ENGLISH JOURNAL ONLINE

国際きき酒師が教える日本酒×英語/舞台芸術通訳・翻訳家のユーモアたっぷりな言語論【EJ新書】

EJ新書

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」の人気連載をまとめた電子書籍「EJ新書」、12月に2冊同時刊行!おすすめポイントを紹介します。

「EJ新書」シリーズは、「英語学習の、その先」を提示するWebメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」(EJO)の人気連載や、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)の特集を基にした、手軽でお得な電子書籍です。Amazon.co.jpなどで、絶賛発売中!

今回発売されるのは、国際きき酒師の藤代あゆみさんによる『日本酒オタクのほろ酔い英語』と、国内外の演劇祭や劇場で活躍する舞台芸術専門通訳者・翻訳家の平野暁人さんによる『元劣等生が褒められ好きの通訳・翻訳家になって考えたこと』の2冊です。

藤代あゆみ著『日本酒オタクのほろ酔い英語』

日本人である以上、外国の方に日本について聞かれることはよくある話。仲良くなりたいと思ったら、相手のことや相手の国のことを知りたいもの。英語はできるのに、日本のことを説明できないと、盛り上がりませんよね。

そんなときこそ、「日本酒」の話をしてみましょう!

本書は、日本酒オタクを極めて国際きき酒師・日本酒学講師の資格を取得した藤代あゆみさんが、日本酒の知識や世界で日本酒を紹介するための英語表現を教えてくれる一冊です。お酒が好き、英語を使った仕事に興味がある、英語を学習中など、すべての方におすすめの本です。

日本が誇る「酒(sake)」の一つである日本酒を楽しく学びながら、英語の表現も勉強できます。外国の方とコミュニケーションを取るきっかけや話題のネタにもなる「日本酒」を英語で学んでみませんか?ぜひ日本酒を片手にお楽しみください!

お酒が好き、英語を使った仕事に興味がある、英語を学習中など、すべての方におすすめの本です。

内容(抜粋

・日本酒とワインの違いって?外国人に英語で日本酒を説明しよう

・「ほろ酔い」って英語でなんて言う?外国人に日本酒の種類や特徴を英語で説明しよう

・においを表現するのにsmellはダメ?日本酒の香りと味わいを伝える英語表現

・世界で日本酒がブーム?外国人が好む日本酒タイプを英語で診断しよう

・英語を生かして世界で活躍する日本酒のプロ「国際きき酒師」のお仕事って?

・「雪冷え」に「花冷え」?「日本酒の温度の違い」を英語で説明するには?

・「休肝日」を英語で表現すると?日本酒をおいしく味わうための“Drink responsibly”

・「焼酎」って英語でなんて言う?世界のお酒を英語で学ぼう

・通訳のプロでも知らない?難しい日本酒用語を解説

推薦の言葉

日本酒が大好きで、気付けば日本酒漫画を描いていた私ですが、いざ日本酒の魅力や味わいを英語で伝えるとなるとどうしたら……と頭を抱えていました。対応する単語やフレーズがまったく浮かんでこないんですね。『日本酒オタクのほろ酔い英語』では、日本酒を飲むときによく使うフレーズを中心にあゆみせんせいがやさしく楽しく教えてくださるので、明快に把握できました。外国での日本酒事情も取り上げられており、お酒を介して英語でコミュニケーションする機会がある方の最初の一冊におすすめです。

―アザミユウコ/漫画家(代表作『白熱日本酒教室』)

 

大好きな日本酒を簡単な英語で紹介できるようになりたい方、必読!

著者の藤代さんは、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が認定する資格、「日本酒学講師」と「国際唎酒師」を有した日本酒のプロフェッショナルとして、シンガポールを中心に外国人へ日本酒を広める活動を行っています。本書は日々の活動の中で試行錯誤されながら積み重ねた藤代さんの実体験に基づいているため、教科書的な説明ではなく、英語さえも基礎からわかりやすく学べる内容が詰まっています。英語の勉強をしている方も、日本酒が好きな方も簡単な英単語や既に知っている用語を使ってすぐに実践できる、おすすめの一冊です。

―日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)

 

▼購入はこちら! 

平野暁人著『元劣等生が褒められ好きの通訳・翻訳家になって考えたこと』

ENGLISH JOURNALならぬ「ENGLISH JANAI(EJ)新書」の登場!?英語じゃないのに英語学習者にもおすすめ!

