ENGLISH JOURNAL ONLINE

「procrastinator」って知ってる?意味と似た英語表現をたっぷり紹介!

日本語に訳しづらい英語

アメリカで生まれ、日本で暮らし、博多弁を操る言語学者のアンちゃんことアン・クレシーニさんが、「日本語に訳しづらい英語」と、その裏にある文化の違いを考察します。第3回では、procrastinatorを取り上げます。

procrastinatorってどんな意味?

意味が分かると面白い、友人のエピソード

大学院生だった頃、超〜仲がいい日本人の友達がいました。彼女は長くアメリカに住んでいて、大学での専攻は心理学でした。ある日、彼女と話していた時に、「procrastinationについてレポートを書いているけど、締め切りに間に合わないので、先生に締め切りを延ばしてもらうことにした」と彼女が言いました。

私は、「マジで?相当ウケる!」と声を出して笑いました。これは最高に面白い皮肉です。彼女は、多くの大学生と同じように、最強のprocrastinatorでした。

ちょっと待って。皆さん、procrastinatorという単語は知っていますか?

もし知らなかったら、このエピソードがなぜ面白いのか、全く分かりませんよね。それは超〜残念なことなので、解説しないといけません!

今回は、なかなか日本語に訳せないprocrastinatorについて説明していきます。私はprocrastinatorではないので、さっそく始めましょう。

動詞形はprocrastinate

procrastinatorを英語の辞書(Cambridge Online English Dictionary)で調べると、こんな定義が出てきます。

Someone who keeps delaying things that must be done.

やらないといけないことを先延ばしにする人。

私が冒頭で話した友達の発言に笑ってしまった意味が分かりましたか?

彼女は、「なぜ人間はやらなきゃいけないことを先延ばしするのか」というテーマのレポートに取り組んでいたにもかかわらず、先延ばしにしてしまったので、先生に締め切りを延ばしてもらう羽目になったというわけです。面白過ぎるでしょう?

procrastinatorの関連語に、動詞のprocrastinate(先延ばしにする)と名詞のprocrastination(先延ばしにすること)があります。

ただ、こんなに簡単な話だけだと、この記事はこれで終わってしまいます。それでは面白くないので、今回はprocrastinationのもうちょっと深いニュアンスと、「先延ばしにすること」以外の日本語訳を紹介しますね!

どんなふうに使われる?

私はprocrastinatorではありませんが、夫は強烈なprocrastinatorです。彼はこの先延ばし癖のために、大学時代から数えきれないほど徹夜してきました。

このエピソードを表す例文をちょっと見てましょう。

My husband has been a procrastinator since college.

夫は、大学時代から課題を先延ばしにする人間だ。

He often didn’t start his assignments until right before the deadline, so he had to pull a lot of all-nighters.

彼はやらないといけない課題を先延ばしにした結果、よく徹夜をしていました。

ちなみに、「徹夜する」は英語でpull an all-nighterと言います。ただ日本語と違って、主に仕事と勉強の時にしか使われない言葉です。

I have a report due at work tomorrow, so I have to pull an all-nighter tonight

明日レポートを提出しないといけないので、今夜は徹夜しなければならない。

I pulled two all-nighters in a row during Final Exam week. 

期末試験の間に、2日連続徹夜した。

pullには「苦労した」というイメージがありますので、楽しいことをして徹夜する時にはあまり使いません。

×(あまり言わない)

I had a blast with my friends at karaoke yesterday. We pulled an all-nighter

友達とカラオケで徹夜した。めっちゃ楽しかった。

楽しいことで徹夜する時は、こんな言い方をするといいと思います。

I stayed up all night doing karaoke with my friends.

I stayed up all night talking to my friends.

