英検1級にもTOEIC満点にも、発音記号を使いこなせると何かとお得!【和泉有香さんインタビュー】

英検1級にもTOEIC満点にも、発音記号を使いこなせると何かとお得!

EJ新書『英検1級の語彙を極める!』刊行を記念して、著者の和泉有香(Joy)さんのインタビューをお届けします。本書の魅力はもちろんのこと、TOEIC対策、英検対策などの先生として活躍されているJoyさんご自身のことも教えていただきました。

「知らないモノに対する憧れ」が英語を面白くした

――Joyさんが、英語に興味を持ったきっかけはなんですか?

 中学に入ったばかりの4歳上の従姉から「英語、面白いよ〜」と聞いたのが印象的だったこと。そして祖母が従姉のことを「あの子、先生に“発音がいいね”ってよく褒められるんだって」と言っていたので「よ〜し、私も中学に入ったら発音がうまくなるように頑張ろう!」と思ったこと・・・でしょうか。

残念ながらドラマチックな何かがあったわけでも何でもなく、今にして思えば単に「知らないモノに対する憧れ」程度のものだったのでしょう。

実は英語は中1で1学期中間試験時点から完全に落ちこぼれた後、中2の後半でなんとか追いついたのですが、その過程で英語が面白くなってきたのだと思います。

実に安上がり!留学しなくても英語力は伸びる

――どのように英語を習得しましたか?

取りあえず中2の後半で英語が得意になった後、高校時代は英語「だけ」しっかり勉強しました。

卒業後にECC高等英語専門学院(現・ECC国際外語専門学校)で特待生として1年数カ月学んだのが、私が教室で英語を教えてもらった最後の機会でした。この期間に集中して英文暗唱などガッツリと勉強をしたのが今の英語力の基礎となっています。

その後はNHKラジオの「英語会話」を聞いていた期間が長かったですね。

生まれてこの方、日本を離れたのは10日くらいで留学もしていないので、われながら実に安上がりな英語力です。

授業の準備をすることが最大の勉強になっている

――英検1級と TOEIC 満点レベルをキープするために行っていることはなんですか?

あ、この質問はイタイ・・・(苦笑)授業の準備をすることが最大の勉強になっていることは間違いありません。正解を出せるだけではなく、全訳と解説ができるところまで理解しておくことが必要ですから。

春休みの間は非常勤講師の悲しさでほぼ暇だったので、ネットで映画を1日1本ずつ観ていましたね。

アメリカやイギリスのベストセラー本は翻訳本が出る前に英語で読むことも多くあります。またネットでの調べ物も英語で書かれたページを積極的に使うことが多いですね。

インターネット上の情報で日本語表記のものは約2%、英語表記のものは60%だそうなので、手に入る情報量が格段に違います。

もっとも、映画も読書もネットも「勉強している感」はゼロです。

ほかには、単語集を引っ張り出してきて1カ月ほどかけて復習するぐらいでしょうか。ええ。やっぱり忘れることは得意なので。

発音記号を使いこなせると何かとお得

――最近気になる英語の語彙やフレーズはありますか?

cantankerous・・・!映画を観ていて出てきたときに「あ、コレは知らない」と思ったので取りあえず発音記号でメモっておき、映画が終わってから発音記号からつづりを逆算して調べました。

cantankerous

「怒りっぽい」とか「意地悪な」とかいう意味ですが、bad-temperedやmeanよりもずっと度合いが激しいときに使うそうです。

発音記号を使いこなせると何かとお得ですね。

効率よく英語を覚えたいならオモロい話でリラックス

――英語を教えていらっしゃるご経験から、「英語を学ぶ上での笑いの役割」を教えてください。

自分自身の経験から、理解したり覚えたりするためには眉間にしわを寄せて頑張るよりもリラックスする方が効率がいいと感じています。

まあ、私の場合は勉強以外でも笑うことや楽しいことが大好きですし、笑いを取らないと気が済まない関西人の血を抑えがたいこともありますが。

また1コマ90分の授業をすることが多いので、生徒さんたちの集中力が切れる前に意識的にひと息ついて集中力を回復してもらうために(そして実は時間調整のために!)オモロい話ができるよう、日頃から引き出しを増やすように心掛けています。

――Joyさんお気に入りの面白ネタがありましたら、ぜひ加えてください。

私の好きな小話(?)はコレです。

He drove his expensive car into a tree and found out how the Mercedes bends.

