ENGLISH JOURNAL ONLINE

ヘンリー王子夫妻の「bombshell interview」とは?【ニュースな英語】

ニュースな英語アイキャッチ

アメリカCBSテレビは今月7日、人気司会者のオプラ・ウィンフリー氏によるヘンリー王子夫妻へのインタビューを放送しました。今回は、このインタビューにまつわる英語表現を紹介します。

今回のニュースな英語

bombshell

イギリスのヘンリー王子とメーガン妃の衝撃的なインタビューが、日本でも話題になっていますね。このインタビュー、英語ではbombshell interviewとよく表現されています。bombshellは「爆弾」という意味。転じて、あっと驚くような衝撃的なことを意味します。

辞書を引くと名詞としか載っていませんが、bomshell interviewのように形容詞的に使われることもあります。これはattributive nounと呼ばれています。

www.merriam-webster.com

ということで今回の「ニュースな英語」では、bombshellと、2人のインタビューにまつわる言葉を取り上げます。

背景

イギリスのヘンリー王子とメーガン妃は2020年1月、王室の高位メンバーから外れる意向をインスタグラムで発表しました。

www.instagram.com

これは王室の承認を得たものではなかったため、当時かなりの衝撃として受け止められました。その後王室側と王子夫妻側は今後について協議を重ね、同年3月、夫妻は正式にイギリス王室から離脱。イギリスの欧州連合離脱(Brexit)になぞらえ、夫妻の王室離脱はMeghanをもじってMegxitと呼ばれました。

王室離脱を受け、2人はroyal highness(殿下)の称号は使用できなくなりました。とはいえ、Duke and Duchess of Sussex(サセックス公爵・公爵夫人)の称号は使い続けることができるため、メディアでは2人をこう表現することも多々あります。

どんなふうに使われている?

ニュースな英語

オプラ・ウィンフリー氏が聞き手になった問題のインタビューは、3月7日にアメリカのCBSで、続いて8日にイギリスのITVでそれぞれ放映されました。平均視聴者数は、アメリカで1710万人、イギリスで1110万人に達したと言われています。

なぜbombshellと呼ばれているかというと、“I didn‘t want to be alive anymore”(もう生きていたくなかった)や“concerns and conversations about how dark his skin might be when he‘s born”(赤ちゃんが生まれたら肌の色はどの程度濃いだろうかなどの懸念や会話があった)など、メンタルヘルスや人種差別の話題も含め、あっと驚いてしまうような発言がいくつかあったためです。

世界各紙の取り上げ方を紹介したイギリスの新聞テレグラフは、「反応はさまざまだった」と伝えていますが、見出しでbombshellをこんなふうに使っています。

Harry and Meghan Oprah interview: How the world reacted to the bombshell claims
ハリーとメーガンのオプラ・インタビュー:衝撃の主張に世界はどう反応したか

www.telegraph.co.uk

HarryというのはHenryの愛称です。日本のメディアでは「ヘンリー王子」と呼ばれていますが、イギリスでは「ハリー王子」と呼ばれる方が一般的です。

また、ここのclaimは「主張」という意味。日本語で苦情を言うことを「クレーム」と言いますが、英語のclaimは意味が異なりますので注意しましょう。ちなみに日本語の「クレーム」を英語で言うとcomplaintになります。

ところで、今回のインタビューを見て、古くからの王室ファンは1995年のダイアナ妃(当時)のBBC「パノラマ」でのインタビューを思い出したのではないでしょうか。アメリカのタイム誌は、こんなふうに報じています。

More than 25 years ago, Diana paved the way for Harry and Markle‘s startling accusations of the racism and hostile treatment by the Palace when she gave a bombshell interview to the BBC‘s Panorama TV show.
王室から人種差別や敵意のある扱いを受けたとするハリーとマークルの驚くべき非難の下地は、ダイアナが25年以上前にBBCのテレビ番組「パノラマ」で衝撃インタビューを受けたときに作られた。

time.com

当時のダイアナ妃は、王室に内密でこの暴露インタビューを準備したのでした。なお、ヘンリー王子とメーガン妃の今回のインタビューも「暴露インタビュー」と表現されることもあり、タイム誌もtell-all interviewと書いています。

まとめ

bombshellは本来、「爆弾」を指しますが、今回の表現のように、衝撃的なものという意味にもなります。俗語では「セクシーな女性」という意味でもよく使われます。

今回のbombshell interviewは、非難の矛先でもあったイギリス・メディアでもさまざまな余波が広がっています。

メーガン妃の発言に対しイギリスの編集者協会は、イギリスのメディアが人種差別的だなどという主張は「受け入れられない」と声明を発表。ところがこの内容に会員から反発が上がり、会長が辞任しています。

またITVの朝の番組“Good Morning Britain”の司会者ピアース・モーガン氏は、番組中にメーガン妃の発言の信ぴょう性に疑問を呈し、4万1000件の苦情が殺到。これを受けて同氏は番組を降板することになりました。

モーガン氏の発言の様子はこの動画で見られます。番組中、何度もbombshellという言葉が使われているので聞き取ってみてくださいね。

こちらはその翌日の番組。メーガン妃に批判的なモーガン氏と同妃を擁護するアレックス・ベレスフォード氏との興味深い議論が14分近く展開されます。

松丸さとみ

松丸さとみフリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。訳書に『LISTEN――知性豊かで創造力がある人になれる』(日経BP)、『限界を乗り超える最強の心身』(CCCメディアハウス)、『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』(サンマーク出版)などがある。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter: https://twitter.com/sugarbeat_jp