ENGLISH JOURNAL ONLINE

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークが結成した新バンド、シルク・ソニックのデビューシングル「Leave The Door Open」

EJ’s Playlist【2021年8月号】

「今聴いてほしいアーティスト」と関連楽曲を、音楽が伝えるメッセージや社会的・音楽的文脈などと併せて渡辺志保さんが解説します。

今月の1曲

シルク・ソニックの「Leave The Door Open」を紹介します。

Leave The Door Open

Leave The Door Open

  • Aftermath Entertainment/Atlantic
Amazon
Leave The Door Open (Live)

Leave The Door Open (Live)

  • Aftermath Entertainment/Atlantic
Amazon

ハワイ出身のスーパースターであるブルーノ・マーズと、黒人と韓国人のハーフでグラミー賞受賞経験も多いアンダーソン・パークが、新しいバンド「シルク・ソニック」を結成。このデビューシングルは今年開催のグラミー賞授賞式でパフォーマンスが行われ、大きな話題になった。

70年代ソウルミュージックがよみがえる、スペシャルコラボ

EJ’s Playlist【2021年8月号】

写真:Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ

2021年3月のリリース以来、アメリカの音楽チャートをにぎわせている話題の楽曲が、シルク・ソニックの「Leave The Door Open」だ。シルク・ソニックとは、人気アーティストであるブルーノ・マーズとアンダーソン・パークが結成したスーパーデュオ。本曲は全米のビルボードチャート首位を獲得したほか、40を超える国・地域のチャートにもランクインし、早くも2021年を代表する一曲として幅広く愛されることとなった。

この楽曲の魅力は、なんといっても70年代のソウルミュージックを彷彿とさせるメロディーとアレンジだ。楽曲の発表と共に公開されたMVでも、在りし日のソウルミュージックバンドの姿を、ファッションも含めてそっくりそのまま再現した。プロデュースはブルーノ・マーズ自身、そしてH.E.R.などを手掛ける人気プロデューサーのD’マイルのタッグによるものである(ちなみにこの両名は、日本のアイドルグループ嵐の英語曲「Whenever You Call」[2020]も手掛けている)。

楽曲のリリースから数日後、ブルーノ・マーズはTwitterで「新曲を出したばかりなので、プロモーションとして出場できるとうれしいです」と、グラミー賞宛てにツイート。そしてなんとその逆オファーが実り、シルク・ソニックの面々はグラミー賞のステージに立ち、初めてのパフォーマンスを行った。しかも、その後に本曲のライブバージョンをリリースするという周到ぶりであった。

いつの時代もわれわれの心をくすぐるソウルミュージックの妙。シルク・ソニックは年内にアルバムのリリースも控えているという。現音楽シーンのトップに君臨するともいえる二人が再構築したソウルの世界を、思いっ切り堪能できるその日が楽しみでならない。

古きよきソウルテイストの曲5選

今回の記事で紹介している音楽のプレイリストをご紹介します。昔懐かしいソウルフルな楽曲を聴いてみよう!

  1. Make It Better (ft. Smokey Robinson) by Anderson .Paak
  2. Shut Up My Mom’s Calling by Hotel Ugly
  3. Apple by KIRBY
  4. Bet Ain’t Worth The Hand by Leon Bridges
  5. Collide by Tiana Major9 & EARTHGANG

「EJ's Playlist」を音楽配信サービスで公開中!

「EJ’s Playlist」では、これまで『ENGLISH JOURNAL』の連載「EJ Culture Music」で取り上げてきた楽曲を音楽配信サービスで公開中です。こちらのプレイリストは、Apple Musicでもお楽しみいただけます。次のURLからご利用ください。https://umj.lnk.to/EJplaylist

※本記事は『ENGLISH JOURNAL』2021年8月号に掲載した記事を再編集したものです。

渡辺志保音楽ライター。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。これまでにケンドリック・ラマー、A$AP・ロッキー、ニッキー・ミナージュ、ジェイデン・スミスらへのインタビュー経験もあり。block.fm『INSIDE OUT』をはじめ、ラジオMCとしても活躍中。