「聞いた瞬間に爆笑」もよいのですが、一瞬後にハハハと笑えるものが好きです。

劇団通訳は、宝塚ファンとしては夢のような仕事

――宝塚歌劇での通訳とはどんなお仕事ですか。印象に残るエピソードなどをお聞かせください。

ある作品(ショー)の振付のためにブロードウェイから来られた先生に1カ月ほどずっと付いていました。お稽古場での振付時はもちろん、演出家や外部との打ち合わせの通訳もかなりありました。宝塚ファンとしては夢のような期間でしたね。

振付家からの指示を訳すと全員が「はいっ!」と大きな返事をされることが印象的でした。

また主にタップダンスの場面を担当していたのですが、振付時に「このときのプリエはグランまで行かずにドゥミで止めて」のようにクラシック・バレエの用語が出てきたことには驚きました。

タップダンス関係と舞台関係の用語は事前に用語集を作って頭に詰め込んでいましたが、さすがにバレエ用語は無警戒でした。・・・が! 娘が小さい頃にバレエを習わせていて私も口でバレエが踊れる(?)ため、無事に訳すことができてこの上なくホッとしました。

「会心の授業」を目指して90歳まで英語を教えたい!

――今後の展望、夢はなんですか?

夢は山ほどあるのですが、実現までの期日が長いものは「90歳まで英語を教えること」です。

アルバイトも含めれば20歳頃からほぼ途切れることなく英語を教える仕事をしてきましたが、それでもまだ「会心の授業」がほぼありません。

90歳まで粘ったらどうにかなるかな、というのがその理由ですが、そんな授業が何度かできたら教えることをサッサと辞めてしまうかもしれませんね。

英語と関係ない分野で言えば、小説を書きたいなあと思っています。芥川賞ではなく直木賞を狙います。(え。)

1級、準1級を目指す人、英語を教える先生にも役立つ!

――本書のアピールポイントをお願いします!

1級を目指す人だけではなく、準1級を受ける方にも読んでいただけること。また英語を教える方にも少しばかり参考にしていただけるかも、と思います。

短期間で集中的にボキャビルすることはもちろん必須ですが、並大抵の努力ではネイティブ並みに語彙を増やすことは不可能ですし、私もそのような段階ではまったくないことを自覚しています。同時に「気長に続けること」も大切なのだな、と少し肩の力を抜いていただければいいなあと思っています。

また英検1級二次試験についても自分の経験を少し書いています。ナゾに包まれた(?)試験室内の様子を楽しんでいただければうれしいです。

▼和泉有香(Joy)さん新刊の詳細・購入はこちら

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税込1,078円)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開される、専門性の高いオリジナル連載や月刊誌『ENGLISH JOURNAL』との連動特集など、すべての有料記事へアクセスできます。ほかにもイベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

和泉有香

和泉有香 劇団通訳、塾講師などを経て現在は神戸海星女子学院大学、大阪市内の英語専門学校などでTOEIC対策、英検対策などを教えている。TOEIC 1390点(L&R 990点、S&W 400点)、英検1級(優良賞受賞)、全国通訳案内士(英語)。著書、共著に『音声DL付 TOEIC(R)テスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング』(アルク)、『2カ月で攻略 TOEIC(R) L&R テスト900点! 」(アルク)、『はじめての英検準1級総合対策』(アスク出版)、『2020年度版 英検過去問レビュー 準1級(3級~準1級)』(河合出版)、『英語4技能 スピーキング試験“完全攻略”ストラテジー』(IBCパブリッシング)などがある。宝塚歌劇と沖縄にときめく。
Twitter:@JoyJPN