I hung out all night with my friends. We didn’t sleep at all.

procrastinatorには二つのタイプがいる

この間、すごく面白いTED Talksを見ました。ティム・アーバンさんの、“Inside the mind of a master procrastinator”という動画です。それを見た後、改めて「ああ、やっぱり、これは日本語に訳しにくいなぁ」と思いました。

この動画を見て気付いたのは、「procrastinatorには二つのタイプがいる」ということです。二つのタイプとは、①締め切りがある場合と、②締め切りがない場合です。

①締め切りがある場合のprocrastinator

締め切りがある場合は、日本語の「先延ばし」と同じ意味だと言っていいと思います。英語でいろんな時にprocrastinateと言うけれど、やっぱり宿題やレポートについて話す時に一番多く使われている気がします。

My teacher gave us the assignment two months ago, but I procrastinated and didn’t start it until yesterday.

2カ月前に先生から課題が出されたけど、先延ばしにしていて、昨日やっと始めた。

The rough draft of my paper is due soon, but I am so into this new Netflix show so I am procrastinating!

原稿の締め切りが迫っているが、Netflixの新番組にハマりすぎて、先延ばしにしてしまってる!

「先延ばしにする」のもう一つの言い方として、put offがあります。もしかすると、procrastinateよりput offの方が頻繁に使うかもしれません。

先ほどの例文をput offで言い換えると、こうなります。

My teacher gave us the assignment two months ago, but I put it off until yesterday.

The rough draft of my paper is due soon, but I am so into this new Netflix show so I am putting it off.

さて、ここでちょっと脱線させてください!

put off に似た表現として、blow offもよく使われています。「無視する、意図的に行わない、すっぽかす」といった意味です。

I have a test tomorrow, but I’m gonna blow it off and go to the party.

明日テストがあるけど、パーティーに行きたいから勉強しない。

We had a date but he blew me off.

デートに行く予定だったけど、彼にすっぽかされた。

I’m serious! Don’t blow me off.

私は本気だよ!無視しないで。

これは、procrastinateやput offより少し深刻な状態です。「先延ばし」じゃなくて、完全にしない、行かない、やらないという意味です。

では、ティム・アーバンさんのプレゼンに戻りましょう。

①のprocrastinateは締め切りがあるので、間近になって慌て始め、めっちゃ大変ですが、結局はやらないといけないことをやります。

締め切りがあることで、このprocrastinationはコントロールされています。「ああ、やばい!締め切りが近い。なんとか間に合うようにやらないと!」みたいなパニックによって、procrastinationは終わります。「ぎりぎりまで待つ」「先延ばしする」といった日本語訳で表すことができます。

I waited till the last minute to start my report.

私はぎりぎりまでレポートに取りかかるのを待っていました(=後回しにしていました)。

I put off doing my report to the last minute.

レポートの作成をぎりぎりまで後回しにしていました。

I so procrastinated doing my report. I didn’t start it until the day before it was due.

私はレポートを先延ばしにしていました。提出期限の前日まで始めませんでした。

これらのprocrastinationは自分(と配偶者!)のストレスになりますが、終わりがあるので、提出さえすれば危機感はなくなります。

②締め切りがない場合のprocrastinator

ティム・アーバンさんが話す二つ目のprocrastinationは、もうちょっと危ないです。このprocrastinationには締め切りがないために、人生や人間関係をめちゃくちゃにする恐れがあります。

例えば、「ダイエットする」「新しい会社を始める」「家を片付ける」みたいなことです。

自分が動かないと、何も始まりませんし、何も進みません。けれど、怖い締め切りがないので、procrastinatorはなかなか動こうとしません。

このタイプのprocrastinationを日本語に訳すなら、「棚上げにすること」が(完璧に一致はしませんが)一番近いと思います。

My house is such a mess! I need to stop procrastinating and just clean it up!

なんて散らかっているんだろう!棚上げするのをやめて、片付けないと。

I have been procrastinating about losing weight for years. I need to get on the ball.

ダイエットを何年も棚上げにしてきた。そろそろ頑張らないと。

You have been talking about starting your own business for years! Stop procrastinating and get to it!

あなたは何年も前から自分のビジネスを始めると言っているよね!棚上げにするのはやめて、さっさと始めなよ!

上記の例文のようなケースだと、別に「何月何日までにやらないといけない」というわけではありせん。

この場合も、さっき紹介したput offを使って言い換えることができます。

My house is such a mess! I need to stop putting it off and just clean it up!

