「にわかファン」は英語でなんて言う?

ラグビーワールドカップ2023が始まり、多くの新しいファンが増えています。そのときだけ増えるファンのことを「にわかファン」と呼んだりすることがありますが、これを英語で言うとどうなるでしょうか。

ルール?よく分からないけど、熱く盛り上がろう!

ラグビーワールドカップ2023が開幕!

先日、鉄道で某ビールの広告に「にわかファンも、乗りおくれるな。」というキャッチコピーを見て、そういえば4年前、すっかり乗り遅れてワールドカップ終了後に「にわかファン」の記事を出したことを思い出しました。

そんなわけで今回は、ラグビーファンの方、にわかラグビーファンの方のために、「にわかファン」は英語でなんて言う?を、ワールドカップ開幕に合わせてお届けします。

ちなみに「にわか」って何?

「にわか」という言葉は、元々「急に」や「突然」といった意味で使われていました。これが転じて、「知識や経験が浅い」という意味で用いられるようになったそうです。特に大きなイベントやブームがあると、それまで関心がなかった人々が急にファンになることを「にわかファン」と表現するのが一般的です。

「にわかファン」を英語で言うと?

で、「にわかファン」を英語でなんて言うかをアルクのネイティブスタッフに聞いたところ、bandwagon fan、bandwagoner、別の言い方だとfair-weather fanなどの表現があるそうです。

bandwagon fan / bandwagoner

bandwagonはもともと、パレードで音楽隊を乗せて走る車のことですが、口語で「流行」という意味でも使われるようになっています。そこから、「今、流行しているから取りあえず時流に乗ってしまえ!」というファンのことを、bandwagon fanとかbandwagonerと言うようになったそうです。

fair-weather fan

fair-weatherは「好天の」の意味。天気が良いとき、つまり、都合が良いときだけファンになるような人のことを指すときに使います。

「にわかファン」を使った英語例文

では、関連する英文を見ていきましょう。

A lot of people have jumped on the rugby bandwagon, haven’t they?
ラグビーのにわかファンが増えたよね?

jump on the ~ bandwagonで「~のにわかファンになる」のような意味ですね。

There are so many fair-weather fans during the Rugby World Cup ...
ラグビーワールドカップの時期には、にわかファンがたくさんいるなあ・・・。

真のラグビーファンの中には、この現象を面白く思っていない方もいたかもしれません。

No! I’m not a fair-weather fan!
違う!僕はにわかファンじゃない!

I’m a long-time rugby fan.
僕は昔からラグビーファンです。

「にわか」ではない長年のファンならlong-time ~ fanと言うことができます。

さて、面白いものは面白い。にわか組も反論します。

What's wrong with being a bandwagoner?
にわかファンで何が悪い?

しまいには開き直っちゃいます。

It’s good enough just to have fun!
Having fun is the most important thing!
Having fun comes above all else!
楽しければいい!

控えめに「にわか」であることを告白する人も・・・

I’m a bandwagon fan, so I don’t really know how the game is played.
にわかファンだから、実はラグビーのルールをよく知らないんだ。

でも、どんな形であれファンが増えるのはラグビー界にとっていいことです。

Fans are fans!
ファンはファンだ!

There’s no difference between real fans and bandwagoners!
ファンににわかも何もないですよ!

You [might be a fair-weather fan, but I’m just happy to see more people become rugby fans!
「にわか」でもラグビーファンが増えるのは純粋にうれしい。

そうです、そうです。今、にわかファンでも、これからずっとファンでいる可能性もありますよね。だって多くの人がこう感じたはずですから。

I didn’t know a rugby game could be as exciting as this!
ラグビーの試合がこんなに面白いとは思わなかった!

細かいことは抜きにして、新旧のファンともに、ラグビーの素晴らしい瞬間や感動を分かち合っていきましょう!

山本高裕
文:山本高裕

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。にわかファンです、すみません。

英文作成:Margaret Stalker

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録