国内外の演劇祭や劇場で活躍する舞台芸術専門通訳者・翻訳家(日仏伊)が、珍しい仕事の裏話や、どの語学にも通じる最も大切なこと、外国語上達のコツ、翻訳論、演劇論、身体論、短歌体験、母語である高度な日本語の言語能力の身に付け方などを、流麗な筆致でユーモアたっぷりに紹介します。

読んだらやみつき、唯一無二の変幻自在な文体に快感を覚えるようになるでしょう。

語学・翻訳・通訳界からの新たなるエッセイストの誕生です。

推薦の言葉

「ワクワクし、ドキドキし、そして赤面する。」ジュネーブのCERN研究所で、多国籍の物理学者を率いて研究してきた僕と、仏伊翻訳・通訳の平野暁人さんとはSNS上のお友達。楽しみにしていたWEB連載刊行です。仕事では英語に不自由しない僕ですが、第8章の「言語強者を降りてみませんか。」には思わず赤面してしまいました。

―早野龍五(東京大学名誉教授)

 

AIによるポストヒューマン時代到来の翻訳世界において、あまりにヒューマンな翻訳家、平野暁人。

コミカルな活写とツッコミに満ちた語りは、舞台芸術界や国際交流の「あるある」を痛快に脱臼する。

このあまりに人間的な翻訳者の魂で濾過された言葉たちは、コロナ以後の世界におけるコミュニケーションを考えるための、最良のパワードリンクだ。

―相馬千秋(アートプロデューサー/NPO法人芸術公社代表理事)

 

舞台上演関係の通訳というのは外国語を使う仕事の中でもなかなか馴染みがなく、パッと思いつかないような仕事だと思いますが、そんなお仕事(とその苦労)の様子を楽しく知ることができる内容です。

―北村紗衣(武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授)

 

フランス語が話せるようになった理由を「がんばったから」だと憚りなく答える平野さん。

「がんばったから外国語ができるようになった」

この一見誰にでも言えそうな台詞はその実、誰よりがんばった人にしか口にできないものです。

才能に胡坐をかかず、努力を怠らない。語学人としてのあるべき姿がこの一言には込められています。

―志村響(フランス語教師、語学塾こもれび塾長)

 

平野さんは思ったことを包み隠さずに言う人だと思っていたけれど、言語と言語の間で、湧き水がとめどなくあふれるように、こんなにも感じ、考えていたのかと胸が熱くなったし、圧倒されたし、震えました。魂をこんなに豊かにトスしてもらえたら、関わるすべての人が嬉しいと思う。

―東直子(歌人・作家)

 

分野は多少違えど、同業者として人の真意を汲み取ることの難しさにいたく共感するとともに、機械翻訳や機械通訳が安易に持てはやされる昨今において、言葉を受け取り、紡ぎ、伝えるという極めて人間的な行為の本質とその計り知れなさ、豊かさに迫る平野氏のエッセイにはいつも魅了され、救われる思いでもある。

―今井美穂子(芸能通訳者)

 

文化と文化の間の、演出家と俳優の間の、芸術家と社会の間の板挟みにあって、それでも通訳は訳し続ける。今度会ったら、板挟みのうまい仏訳があるかどうか、平野さんに聞いてみようと思う。

―平田オリザ(劇作家・演出家)

 

▼購入はこちら!

「EJ新書」既刊本

まんがでわかる「have」の本

まんがでわかる「have」の本

  • 作者:大竹 保幹
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: 単行本
 
まんがでわかる「go」の本 EJ新書 (アルク ソクデジBOOKS)
 

「GOTCHA!新書」の人気作も引き続き発売中!

炎上論 これからのコミュニケーションと生き方 GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

炎上論 これからのコミュニケーションと生き方 GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

  • 作者: 茂木健一郎
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/04/24
  • メディア: Kindle版
新しいオンライン英会話の使い方 人気ブロガーのノウハウ満載! GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

新しいオンライン英会話の使い方 人気ブロガーのノウハウ満載 GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

  • 作者: 嬉野克也
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/04/24
  • メディア: Kindle版
濱崎流 TOEIC(R) L&Rテストの鍛え方?英語は格闘技 GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

濱崎流 TOEIC(R) L&Rテストの鍛え方~英語は格闘技 GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

 

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!