I have been putting off losing weight for years. I need to get on the ball.

You have been talking about starting your own business for years! Stop putting it off and get to it!

他にも、put it on the shelfshelve ittable itset it asideなど、近い英語表現がたくさんあります。これらは、「何かを一応始めたが、なんらかの理由で一時停止にする」、もしくは(②のprocrastinationと同じく)「始めずに棚上げにする」という意味です。

あなたはどちらのタイプ?

私は絶対にprocrastinatorじゃないと思っていたけれど、ティム・アーバンさんは、動画の中で「procrastinatorじゃない人は存在しない!」と主張していました。

全ての人は、やりたくないことを後回しにしたり、棚上げしたりします。人間誰しも絶対にやりたくないことはありますよね。

やりたくないことをしないで、やりたいこと、もしくはするのが嫌じゃないことを先にしてしまう傾向があります。この話を聞いて、なるほどなぁ!と思いました。

私は、①の締め切りがあるタイプの先延ばしはしませんが、間違いなく②の締め切りがないタイプの先延ばしはしています。

この動画を見ている間、何年も棚上げしていることが目の前に浮かんできました。もちろん、ここでは書きませんが・・・。

皆さんも、もし時間があれば、ティム・アーバンさんの動画を見てみてください。そして、あなたはどのタイプのprocrastinatorなのか、私に教えてね!

「後ろのコンロに置く」ってどういう意味?

もう一つ似たような英語の表現について話したいと思います。それは、put it on the back burnerです。アメリカの料理文化を知らないと、なかなかこの慣用句が理解できないと思います。

キッチンコンロは、英語でkitchen stoveと言います。下の部分には日本と同じくオーブンがあり、上の部分にはコンロが四つほどあります。手前側のコンロの火が強くて、奥側のコンロの火は弱いです。そのため、調理が終わるまで保温しておきたい料理は、後ろのコンロ(back burner)に置いておきます。

そのため、put it on the back burnerは、「今考えない、後でなんとかするかもしれないものを後回しにすること」を意味します。「いつかやろうという気持ちはあるが、今現在は時間もしくはやる気がないため、何もしない」という状態です。

I want to go back to college, but I am too busy with my kids so I’ve put it on the back burner for now.

私は大学に戻りたいのですが、子供の世話で忙しいので、今は後回しにしています。

We want to start a family someday. But we are busy with our careers so we are putting kids on the back burner.

私たちは、いつか家族を持ちたいと思っています。でも、私たちは仕事で忙しいので、子供のことは後回しにしています。

procrastinatorを日本語訳するなら

I am a procrastinator.

この文章の日本語訳を調べると、「私は因循(いんじゅん)な人です」みたいな訳が出てきました。超〜日本語がうまい友達にこの日本語文を送ったところ、「『因循』は初めて知る言葉だ」と言っていました。

日本語で「因循な人」とはあまり言わないかもしれませんが、英語では頻繁にprocrastinatorという言葉を使います。

I am a procrastinator.

My brother is a terrible procrastinator.

Don’t be a procrastinator.

I’m so sick of being a procrastinator!

みたいな表現は、毎日耳にするような気がします。

結論は、procrastinatorは日本語に訳しにくい英語だということです。

皆さん、「日本にもたくさんprocrastinatorsがいるんだから、日本語にも相当する単語があったらいいのに!」と思っていませんか?じゃ、作ってみましょう!「先延ばし屋」「棚上げ達人」「ギリギリ屋さん」なんかいいんじゃないでしょうか?

さて、私も明日から、何年も棚上げにしたことをやってみようかな。・・・まぁ、明後日でもよかろう?

(ティム・アーバンさんの動画のオチをパクリたくてたまらなかった・・・)

アンちゃんの本、電子書籍で大好評発売中!

アン・クレシーニ

アン・クレシーニアメリカ生まれ。福岡県宗像市に住み、北九州市立大学で和製英語と外来語について研究している。自身で発見した日本の面白いことを、博多弁と英語でつづるブログ「アンちゃんから見るニッポン」が人気。Facebookページも更新中!
写真:リズ・クレシーニ