ENGLISH JOURNAL ONLINE

助動詞の文法問題で力試し!ought toを疑問形で正しく使えますか?【英文法基礎クイズ】

英文法基礎クイズ助動詞

種類が多く、意外と扱いが難しい助動詞の用法、マスターできていますか?文法問題に挑戦して、助動詞の基礎を押さえましょう!

目次

助動詞の文法クイズ

日本語訳を参考にして、空所に入る英単語を考えましょう。

Q. 1

・Kate(   )speak Japanese.

ケイトは日本語を話すことができる。

・Robert(   )arrive soon.

ロバートはそろそろ到着するかもしれない

・You(   )study harder.

あなたはもっと一生懸命勉強しなければならない。

Q. 2 

・You(   )(   )apply for the job. 

あなたはその仕事に応募したほうがいい。

・I(   )(   )travel a  lot. 

私は以前は旅行をしたものだった。

・Denis(   )read and write at the age of three.

デニスは3歳の時には読み書きができた。

Q. 3

・You(   )go now.

もう行ってもよろしい。

Q. 4

・I(   )stand his behavior

彼の態度には我慢できない!

・You(   )(   )to tell lies.

うそをつくべきではない。

・I (   )(   ) to like coffee.

私は以前はコーヒーが嫌いだった。

Q. 5

・(   )I ask you a question?

1つ質問してもいいですか?

・(   )I (   ) apologize to her?

彼女に謝るべきでしょうか?

・(   )you(   )to smoke?

以前はよくたばこを吸いましたか?

Q. 6

・You(   )not worry about it.

あなたはそのことについて心配する必要はない。

・How(   )you say such a thing to me?

よくもそんなことを私に言えますね。

クイズの答えと解説

答え合わせをして、太字のフレーズを覚えましょう。

Q. 1の答えと解説

答え

・Kate can speak Japanese.

ケイトは日本語を話すことができる。

・Robert might arrive soon.

ロバートはそろそろ到着するかもしれない

・You must study harder.

あなたはもっと一生懸命勉強しなければならない。

解説 助動詞とは?

助動詞は「助動詞+do(動詞の原型)」の形で用いられ、可能・推量・義務などの意味を動詞に添える。上の問題ではcan speakで「話すことができる」という可能を、真ん中ではmight arriveで「到着するかもしれない」という推量を、下ではmust studyで「勉強しなければならない」という義務を果たしている。

Q. 2の答えと解説

答え

・You ought to apply for the job.

あなたはその仕事に応募したほうがいい。

・I used to travel a lot.

私は以前は旅行をたくさんしたものだった。

・Denis could read and write at the age of three.

デニスは3歳の時には読み書きができた。

解説 助動詞の種類

助動詞には、現在形だけのもの、過去形だけのもの、現在形と過去形の両方があるものがある。ただし、時制の一致で過去形に変える場合を除き、過去形の助動詞でも現在の意味を表すことが多いので注意(used toは過去形用法のみ)。

banner6

Q. 3の答えと解説

答え

・You may go now.

もう行ってもよろしい。

解説 助動詞を使った肯定文の形

助動詞を使った肯定文は「助動詞+do(動詞の原形)」の形になる。時制が現在で、主語が三人称単数(he/she/it)でも同時に-sをつけないように注意。

Q. 4の答えと解説

答え

・I cannot stand his behavior

彼の態度には我慢できない!

・You ought not to tell lies.

うそをつくべきではない。

・I didn't use to like coffee.

私は以前はコーヒーが嫌いだった。

解説 助動詞を使った否定文の形

1語の助動詞は、助動詞の後にnotをつける。ought toの否定形はought not toused toの否定形は、didn't use toが普通(used not to、used't toを使うこともある)。

Q. 5の答えと解説

答え

May I ask you a question?

1つ質問してもいいですか?

Ought I to apologize to her?

彼女に謝るべきでしょうか?

Did you use to smoke?

以前はよくたばこを吸いましたか?

解説 助動詞を使った疑問文の形

1語の助動詞は、文頭に助動詞を置く。ought toの場合はOught S toの語順になる。used toの疑問文はDid S use toの語順になる(Used S toを使うこともある)。

Q. 6の答えと解説

答え

・You need not worry about it.

あなたはそのことについて心配する必要はない。

・How dare you say such a thing to me?

よくもそんなことを私に言えますね。

解説  動詞のneedとdareの用法

否定文と疑問文でのみ用いられるneed(~する必要がある)とdare(あえて~する)。いずれも、肯定文で用いる場合は、動詞としてneed to do(~する必要がある)、dare to do(あえて~する)のように、目的語にto不定詞を取る。

『キク英文法』pp.74~77を基に作成

英文法の基礎が身に付く本

この記事で紹介した表現は『キク英文法』(アルク)に収録されています。英語のリズムに乗って、使えるフレーズを口ずさみながら効率よく文法事項を攻略できる書籍です。

こちらもおすすめ!

banner8

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!