメリットを活用したい方は、アプリでの学習を検討してみてください。

アプリを使って総合的にTOEIC対策をしたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

リスニングも同時に鍛えられる

アプリでは、スマホで単語の発音や例文の音声を確認できるため、実践的な学習が可能です。

スマホへ音声をダウンロードできる単語帳はありますが、QRコードの読み取りや専用サイトへのアクセスなどで手間がかかります。一方、アプリはコンテンツとして最初から音声が入っているため、簡単に音声学習が実施できます。

アプリを活用すれば、単語を覚えつつリスニング能力も鍛えられるため、効率よく学習できるのです。

苦手分野を重点的に学習できる

苦手分野を重点的に出題してくれるアプリを選べば、効的に学習を進められます。

たとえばパート5の穴埋め問題で、形容詞の部分の間違いが多かったとすると、形容詞の穴埋めに特化した問題を作成してくれるアプリもあります。ユーザーの学習データを分析できるのは、単語帳にはない、アプリならではの強みです。

アプリを使えば、自分では気がつかなかった苦手分野も見つかる可能性があります。苦手分野を集中的に学習できるので、効率よくスコアアップが可能です。

パート5の勉強法や解き方のコツについては、以下の記事で詳しく解説しています。

進捗管理がしやすい

アプリでは学習の進捗状況を確認できるため、モチベーションの維持につながります。

アプリによっては、目標スコアまでの学習カリキュラムを立ててくれて、学習を進めると視覚的に自分のレベルが上がっていく感覚を味わえます。また、試験日から逆算して勉強量を調整しやすくなるため、計画的な学習にも効果的です。

アプリを活用して、学習の進捗状況を視覚的に管理してみましょう。

TOEICの単語対策をアプリで行うデメリット

TOEICの単語対策でアプリを使うデメリットは、以下の2点です。

  • 通知が気になって学習に集中できない場合がある
  • 無料の場合は学習できる範囲が限られる

デメリットは回避できる場合があるため、事前に把握しておきましょう。

通知が気になって学習に集中できない場合がある

スマホでアプリを使う場合、通知があると、ついSNSやメールが気になってしまい、いつの間にか学習をストップしてしまう場合があります。SNSやメールを開かなくても、通知があっただけで集中力は途切れてしまいます。

通知を気にせず集中したい方は、学習中はスマホの通知をオフにしておきましょう。機種によっては、タップひとつで「集中モード」にできる機能が搭載されているため、活用してみてください。

効率的な学習のために、工してアプリを活用してみましょう。

無料の場合は学習できる範囲が限られる

有料版が用意されているアプリの場合、無料版で学習できる範囲が限られたり、使用できる機能が制限されたりします。

すべての学習範囲をカバーできないため、無料版のアプリだけでは学習が不十分になりがちです。また、機能が制限される場合もあり、アプリの使いやすさも変わります。

いきなり有料にするのが難しい方は、まずは一定期間だけ有料版の問題や機能を体験できるアプリがおすすめです。まずは無料で試してみて、自分に合っているアプリだと判断できれば有料にしてみてください。

TOEICの単語を勉強するのはアプリと単語帳どっちがいい?

TOEICの単語を勉強する方法としては、主にアプリと単語帳があります。単語学習を効率的に行いたいならアプリで、スマホを使うと集中できない方は単語帳がおすすめです。以下に、それぞれのメリット・デメリットを示します。

学習方法メリットデメリット
アプリ・スキマ時間に学習できる
・リスニングも同時に鍛えられる
・苦手分野を重点的に学習できる
・進捗管理がしやすい
・通知が気になる
・無料の場合は学習できる範囲が限られる
単語帳(紙媒体)・集中しやすい
・メモを書き込める
・持ち運ぶと荷物になる
・見たいページをすぐ開ける
単語帳(デジタル)・スマホやタブレットで学習できる
・スキマ時間に学習できる
・通知が気になる
・ページの移動がしにくい
・メモをしにくい

アプリのデメリットは、通知をオフにしたり、有料版を利用したりすれば解消できます。ただ、どうしてもスマホで集中できない方は、紙媒体の単語帳を選ぶとよいでしょう。

紙の単語帳でTOEIC対策をしたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

TOEICの単語対策アプリでおすすめの『Santaアルク』を紹介

本章では、TOEICの単語対策でおすすめアプリ『Santa アルク』を紹介します。Santa アルクの特徴は、以下の5つです。

  • TOEICに特化した単語の問題を提供できる
  • AIが最短の学習ルートをおすすめしてくれる
  • 「Santa Tutor」で英語に関する質問ができる
  • 無料でも学習できる
  • 点数アップの実績が多数ある

