facebookinstagramtwitter
絶景プロデューサーが厳選!「世界の絶景」を英語で楽しもう

「絶景プロデューサー」として幅広く活躍されている詩歩さんに、特におすすめしたい世界の絶景を教えていただきました。自然、街並み、ホテル、夜といったさまざまなシーンでの絶景を、ぜひ目で見て楽しんでください。そして「ここに行きたい!」と思う場所を見つけたら、 安心 して海外旅行ができるようになるまで英語のスキルアップに励みましょう。

Nature 自然">Scene 1  Nature 自然

「絶景」という言葉からイメージするものでいちばんに思い浮かぶのは、自然ではないでしょうか。海、山、川、砂漠――世界は大自然であふれています。写真では伝え切れないほどの自然の雄大さを感じてください。

ザ・ダーク・ヘッジズ/北アイルランド

The Dark Hedges / Northern Ireland

18 世紀頃に来訪者を驚かせるために作られた、ブナが覆い被さった並木道。近年は嵐による倒木で本数が減ってしまったそうですが、それでもこの異世界感!イギリス留学中の週末に訪れたのですが、グループツアーだったので5分ほどしか滞在できなかったのが心残り。次はじっくり写真撮影をしたいです。

This is an avenue with a canopy of overhanging beech trees, which was created in the 8th century to impress visitors. In recent years, storms have caused many of the trees to be  blown down; therefore , there aren’t as many trees left as before. Still , look at this otherworldly atmosphere! I visited this place on a weekend trip while studying in Britain. Since I was on a group tour, it only allowed me to stay there for  five minutes, which was a real regret. Next time I visit, I will absolutely spend some time there taking pictures.

トゥズ湖 /トルコ

Lake Tuz / Turkey

カッパドキアを訪れるついでにタクシーで立ち寄ったトゥズ湖。当時はまったく情報がなく、ボリビアのウユニ塩湖のような湖がトルコにあるらしいということしかわかりませんでした。タクシーで3時間ほどかかって到着すると、驚くことにウユニ塩湖とは程遠いピンク色! 塩湖にプランクトンが 大量発生したことで、この色になるそうです。思いどおりの景色ではありませんでしたが、想定外なことがあるのも旅の醍醐味。じっくり「ピンクレイク」の光景を堪能しました。

This is Lake Tuz. When I visited Cappadocia, I went a little farther by taxi to see the lake. Back then , I had very little information about it. The only thing I knew was that the lake was supposed to be like Bolivia’s Uyuni Salt Flats, but in Turkey.When I finally reached there after three hours in the taxi, the pink lake took me by surprise. It was far different from Uyuni Salt Flats. They say that the water is pink because of plankton growth in the salt lake. It wasn’t a scene that I’d expected , but coming across something unexpected was one of the real thrills of the trip. I totally enjoyed the “pink lake” view .

Scene 2 Town 街

予定を詰め込んで充実した旅もいいですが、旅先でぶらぶらとゆっくり街歩きをするのも楽しいですよね。世界の街角であなただけの「絶景」を見つけて、旅の思い出の写真に収めてはいかがでしょうか?街で出会った現地の人とのコミュニケーションも楽しんでください。

アンブレラスカイプロジェクト/ポルトガル

Umbrella Sky Project / Portugal

毎年7~9月の夏に開催される芸術祭「アゲダグエダ」。その作品の一つとして、真夏の暑い日差しをアートの力で解決すべく商店街の空に出現するのが、カラフルな傘の屋根!まるで絵本のように鮮やかな世界で、通りごとに違う色の傘が掲げられているのでお散歩するのがとっても楽しかったです。小さい町なので1、2時間で見終わりますが、私はゆっくり写真撮影をしたかったので1泊して過ごしました。

“AgitAgueda” is an art festival held every summer from July to September. One of the attractions is the floating colorful umbrellas in the shopping arcade . Using the power of art, this “umbrella sky” gives shade and protects us from the midsummer sunshine.It is just like a vibrant illustration from a picture book. Every street is adorned with different colored umbrellas hanging from above , so I had great fun taking a walk. As it’s a small town, one or two hours there will be enough for you to enjoy the whole town, but I stayed overnight because I needed plenty of time to take pictures.

Scene 3 Hotel ホテル

一日中歩き回って疲れた体を癒やしてくれるホテルは、旅行の楽しみの一つでしょう。世界には、「砂漠の真ん中に突如現れるオアシスのようなホテル」「キリンと一緒に食事ができるホテル」など、一度は泊まってみたい珍しいホテルがあります。ホテルにもこだわって、旅行先を選んでみてはいかがでしょうか?

