ヒントはmap、needle、wilderness。私は何でしょう?【Mystery Speakers~音声を聞いて当てよう】

月刊『ENGLISH JOURNAL』の人気コーナー「Mystery Speakers」。過去に掲載した問題を聞いてGuess what‘s talking!(何が話しているか当てましょう!)。訳や音声、正解などもこちらからご確認ください。

トークを聞く

音声を聞いてみましょう。

問題を聞く

Q1~3に答えましょう。「何」がしているか分かりますか?

Q1 Where is the speaker?

a) In a forest
b) Attached to a tower
c) Inside a car engine
d) In a river

Q2 What is the speaker’s job?

a) Launching satellites
b) Finding things in water
c) Pointing in one direction
d) Drawing maps

Q3 Who is speaking?

スクリプトを読む

問題のスクリプトを見ながら、音声を聞いてみましょう。

「Where Are You Going?」

Ah, it sure is beautiful in these woods. This is the only way to be, isn't it? Just me hanging around my owner's neck ... the two of us finding our way through the ➊wilderness. We're a ➋dying breed, I tell you. A dying breed.

He likes to think of himself as a bit of a ➌survivalist, and I suppose I do, too. Being able to ➍live out here with only a few basic tools—that's the true test of a person! I mean, who needs cars and televisions? And don't even get me started on cellphones! Those guys think they're so smart. Well, maybe they are, but my kind have been ➎around for a thousand years, and we'll be around for a thousand more!

Sure. Maybe a pile of computer chips can do my job. But they still need ➏cell towers and ➐satellites to work properly. And then, of course, there’s the electricity! Do you see an ➑electrical outlet around here? Nope. No cell towers either!

But me? I work just fine without it. ➒Heck, you could drop me in a river and I'd be fine. I've got a clear, round plastic case with a few ➓markings on it, a bit of liquid ⓫sealed inside and a tiny, ⓬pointy piece of metal floating in there, with one end painted red. That's it. That's me.

Sure, it takes a little time to learn how to use me correctly. Let's face it, that little red needle only ⓭points in one direction, and it's ⓮up to you to figure out where you are. It definitely helps to have a paper map. But I don't need ⓯GPS to tell you what direction you're moving in. And as long as my owner knows where to go, I'll always point him in the right direction.

Speaking of which ... Hey, hey! Hey, ⓰hold it! North is that way!

語注を確認する

➊ wilderness 荒野、未開の地
➋ dying breed 消えつつある種族
➌ survivalist サバイバリスト、生存主義者
➍ live out 生き延びる
➎ around 存在して、出回って
➏ cell tower 携帯電話の基地局
➐ satellite 衛星
➑ electrical outlet 電気のコンセント
➒ heck えい、いいや、かまうもんか
➓ marking 印、マーク
⓫ sealed 密封された
⓬ pointy 先の尖った
⓭ point (方向を)指す ★4行下のpointは他動詞で「(方向を)~に指し示す」の意。
⓮ up to ~ ~次第で
⓯ GPS ★=Global Positioning System。衛星を使って地上の現在地を測定するシステムのこと。
⓰ hold it (そのまま)待つ

訳を確認する

訳を確認し、もう一度音声を聞いてみましょう。

「どこへ行くんだい?」

この森の中は本当にきれいだ。まさにこうあるべきだよね?僕だけご主人の首からぶら下がって・・・2人で未開の地を通り抜ける道を探していく。僕たちは消えゆく種族だ、いいかい。消えゆく種族なんだ。

彼は自分のことをちょっとしたサバイバリストだって思うのが好きだし、僕もそうだと思う。ほんの少しの基本的な道具だけでここで生き延びられるのって―これって、人としての真価が問われるテストじゃないか!というか、車やテレビなんて必要ないよね?それから、僕に携帯電話の話を始めさせないでほしいね!あいつらは自分たちをすごく賢いって思ってるんだろうよ。ああ、確かにそうかもしれないが、僕のタイプは千年も前からあるし、まだこれから千年は生き残るさ!

そうさ。コンピューターチップをたくさん使えば僕の仕事もできるだろう。それでもまだ、正しく機能するには、携帯電話の基地局や衛星が必要なんだ。もちろん、電気もね!この辺りに電気のコンセントなんて見つかるかい?ないよね。基地局だってないんだ!

だけど、僕はどうだい?僕は電気がなくてもちゃんと働けるよ。なに、君が僕を川の中に落としたとしたって僕は平気さ。僕にはいくつか印のついた透明な円形のプラチックケースがあって、中に液体が少し入って密封されているんだ。そこには先の尖った小さな金属片が浮いていて、片方の端が赤く塗られている。それだけ。それが僕さ。

そう、僕の正しい使い方を学ぶにはちょっとだけ時間がかかる。正直に言ってしまうと、その赤い小さな針は1つの方向しか指さないから、自分がどこにいるかを考えるのは君だ。紙の地図があれば絶対に役に立つよ。だけど、僕はGPSがなくても進んでいる方向を教えられる。ご主人が行き先をわかっている限り、僕はいつでも彼に正しい方向を示すんだ。

方向といえば・・・おいおい!おい、ちょっと待て!北はあっちだぞ!

問題・訳と正解

Q1 Where is the speaker?

(話し手はどこにいますか?)

a) In a forest(森の中)→ 正解
b) Attached to a tower (塔に取り付けられている)
c) Inside a car engine(車のエンジンの中)
d) In a river(川の中)

Q2 What is the speaker’s job?

(話し手の仕事は何ですか?)

a) Launching satellites(衛星を打ち上げる)
b) Finding things in water(水中で物を探す)
c) Pointing in one direction(ある方向を指す) → 正解
d) Drawing maps(地図を描く)

Q3. Who is speaking?

(話しているのは、誰でしょう?)

A compass(コンパス)

ENGLISH JOURNAL 編集部
ENGLISH JOURNAL 編集部

テキスト:Owen Shaefer
ナレーション:Brian Peck
訳:片桐恵里

画像:Arek Socha from PixabayJonathan J. CastellonJamie Street from Unsplash

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録