それぞれの特徴を確認して、利用を検討してみてください。

TOEICに特化した単語の問題を提供できる

Santa アルクはTOEICに特化したアプリであるため、効率的に単語学習を行えます。

また、Santa アルクの運営元であるアルクは、TOEIC対策本でベストセラーである「キクタン」を出版している会社です。そのため、アプリにはアルクが出版した書籍の内容が組み込まれていたり、定期的に追加されたりします。アプリひとつでベストセラー対策本の内容も学べるため、お得に学習できます。

また、単語や例文をもとにAIで生成した画像が挿入され、音声だけでなく視覚的にも単語を覚えられる機能が搭載されている点も特徴です。文字だけではなく画像からも学べるため、単語が記憶に定着しやすくなる心強いアプリです。

AIが最短の学習ルートをおすすめしてくれる

Santa アルクの強みは、AIサポートが優れている点です。Santa アルクでは、簡単なテストから95%の精度でAIがスコア診断を行い、最適な学習カリキュラムを提供してくれます。

近年AIを使ったさまざまなタスクの効率化が話題になっている中、英語学習も例外ではありません。AIを活用することで、他の学習方法よりも効率的な学習ができるようになるでしょう。

Santa アルクのAI開発には、世界的なAI企業であるRiiid社が協力しています。信頼性の高いAI診断で、より効率的な学習をしたい方は、ぜひSanta アルクの活用を検討してみてください。

「Santa Tutor」で英語に関する質問ができる

Santa アルクでは、アプリでも英語の質問ができる『Santa Tutor』というサービスを提供しています。問題の解説を見ても理解できない場合、Santa Tutorに質問できるため、疑問点を解消しやすいです。

Santa Tutorには、今話題の ChatGPT(AI)の根幹技術であるGPTが利用されており、高速・高精度の回答が返ってくるため、スムーズに学習を行えます。

わからない箇所を質問しながら学習したい方には、特におすすめの機能です。

無料でも学習できる

Santa アルクは無料でも利用可能であるため、まずは無料版を試してみて、継続したいと思ったら有料版への切り替えが可能です。

無料版の場合、部分的に挑戦できない問題があったり、AIの機能を使えなかったりします。AIで苦手分野を解析して個人専用の問題を提供してもらいたい方や、アプリに用意されているすべての問題を無制限に取り組みたい方は、有料版がおすすめです。無料版でも最初の1日は有料版の機能を使用できるため、ぜひ活用してみてください。

Santa アルクには、4,980円で1ヶ月間使える短期間のプランもあります(2023年12月現在)。短期的に集中して勉強する場合は1ヶ月だけ有料にする方法も使えるため、検討してみてください。

点数アップの実績が多数ある

Santa アルクは点数アップしたという利用者の声が多く、信頼性が高いアプリです。

以下、公サイトやアプリストアの声を引用します。

「忙しい人には課金の価値あり」 - AppStore
「TOEICスコアを120点UPした体験談。継続しようという仕掛けが多い」- 公式サイト1
「コスパが非常に良いアプリ」- 公式サイト2

500点台から700点台や、800点台から900点台に到達した方など、多様なレベルの利用者に効果が認められています。また、中には働きながら育児をしつつ、アプリでスコアアップした方もいるため、Santa アルクの学習効率の良さがわかります。

点数アップの実績が多数あるSanta アルクの利用を、ぜひ検討してみてください。

TOEICの単語対策には『Santaアルク』を使ってみよう

TOEICの単語対策でアプリを利用すると、スキマ時間を有効活用できたり、苦手分野を重点的に対策できたりするため、単語帳よりも効率的に学習できます。

『Santa アルク』は、AIの能力を最大限に活かしたアプリで、95%精度のAIスコア予想や苦手分野の分析、質問の回答などで効率的に英語学習を行えます。

アプリの利用を検討している方は、AIのを活用して、より効率的なTOEIC対策が可能なSanta アルクをぜひ利用してみてください。

【Santaアルク】3分でできる英語力診断

AIが弱点・伸びしろ・TOEICスコアを予測

  • Santaアルクを使って学習しているユーザーは世界で400万人以上!
  • 20時間の学習で平均165点のスコアアップ実績
  • AIがユーザーのTOEICスコア・弱点・伸びしろを診断し、個別最適化されたカリキュラムを提供

SERIES連載

2024 07
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る