ロイサバホテル スターベッド/ケニア

Loisaba Star Beds / Kenya

ずっと泊まってみたかった憧れの「ロイサバホテル」。首都ナイロビから軽飛行機で1時間移動したサバンナの真ん中にポツンと存在しています。信じられないかもしれませんが、「スターベッド」という部屋は、なんとこの写真が部屋のすべて! 壁がなければ屋根もないという驚きの空間なんです。昼はベッドでくつろぎながら野生動物が見られて、夜はベッドから星空鑑賞も。宿泊費は私にとってお手頃とは言えない金額でしたが、思い切って奮発したかいがありました!

This is the Loisaba Hotel — the hotel I’d always dreamed of staying at. It’s an hour’s light plane ride from the capital, Nairobi. It’s located in the Kenyan savanna. You’re not going to believe the room called the “Star Bed.” What you see in this picture is all of the Star Bed! It’s a wall- less , roof- less , amazing space. During the day you can enjoy watching wild animals roaming from your bed, and at night you can enjoy gazing at all the beautiful stars above you. The hotel charge wasn’t really affordable for me, but I was glad I made the big decision to splurge!

Scene 4 Night 夜

旅先では時間がもったいなくて、つい夜ふかしして目いっぱい楽しむ人も多いでしょう。昼とは違った雰囲気に包まれた異国の街で過ごす夜は、なんだかワクワクしてきます。ロマンチックなオーロラや夜景、イルミネーション・・・その日しか見られない絶景を、ぜひ大切な人と楽しんでください。

ワット・プラタート・ハリプンチャイ/タイ

Wat Phra That Haripunchai / Thailand

タイの「コムローイ」というスカイランタンを見るために訪れたチェンマイでしたが、それ以外にもタイ北部には見どころがいっぱい!インスタグラムで発見して訪れたこの寺院は、かつてハリプンチャイ王国の王がブッダの髪を納めるために建立したという由緒ある寺院。ちょうど私がチェンマイに訪れたのがロイクラトンという祭礼時期だったので、寺院の広場にはたくさんのカラフルなランタンが! 夕暮れの空にとても映えていました。

I visited Chiang Mai to see the floating lanterns called “khom loi” in Thailand, but I found there were many more places to see in northern Thailand! I came across this Buddhist temple in an Instagram post and decided to visit there. It’s a temple with a long history and is said to have been built for the king of Haripunchai to offer Buddha’s hair.When I visited Chiang Mai, they were celebrating Loi Krathong, so there were thousands of colorful lanterns in the courtyard of the temple! They looked spectacular in the twilight .

※ 本記事は『ENGLISH JOURNAL』2020年10月号に掲載した記事を再構成したものです。

『ENGLISH JOURNAL』2020年10月号の特集は「おうちで絶景英語ツアー」

世界のきれいな景色を見たい――皆さんが海外旅行に行くときの大きな目的の一つではないでしょうか。本特集では、絶景プロデューサーの詩歩さんと一緒に旅する気分で、旅行にまつわる英会話フレーズを学んでいきます。

詩歩(しほ) 「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー。静岡県出身。世界中の絶景を紹介するFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を運営し、70万以上の「いいね!」を獲得し話題に。書籍は累計63万部を突破。現在は、旅行商品のプロデュースや企業とのタイアップ、自治体などの地域振興のアドバイスなどを行っている。浜松市観光大使。 Twitter: https://twitter.com/shiho_zekkei Instagram: https://www.instagram.com/shih0107/ YouTube: https://www.youtube.com/user/zekkeichannnel

日本語執筆・写真:詩歩/英語執筆:石原真弓

RELATED ARTICLES関連記事

イギリスやアメリカで人気のペットの名前って??在日外国人3人の動物対談【音声付き】
イギリス人にも難しい?!複雑すぎる「イギリス英語」の階級【ブックレビュー】
知らないと「イタイ人」になっちゃうかも!?世界と日本の動物法の違いや英語の動物関連用語を紹介!
『ブリティッシュ・ベイクオフ』に学ぶ英語表現!「運任せ」って英語でなんて言う?
【杉本 彩さんインタビュー】「アニマルウェルフェア」は全ての人に関わる問題です
愛を告白する感動のセリフは?人気ドラマ『Gossip Girl』から恋愛英語フレーズを紹介!

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る