「うるう年」を英語で言うと?「February」の発音、正しくできる?2月の由来や関連フレーズを知ろう【Small Talk】

4年に一度、1カ月の日数が1日増える・・・それが「うるう年」の2月。2024年、2月は29日まであります。ネイティブスタッフによる英語エッセイ、今回はうるう年の仕組みや「February」の発音など、2月にまつわる情報たっぷりでお届けします!

Thoughts on February(2月について思うこと)

Short But Strange

Isn’t February the wackiest month of the year? For one thing, a lot of us have trouble even pronouncing it. Is that first “r” silent or not? In the United States, the most common pronunciation is likely “FEB-yoo-air-ee” – or even “FEB-yoo-wary,” but some dictionaries cite “FEB-roo-air-ee” as the more traditional standard. To add to the confusion, in certain British accents, that first “r” is there but the syllables are shortened to three, making it FEB-ruhr-ree. Argh! The good news is that no matter how you pronounce it, listeners are sure to understand you.

Another weird thing is how an additional day is added to the month every four years. Years in which this happens – including this year – are called leap years. In such a year, a given date advances by not one but two days of the week, “leapingover the usual day. For example, March 1 was a Wednesday last year, but it’s a Friday this year. So, why do we have leap years? It’s because our planet takes approximately 365.25 days to complete its orbit around the sun. Having an extra day every four years keeps our calendar synchronized with the astronomical year. This extra day ended up being added to the end of February because it is the shortest month of the year.

Those born on February 29 are known as “leap day babies” or “leaplings.” They can only celebrate their true birthdays every four years! If someone tells you that they are 12 but they look 48, you know why! You may go through your life without meeting anyone like that, though – there is only a 1 in 1,461 chance of being born that day.

短いけれど奇妙

2月は本当に奇妙な月ではありませんか?まず、多くの人が発音に苦労します。最初の「r」は発音しないのか、それともするのか?アメリカでは、最も一般的な発音はおそらく「FEB-yoo-air-ee」、あるいは「FEB-yoo-wary」ですが、一部の辞書は「FEB-roo-air-ee」をより伝統的な標準として挙げています。その混乱に輪をかけるのが、特定のイギリス英語のアクセントでは、最初の「r」はあるものの、音節が3つに短縮されて「FEB-ruhr-ree」となるというもの。アーッ!良い知らせは、あなたがどのように発音しても、利き手は必ず理解してくれるということです。

もう一つ奇妙なことは、2月には4年ごとに1日加わることです。これが起きる年は――今年を含めて――うるう年と呼ばれます。このような年には、特定の日の曜日が1日ではなく2日進み、通常の曜日を“飛び越える”のです。例えば、昨年の3月1日は水曜日でしたが、今年は金曜日です(*編集部注:下図ご参照ください)。それでは、なぜうるう年があるのでしょうか?それは、地球が太陽の周りを一周するのに約365.25日かかるからです。4年ごとに1日追加することで、暦を太陽年と合わせます。1年の中で2月が最も短い月であるため、2月末にこの1日が追加されることになりました。

2月29日に生まれた人は、「leap day babies」または「leapling」として知られています。彼らは本当の誕生日を4年に1度しか祝うことができません!彼らが「12歳です」と言っても48歳に見えるのはそのせいですね!しかし、そのような人に出会わずに人生を送ることになるかもしれません――その日に生まれる確率は1461分の1しかないのです。

A Glove Penalty?

There are many superstitions and traditions associated with leap years. Some believe the added day makes for an extra great year while others think it makes for an extra bad year. In some countries, getting married during a leap year — especially on leap day — is said to end in divorce. I wonder if there is any statistical evidence of this!

But there is another tradition that seems to go against that fear of a leap-year marriage. While customarily men have been the ones to ask women for their hand in marriage, women are free to propose to men on February 29. This tradition is said to have begun in the fifth century, when an Irish nun complained to St. Patrick that women had to wait too long for men to propose. St. Patrick is said to have then decreed the women could propose on this one day that happens every four years.

So what used to happen if a man said no? Fines and penalties! In Denmark, a man would have to give a spurned woman 12 pairs of gloves, perhaps because wearing them helped to hide her embarrassment of not having a ring. In Scotland, the penalty was not only gloves but a kiss, a new silk dress or even a great amount of money. In Finland, a rejected woman was given material for a new skirt. Of course, these days a woman is free to propose to a man any day she likes!

手袋の罰?

