facebookinstagramtwitter
英検1級の語彙はこうすれば覚えられる!/会話が弾むシーン別リアクションフレーズ【EJ新書】

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」の人気連載をまとめた電子書籍「EJ新書」、4月に2冊同時刊行!おすすめポイントを紹介します。

「EJ新書」シリーズは、「英語学習の、その先」を 提示する Webメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」(EJO)の人気連載や、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)の特集を基にした、手軽でお得な電子書籍です。Amazon.co.jpなどで、絶賛発売中!

今回発売されるのは、大学などでTOEIC対策、英検対策などを教える和泉有香(Joy)さんによる『英検1級の語彙を極める!』と、英会話コーチ、Podcastラジオパーソナリティーの英語のそーたさんによる『英会話に自信が持てる!リアクションのトリセツ』の2冊です。

和泉有香(Joy)著『英検1級の語彙を極める!』

英検合格のための学習にとどまらず、アナタを魅力的な話し手にする!

「単語は何回やっても覚えられない」という悩みをお持ちではありませんか?本書では、TOEIC満点、英検1級(優良賞受賞)の実力を持つ和泉有香(Joy)さんが、笑いと関西弁を交えたテクニックで、あなたの語彙力を磨いていきます。

「同じ意味でも使い分ける必要がある単語」「つづりや発音が似ている単語」「知らなければ読めない単語」「英検1級にふさわしい単語」「熟語」など、各単語の特徴に合った、苦にならない覚え方を紹介します。

さらに、英検1級の二次試験対策についても解説。「合格のために本当に必要なこと」は、覚え込んだ事実の羅列ではなく「アナタはどう考えるか」を表現することです。

第7章でお伝えするJoyさんの二次試験体験談と、第8章で紹介するスピーチの練習法は、英検合格のための学習にとどまらず、アナタを魅力的な話し手にすること間違いなしです。

内容( 抜粋

【第1章】「教える」って意味の英単語、teach以外に4つ以上言える?

【第2章】大人のカルタ取りゲームで覚える「似た英単語」

【第3章】「知らなければ絶対に読めない英単語」を掘る

【第4章】「副詞のveryは使わない」と決めよう!

【第5章】boil down to の意味は?合格するための「熟語の覚え方」

【第6章】antithesisの意味は?合格するための「知らない語彙」の覚え方

【第7章】我、英検1級二次試験をかく戦えり

【第8章】結局、二次試験には何が大事なん?

▼購入はこちら!  

英語のそーた著『英会話に自信が持てる!リアクションのトリセツ』

英会話に自信がなくて、一歩踏み出せずにいる・・・そんな方の「お守り」になる!

「英会話のリアクションが苦手」「会話がすぐ終わってしまう」。

そんなお悩み、「英語のそーた」さんが解決します。この1冊で、「英会話のリアクション」はバッチリ!

英会話をしているとき、「自分のリアクションって、合っているのかな」と不安になること、ありますよね。

本書では、「オンライン英会話OneWay」のコーチで大人気Podcast「台本なし英会話レッスン」のパーソナリティーでもある英語のそーたさんが、会話が盛り上がること間違いなしのリアクション方法をレクチャーします!

共感したとき、驚いたとき、残念なニュースを聞いたときなど、シーン別の 具体的な リアクションフレーズから、相づちのタイミング、上手なリアクションに必須の心構えまで、幅広く解説します。

英会話に自信がなくて、一歩踏み出せずにいる・・・そんな方の「お守り」になるようなトリセツです。

内容( 抜粋

【第1章】目指せ、聞き上手!英語の相づちはどのタイミングで打つのがベスト?

【第2章】「ほんとそれ」「ご愁傷さまです」って英語でなんて言う?シーン別・リアクションフレーズ

【第3章】英会話レッスンがより楽しくなる!神フレーズ

【第4章】遊びに誘われた!好印象な「受け方」&「断り方」

【第5章】また会いたいと思わせる、別れ際のリアクションフレーズ

【第6章】リアクションフレーズを上手に使いこなすための「重要なカギ」って?

【第7章】「心の声」を正直に口に出す練習をしよう

【第8章】リアクションを生き生きさせるフレーズ

▼購入はこちら!

手軽に読める「EJ新書」シリーズ

[音声DL付]世界の新語・流行語 2010-2020ーーBLM/(my) pronouns/fake news これからはどんな英語が流行る? EJ新書 (アルク ソクデジBOOKS)

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る