ENGLISH JOURNAL ONLINE

愛を告白する感動のセリフは?人気ドラマ『Gossip Girl』から恋愛英語フレーズを紹介!

恋愛英語

ニューヨークの超高級地区、アッパー・イースト・サイドを舞台に、セレブ高校生の人間模様を描いた『Gossip Girl』。恋人達のロマンチックな愛情表現やストレートな恋愛英語フレーズがたくさん登場するので、国際恋愛に興味があるなら必視の作品です。どんなロマンチックな恋愛シーンや恋愛英語フレーズがあるのか、一緒にみていきましょう。

『Gossip Girl』の概要

今回は、ニューヨーク版『The OC』やティーン版『SEX AND THE CITY』などと評される人気ドラマ『Gossip Girl』のロマンチックな恋愛シーンと恋愛英語フレーズをご紹介します。

『Gossip Girl』は、超高級地区に住む高校生のセレブな日常や恋愛、人間模様を描いた作品です。2007年から約5年の時を経て全6シーズンで完結。放送終了後も、多くの海外ドラマファンから愛され続けています。

『Gossip Girl』のおすすめポイント

海外ドラマと聞くと、「愛情表現がストレート」「恋人にかける言葉がロマンチック」といった印象があるのではないでしょうか。『Gossip Girl』は、そんなイメージ通り「海外らしい」愛情表現がたくさん詰まっている作品です。

『Gossip Girl』では、全6シーズンにわたりたくさんのカップルが誕生しました。ロマンチックで熱い一時的な関係もあれば、一生続く真の愛もあり、カップルごとに違った愛情表現が見られます。

日本ではあまり聞かないような、ストレートかつロマンチックな愛情表現が多いので、「キュンキュンしたい」とか「リアルな恋愛英語フレーズを学びたい」という人は必ず見ておきたい作品です。

また、ロマンチックな愛情表現というと、男性が女性に向けてするものというイメージが強いかもしれません。しかし『Gossip Girl』では、女性も男性に負けないくらいストレートな言葉で愛情を表現しているんです。『Gossip Girl』を見たことがある人もない人も、「こんなこと言われてみたい」「こんな風に愛情表現をしてみたい」というセリフを見つけながら視聴するとかなり楽しめると思います。

『Gossip Girl』の恋愛シーン

ここでは、私が『Gossip Girl』シリーズの中で一番好きなカップル、ブレアとチャックの恋愛シーンを2つご紹介します。1つ目はブレアからチャックに、2つ目はチャックがブレアに愛を伝えるシーンです。

ブレアが勇気を出してチャックに伝えた“I love you”

いつもなかなか素直になれないブレアがチャックに思いを伝えるシーンです。

ブレア:Whatever you’re going through, I wanna be there for you.(「あなたがどんな状態でいようと、あなたの側に居たい」)

といってチャックのもとに駆け寄るブレア。しかし、チャックに「言ったはずだ、おまえは俺の彼女じゃない。」と言われてしまいます・・・。それでも、ブレアはめげずに思いを伝えます。

ブレア:“Because I love you.” (「だってあなたのことを愛してるから。」)

勇気を振り絞って愛を伝えたブレアでしたが、チャックは“well that’s too bad.(「それは残念だ」)”と冷たい一言を放ってブレアのもとを去ってしまいます。ここだけ切り取ると、ただただ悲しいシーンですが、自分のプライドを捨ててまでチャックに思いを伝えたブレアには心を動かされます。

チャックがブレアに愛を告白“I love you too.”

次は、チャックが初めてブレアに愛を伝える感動のシーン。多くの『Gossip Girl』ファンの心に最も残っているワンシーンではないでしょうか。「あなたのことを信じたい。でも、あなたにはもう何度も傷つけられたから・・・」というブレアに対して、「今回は俺を信じてほしい。」というチャック。そしてついに、ブレアがずっと聞きたかった愛の言葉を口にしました。

チャック:“I love you too.”(「僕も君を愛している。」)

ブレア:“But can you say it twice?No I’m serious, say it twice.”(「でも、愛しているって2回言える?私真剣だよ、2回言ってみて。」)

チャック:“I love you. I love you. That’s three. Four. I love you.”(「愛している。愛しているよ。これで3、4回。愛しているよ。」)

このシーンに至るまでに、ブレアはチャックに“Three words, eight letters. Say them and I’m yours.”「3単語で8文字の言葉(=I love you.)。言ったら私はあなたのもの。」と言っていました。でもその時はまだ、チャックは“I love you.”とは言えず・・・こんなやり取りがあったからこそ、さらに感動するシーンでした。

banner7

『Gossip Girl』に学ぶロマンチックな英語フレーズ

最後に、ロマンチックな恋愛英語フレーズを3つ紹介します。

You’re the love of my life.「あなたは、私が人生で愛するたった一人の人」

I love you. Always have, always will.「愛している。これまでもこれからもずっと」

I’m really happy to be here with you right now.「君と今ここに一緒にいれて本当に幸せだよ」

これらはどれも、恋人への愛情表現としてよく使われるフレーズです。実際に『Gossip Girl』の中でセリフとして登場します。「ロマンチックな恋愛英語フレーズをもっと知りたい」という方は、ぜひ『Gossip Girl』を視聴してみてくださいね。

まとめ

『Gossip Girl』は、男女ともに使える恋愛英語フレーズがたくさん詰まったロマンチックな作品です。ロマンチックな恋愛シーンにキュンとしたり、国際恋愛で使える恋愛英語フレーズを学んだりして、リアルな恋の参考にしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!

日常生活で使う英語力を強化したい人におススメの参考書はこちら!

banner4

黒須千咲フリーランスのwebライター。大学卒業後、オーストラリアでワーキングホリデーを経験。「好きを仕事にしたい」という一心でフリーランスデビューを果たす。現在は日本でギリシャ人の彼と同棲しながら執筆活動中。Instagramはこちら。→culturetalk.stories