うるう年に関連した迷信や伝統は数多くあります。1日が追加されることで格段に素晴らしい1年になると信じる人もいれば、格段に悪い年になると考える人もいます。一部の国では、うるう年に結婚すること――特にうるう日の結婚は――離婚に終わるといわれています。統計的な証拠があるのか疑問ですね!

しかし、うるう年の結婚の恐怖に逆らうかのような別の伝統があります。習慣的には男性が女性に結婚の申し込みをするものですが、2月29日には女性が男性へ自由にプロポーズできます。この伝統は5世紀に始まったといわれていて、アイルランドの修道女が聖パトリックに、女性が男性からプロポーズされるまであまりに長く待たされると不満を漏らしたことが始まりとされています。そこで聖パトリックは、4年に1度のこの日に女性がプロポーズできると定めたといわれています。

では、男性が断ったら何が起きていたのでしょうか?罰金と処罰です!デンマークでは、男性はふられた女性に12組の手袋を贈らなければなりませんでした。おそらく、手袋をすることで、指輪がないという恥ずかしさを隠すことができたからでしょう。スコットランドでは、罰は手袋だけでなく、キスか新しいシルクのドレス、またはさらに多額の金銭もありました。フィンランドでは、ふられた女性は新しいスカートの材料を与えられました。もちろん、現在では女性はいつでも好きな日に自由に男性にプロポーズすることができますよ!

Calendar Talk

Like the other months, the name “February“ has its origins in ancient Roman history. The Roman calendar at first had 10 months, and the months of January and February were added later. According to one theory, the name “February“ comes from the Latin word “februum,” which means “purification.” In the old calendar, a purification ritual called Februa was held on February 15. Some historians have also associated the Latin word for fever, “febris,” with purification from the sweating common with fevers.

February boasts a great number of celebrations. An important annual observance is Black History Month, celebrating the achievements and contributions of African Americans to history, culture and society.

On a lighthearted note, Groundhog Day is printed on February 2 on the calendars of Americans and Canadians. According to folklore, if a groundhog (woodchuck) sees its shadow, there will be six more weeks of winter.

Mardi Gras, French for “Fat Tuesday,” falls on February 13 this year. Traditionally celebrated on the Tuesday before Ash Wednesday, a Christian holy day, Mardi Gras has evolved into a week-long festival in many countries around the world. It is a festive celebration featuring colorful parades, costumes and lots of partying.

And, of course, Valentine’s Day is held on February 14. There are so many regional differences in how this day of romance is celebrated.

February is such a fun month! By the time it rolls around, everyone has given up on their New Year’s resolutions and started indulging too much again. If you pronounce it as Fe-BREW-ary, you can consider it a great month for drinking beer! Have a great month!

暦の話

他の月と同様、「February」という名前の起源は古代ローマの歴史にあります。ローマ暦は当初10カ月で、1月と2月は後に追加されました。一説によると、「February」という名前は、ラテン語で「浄化」を意味する「februum」に由来しているといいます。旧暦では、2月15日に「Februa」と呼ばれる清めの儀式が行われていました。一部の歴史学者は、ラテン語で「熱」を意味する「febris」を、発熱時につきものの発汗から浄化と関連付けてもいます。

2月には数多くのお祝い事があります。重要な年間行事の1つが、アフリカ系アメリカ人の歴史、文化、社会への業績と貢献を祝う黒人歴史月間です。

軽い話になりますが、アメリカとカナダのカレンダーには、2月2日に聖燭(せいしょく)節の日が印刷されています。民間伝承によると、ウッドチャックが(冬眠から目覚めて穴から出たときに)自分の影を見ると、冬がさらに6週間続くと言われています。〔*1〕

「マルディ・グラ(告解火曜日)」は、フランス語で「太った火曜日」という意味で、今年は2月13日に当たります。伝統的に、キリスト教の聖日であるアッシュ・ウェンズデー(聖灰水曜日)の前の火曜に祝われます。告解火曜日は、世界中の多くの国において、1週間に及ぶ祭りに発展しました。これは、色とりどりのパレードに衣装、そして多くのパーティーが繰り広げられるお祭りです。

そして、もちろん、バレンタインデーは2月14日に行われます。この恋愛の日がどのようにして祝われるかは、地域ごとに非常に多くの違いがあります。

2月はとても楽しい月です!この月がやって来ると、誰もが新年の抱負を諦めて、そして再び好きなように振る舞い始めます。もしFebruaryを「Fe-BREW-ary」と発音するなら、ビールを飲むのに絶好の月と考えることができますね!素敵な月をお過ごしください!

