ENGLISH JOURNAL ONLINE

東大も夢じゃない!ついに出た大学受験向け「うんこ英単語」【ブックレビュー】

東大も夢じゃない!ついに出た大学受験向け「うんこ英単語」【ブックレビュー】

幼児から小学生向けの学習教材として大人気の「うんこドリル」シリーズに、ついに大学受験向けの英単語集が登場!難関大学も目指せるというこの本をチェックしました。

「うんこドリル」シリーズが教育界を席巻

「うんこドリル」シリーズの元祖、「うんこ漢字ドリル」が誕生したのは2017年のこと。この漢字ドリルは、発売からわずか2カ月で266万部を突破。今ではシリーズ累計発行部数が850万部という一大コンテンツに成長しています。

2020年には小学生向けの英単語集が出版され、英語学習の世界にも進出してきました。そして2021年、ついに大学受験向けの本書、『大学入試 うんこ英単語2000』が誕生したのです。

共通テストから難関大学入試までを網羅

内容は至って真面目。

全国の大学入試問題の過去5年分を徹底分析して、2,000語を厳選。出題頻度順に3つのパートに分類しています。

PART1 入試の基礎を身につける共通テストレベル800語

PART2 必ず覚えておきたい標準大学レベル700語

PART3 応用力を身につける難関大学レベル500語

大学入学共通テストから難関大学入試まで、大学受験に必要なレベルの英単語をカバー。

また、英検にもよく出題される単語には、「準1級」「2級」「準2級」というマークが付いています。パラパラとめくってみると、ほとんどの単語はこの英検マーク付き。本書で学習すれば、英検にも役立ちそうです。

そしてここが真骨頂。計2,000語の全ての例文に「うんこ」という言葉が使用されています。

『大学入試 うんこ英単語2000』

例文は、上が日本語、下が英語という配置になっていますが、これにも狙いがあります。まずは日本語を読んで、下線部の日本語を英語にするとどうなるかを考え、それから英文を確認するのです。この「一度自分で考える」というのがポイントですね。

また、本書には暗記用の赤いシートも付いているので、これで英単語を隠して何度も読めば、暗記の効率もアップするはず。

気になる例文をチェック

2,000もの例文全てに「うんこ」を入れ、しかも学習書に収録していいレベルをキープするとなると、著者や編集部はかなり苦労したはず。こちらも心してチェックしてみましょう。

ちなみに、うんこは英語ではpoopですが、本書ではunkoと表記。不可算名詞として扱っています。

PART1 共通テストレベル

大学入試を受けるなら、このレベルは全てマスターしておきたいもの。例文ごとどんどん覚えていきましょう。

まずは、今年らしいこんな単語。

ぼくはうんこ一種のスポーツであると考えています

I regard unko as a type of sport.

regardは英検2級レベル。

1年遅れで行われた今年の東京オリンピックでは、スケートボードやBMX、スポーツクライミングなど、新しい競技が採用されて話題になりましたね。うんこも全力で頑張るという意味では・・・まあ、ちょっと違うかもしれません。

女優がTV番組でうんこについて言及するのは珍しいことだ。

It’s unusual for an actress to mention unko on TV.

大学受験に臨む人たちの倍以上の年月を生きてきた私ですが、確かに見たことはないかも。しかし、これからの時代はどうなるか分かりません。ちなみにこのmentionは、英検準2級レベルです。

続いてはTOEICでもよく出てくるこちら。これは英検2級レベル。

昔はよく職場の同僚と一緒にうんこをしたものだ。

In the past, I would always do unko with my colleagues.

ここ1年でリモートワークがすっかり定着しましたからね・・・。そういうことではないか。

PART2 標準大学レベル

このパートになると、英検2級や準1級レベルの単語がぐっと増えてきます。うんことはいえ、なかなか侮れません。

大臣は、うんこに対する助成金を増やすと宣言した

The minister declared he would increase subsidies for unko.

declareは英検2級レベル。コロナ収束への道筋がまだまだ見えてこない昨今、さまざまな分野への助成が必要です。政治家にはぜひ頑張ってほしいもの。

うんこは豊かな文化の構成要素なのです。

Unko is a valuable component of any rich culture.

この1年で、ライフスタイルや価値観の多様化がかなり進みました。componentは準1級レベル。key componentで「主要部分」という意味になります。

うんこをこれほど包括的に分析した本は今までになかった。

There has never been a book with such a comprehensive analysis of unko before.

うんこをこれほどまでに学習に生かした本も、今までになかったかも。TOEICにもよく出るこちらは、準1級レベルです。

PART3 難関大学レベル

このパートともなると、半数以上が準1級レベルという印象。中には、掲載されている全ての単語が準1級レベルというページもあります。やはり難関大学の入試問題ともなるとハイレベルですね。

今、つい目に付く英単語といえばこれ。やはり準1級レベル。

疫病の侵入を防ぐため、村の周囲をうんこで囲みましょう。

Let’s surround the perimeter of the village with unko to prevent the plague from getting in.

できればほかの方法がいいのですが・・・。効果があるならなんでもやってみようという気になります。

続いてはこちらも準1級レベル。TOEICにもよく出ますね。

オリンピックの開催地でうんこをするのが私のライフワークなのだ。

Doing unko at the venue of the Olympics is my lifework.

そういえば、新卒で就職活動をしている頃、「一流企業をかたっぱしから受験して、とにかくトイレを借りることにしている」という友人がいました。「結果はともかく、俺のレゾンデートルを残してくる」と・・・。

まあ、最終的には水に流すからかご縁がなかったようですが。今、何してるんだろう。元気かなあ。

そしてこんな単語も気になります。

どうして私のうんこだけ隔離されなければならないんですか。

Why does only my unko have to be in quarantine?

quarantineで、「隔離、免疫」という意味。英検レベルは表示されていませんが、ここ最近、さまざまなところで目にしました。英語ニュースなどではよく出てくるので、受験対策としても覚えておいて損はないと思います。

東大合格も夢じゃない!

「小学生ならともかく、大学受験で『うんこ』はいかがなものか」とシビアに捉える向きもあると思います。

しかし、このシリーズ、その学習効果について東大と実証実験を行っていたり、東大出身の謎解きクリエイター・松丸亮吾さんとコラボしていたり、どうも本気で東大を視野に入れている節があります。

「うんこドリル」が発売された2017年に小学1年生だった子どもが、大学生になるのは2030年頃。「うんこで東大に合格しました」というニュースを聞くのも、そう遠い未来ではないかもしれません。

ガチガチの詰め込み教育を受けてきた昭和生まれとしては、楽しく学べるというのはうらやましい限り。ドキドキしつつその動静を見守りたいと思います。

ENGLISH JOURNAL ONLINE 編集部

尾野七青子都内某所で働く初老のOL兼ライター。