ENGLISH JOURNAL ONLINE

世界のイベントを英語で紹介!今年の「イースター」は何月何日?

世界のイベントを英語で紹介!今年の「イースター」は何月何日?

世界にはさまざまな祝日、伝統行事やイベントが数多くありますが、その実態は知らない人が多いのでは?各国の文化を楽しみながら学んでいきましょう!今回は、春に行われるキリスト教のイベント「イースター」を紹介します。

※本記事は『ENGLISH JOURNAL』2021年4月号に掲載した記事を再編集したものです。

【April】Easter:イースター

もともとは海外の文化である10月のハロウィンや12月のクリスマスは日本でも一般的になりましたが、皆さんは「イースター」について英語で説明できますか?

イースター(復活祭)は、十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが3日後の日曜日に復活したとされ、それを記念する行事です。具体的な日にちは毎年決まっておらず、春分以降、最初の満月の次の日曜日とされ、2021年のイースターは4月4日です。

イースターは世界でどのように祝われているのでしょうか?英語でチェックしてみましょう!

世界のイベントを英語で紹介!今年の「イースター」は何月何日?

On a special Sunday every April, I like to hide little (1)chocolate eggs all over my house and (2)invite my friends to (3)race around my home trying to find them. This special Sunday is (4)Easter Sunday, and these chocolates are known as Easter eggs. This day is part of the Christian Easter festival, which takes place over four days. It starts with “(5)Good Friday,” on which Christians (6)commemorate the day that they believe that Jesus died — this is a very serious, sad day in the Christian calendar and is sometimes marked by (7)solemn (8)processions through towns like (9)Cirencester, where I live.

Cirencester has a history (10)dating back to Roman times, when Jesus was believed to have lived. On Good Friday, there is a procession through the town, led by someone dressed as Jesus and others dressed as Roman soldiers. They (11)re-enact Jesus’s final moments in life. Christians call the following Sunday “(12)Resurrection Sunday,” which is when they believe that Jesus (13)came back to life — this is a day of great celebration! Families often get together to have a special meal. In England, the following Monday is a national holiday so a lot of people like to enjoy a four-day weekend.

Easter is celebrated by Christians all over the world in different ways, such as having parades, festivals, fireworks, kite displays, and painting and decorating eggs, which represent new life. And this is where the tradition of eating chocolate eggs at Easter comes from — something that is enjoyed by Christians and non-Christians alike!

毎年4月の特別な日曜日に、私は家の中のあちこちに小さな卵形のチョコレートを隠し、それらを見つけるために友達に家の中を走り回ってもらうのが好きです。この特別な日曜日はイースター(復活祭)で、これらのチョコレートはイースターエッグとして知られています。この日は、4日間にわたって行われるキリスト教の復活祭の一部です。それは「聖金曜日」に始まり、キリスト教徒はイエスが亡くなったと信じているこの日を記念します—―これは教会暦の中でとても厳粛で悲しい日であり、私が住んでいるサイレンセスターのように、町内を巡る厳かなパレードが行われることもあります。

サイレンセスターの歴史は、イエスが生きていたと信じられているローマ時代までさかのぼります。聖金曜日には、イエスの格好をした人やほかにもローマ兵の格好をした人々が先導するパレードが町じゅうであります。彼らは、イエスの人生最後の瞬間を再現します。キリスト教徒は、その次の日曜日を「復活の日曜日」と呼び、彼らはその日にイエスが生き返ったと信じています—―この日は素晴らしいお祝いの日です!家族が特別な食事をするために集まることが多いです。イングランドでは、次の月曜日は祝日なので、非常に多くの人が4日間の週末を楽しみます。

イースターは世界中のキリスト教徒にさまざまな方法で祝われています、パレードや祝祭、花火、たこ揚げをしたり、新しい命の象徴である卵に色を塗ったり装飾をしたりします。イースターで卵形のチョコレートを食べる慣習はここから来ているのですが—―キリスト教徒も、そうでない人もこれを楽しむのです!

語注

(1)chocolate egg 卵形のチョコレート ★キリスト教で卵は生命の象徴と考えられており、イースターでは彩色した卵が飾られる。 (2)invite A to do Aに~するように勧める (3)race around ~ ~を走り回る (4)Easter Sunday イースター、復活祭 ★春分以降、最初の満月の次の日曜日。十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが3日後の日曜日に復活したとされ、それを記念する行事。 (5)Good Friday 聖金曜日 ★イースターの前の金曜日。イエスが十字架にかけられて処刑された日を記念する日。 (6)commemorate ~を記念する、~を追悼する (7)solemn 厳粛な (8)procession (式典の参加者などの)行列 (9)Cirencester サイレンセスター ★イングランド南西部の代表的な観光地。 (10)date back to ~ ~にさかのぼる (11)re-enact ~を再現する (12)Resurrection Sunday 復活の日曜日 ★ resurrectionは「復活、再現」の意。 (13)come back to life 生き返る 

キャロライン・ポーヴァー(Caroline Pover)

キャロライン・ポーヴァー(Caroline Pover) イギリス出身。エクセター大学卒業後、東京に15 年間住んでいたことがあり、現在はイギリス、コッツウォルズで暮らしている。著書に『One Month in Tohoku: An Englishwoman's memoir on life after the Japanese tsunami』『モテるデートスキル: 欧米人女性を虜にする秘密の方法』(いずれもAlexandra Press)など。 URL:https://carolinepover.com/