●〔*1〕アメリカとカナダでは、「2月2日にウッドチャックが冬眠から覚めて穴を出て、地上で自分の影を見ると驚いてさらに6週間の冬ごもりに戻ってしまう。そして春の到来が遅れる」という言い伝えがあります。(参照:ナショナル ジオグラフィック

語注

Short But Strange

語句意味
wacky少し変でおかしい、へんてこな
cite引用する、挙げる、言及する
add to the confusionその混乱に輪をかける
syllable音節
leap yearうるう年
leap over~を飛び越える[飛び越す]
orbit(惑星・人工衛星などの)軌道
synchronize~と同調させる、合わせる
astronomical year太陽年

A Glove Penalty?

語句意味
superstition迷信
customarily通例、習慣的に
ask for someone’s hand in marriage~に結婚を申し込む、~に求婚する
nun尼僧、修道女
St. Patrick聖パトリック
※アイルランドの守護聖人。
 5世紀のアイルランドにキリスト教を広めた。
decree~を定める、~と命じる
fine罰金
spurnはねつける、拒絶する

Calendar Talk

語句意味
purification浄化
ritual儀式、典礼
boast(地域・建物・組織などが)~を持っている
observance 慣例、祝賀、行事
Black History Month黒人歴史月間
On a lighthearted[light] note軽い話をすると
Groundhog Dayグラウンドホッグ・デー、聖燭節の日
folklore民間伝承、言い伝え
groundhog/woodchuck ウッドチャック
※北米産のリス科の動物。
Mardi Grasマルディ・グラ、告解火曜日
※四旬節の始まる直前の日。
 ごちそうを食べ、お祭り騒ぎをする。
Ash Wednesday灰の水曜日、聖灰水曜日
※四旬節の初日。
 信者の額に灰で十字の印が付けられる。
evolve進化する、発展する
indulge(欲望・快楽などに)ふける、気ままに振る舞う
brew(ビールなどを)醸造する

2月に関連するフレーズをご紹介します。

February freeze(2月の凍える寒さ)

This describes a period of extremely cold weather during February. This phrase is often used in regions where February tends to be one of the coldest months of the year.“ A February freeze has left millions without power.”

これは、2月の非常に寒い天候が続く期間を表します。このフレーズは、2月が1年で最も寒い月の1つになる傾向がある地域でよく使われます。例:「2月の凍える寒さで何百万もの世帯が停電に見舞われた」

out in the cold(無視[黙殺]されて、忘れられて)

This describes being excluded or neglected from a group or activity. “When my family gets together for holidays, I sometimes feel left out in the cold.”

これは、グループや活動から排除されたり無視されたりすることを表します。例:「家族が休日に集まると、私は時々忘れらているように感じます」

cold hands, warm heart(一見冷たそうで実は優しい)

This refers to the idea that someone who has cold hands may actually be very kind. You can also use it to describe people you might think are cold but they are really not. “Mr. Smith looks so unemotional, but he gives generously to many charities – it’s a case of cold hands, warm heart.” (By the way, I have never heard anyone say the opposite – warm hands, cold heart.)

これは、手が冷たい人は、実はとても親切な人かもしれないという考えを指します。また、冷たいと思うような人が、実際はそうでないことを表するのにも使用できます。例:「スミス氏はとても無情に見えるが、多くの慈善団体に惜しみなく寄付をしている――冷たそうに見えて実は優しいという例だね」(ちなみに、その逆――見優しそうで実は冷たい、と言っているのは聞いたことがありません)

cold feet(おじけ、逃げ腰)

This means to be nervous or hesitant about an upcoming action. “Just before her wedding, she got cold feet.”

これは、今後の行動に対して緊張したりためらったりすることを意味します。例:「結婚式の直前、彼女はおじけづいた」

hibernation mode(冬眠状態)

This describes the tendency to stay indoors and be less active during the chilly winter months, especially February. “Thanks for the invitation to dinner, but I’m in hibernation mode these days.”

これは、寒い冬の時期、特に2月の間に、家にこもり、あまり活動しなくなる傾向を表します。例:「夕食のお誘いありがとう、でも最近冬眠状態なんだ」

ENGLISH JOURNAL ONLINE
英語コラム執筆:Margaret Stalker

英語を学び、英語で学ぶための語学情報ウェブサイト「ENGLISH JOURNAL」が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。 単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録