目指せ、聞き上手!英語の相づちはどのタイミングで打つのがベスト?

英会話で、「自分のリアクションって合ってるのかな・・・」と不安になったことはありませんか?連載「会話が弾む!リアクション英語」では、毎月、英会話コーチで大人気Podcastのパーソナリティーでもある「英語のそーた」さんが、会話が盛り上がること間違いなしのリアクション方法をレクチャーします!英語のそーたさんご本人による「解説付きオリジナル音声」もお楽しみください。

日本語と同じリアクションはNG!?

皆さん、こんにちは。英会話スクール「オンライン英会話OneWay」のコーチで、Podcast番組「台本なし英会話レッスン」パーソナリティーの「英語のそーた」と申します。

「会話が弾む!リアクション英語」では、全6回の記事を通して皆さんのリアクションへの意識が大きく変わる情報をお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、さっそく本題に入りましょう。

「えぇ、えぇ」「うん、うん」「はい、はい」。

日本人同士の会話でよく耳にするこのようなリアクション。

英語で会話をする際にも、相手が話している最中に言葉をかぶせる形でこのような音を発してしまっていませんか?

実は英会話シーンではこういったリアクションはNGです。

では、どのようなリアクションをどういったタイミングで打つのが理想なのでしょうか?

第1回では、以下の3つのポイントについてお話ししましょう。

① リアクションのベストタイミング

② リアクションはここから始めてみよう

③ リアクションが上手になる秘策

リアクションのベストタイミング

まず、英会話におけるリアクションのタイミングは「相手が無言になった隙間」、あるいは「相手が話し終わった後」がベストだと思ってください。つまり、相手が話していない瞬間にリアクションを入れるということですね。

僕も仕事柄、日常的にネイティブと会話をする機会があるのですが、彼らは僕の会話が止まるまで耳を傾け続けてくれます。

僕たち日本人がしてしまいがちな、「え!そうなんだ!」「うんうん」「へー!」といった、相手が話している最中のかぶせ気味なリアクションは、ネイティブにとっては「早く話せ!」と急かされている気持ちになると聞いたことがあります。

なので、リアクションは相手が無言になった隙間を見て入れてあげるのがベストなのです。

リアクションはここから始めてみよう

会話の隙間に入れるリアクション

では、どのようなリアクションがいいのでしょう?また、どのように練習を始めればいいのでしょうか?

まずは、相手が言葉に詰まったり、会話中に隙間ができたりした瞬間に入れるリアクション練習から始めてみましょう。

おすすめリアクションが3つあります。それは「①Uh-huh.(アーハン)」「②Um-hum.(ンーフン) 」「③Yeah.(ヤー)」です。ネイティブが非常によく使う言葉ですね。

まずは声に出して発音してみましょう。

① Uh-huh.  アーハン

② Um-hum. ンーフン

③ Yeah. ヤー

あまりたくさんのリアクションをいっぺんに使おうとすると頭が混乱してしまうので、まずはこの3つのリアクションを①〜③の順で入れていくことをおすすめします

相手の話に隙間ができたら「①Uh-huh.(アーハン)」、そしてまた話を聞き続けて、隙間ができたら「②Um-hum.(ンーフン)」、「③Yeah.(ヤー)」、① ② ③・・・といった要領です(ちなみに僕は②と③をよく使います)。

繰り返しになりますが、「アーハン、アーハン、ンーフン、ンーフン」と相手が話している最中に連呼してしまわないようにだけは注意してください。相手が言葉に詰まったり、隙間ができたりした瞬間に1つ入れてあげるだけで十分ですからね。

▼上記で紹介した3つのリアクションの解説付き音声はこちら!

相手が話し終えたときに入れるリアクション

次は相手が話し終えたときに入れるリアクションです。

種類はたくさんありますが、まずは鉄板リアクションを3つご紹介しておきます。それは「①I see.(なるほどね!)」「②That’s great!(いいね!)」「③I think so, too.(私もそう思う!)」です。

また声に出して発音してみましょう。

① I see. なるほどね!

② That’s great! いいね!

③ I think so, too. 私もそう思う!

この3つを押さえておけばたいていの会話終わりのリアクションは乗り切れます。

特にI see.は万能リアクションです。日本語でも「なるほどね!」という言葉はどんな会話終わりにも当てはめられるリアクションですよね。リアクションに困ったときはI see. を頭に思い浮かべて使ってみてください。

ですが、もちろん上の3つのリアクションがどうしても当てはまらない場合もありますし、もっと気の利いた言葉をリアクションとして入れたいと思われる方も多いと思います。

そんなバリエーション豊富なリアクションは次回以降の記事でご紹介していきますね。

▼上記で紹介した3つのリアクションの解説付き音声はこちら!

リアクションが上手になる秘策

最後に、リアクションが上手に打てるようになる秘策をお伝えしておきますので、次回の記事(2020年10月8日公開予定)までに練習をしてみてください。

誰しも、ぎこちない間を持たせずスムーズな流れでリアクションしたいものですよね。そこでおすすめしたい秘策が「5秒前行動」です。

「5秒前行動」とは、相手の会話が終わりそうな5秒前には「なんのリアクションをしようかな?」と考え始めるという意識のルールです。

僕は英会話コーチングの経験の中で、英語学習者の方をたくさん見てきましたが、リアクションを入れるタイミングが遅いせいで、結局なんのリアクションも入れられず会話が次に進んでしまう・・・というシーンをしばしば目にしました。

会話は待ってくれないので、「この人の話、そろそろ終わりそうだな〜」と思う5秒前には、何のリアクションをしようか考え始めてみてください。そうすればベストタイミングでリアクションを入れられるようになってくるはずです。

会話が楽しいものになるかならないかは、あなたのリアクションの仕方にかかっていると言っても過言ではないでしょう。それほどリアクションは会話において大切なので、タイミングを見失わないよう、ぜひ今日から「5秒前行動ルール」を意識しながら今回出たフレーズを使ってみてくださいね。

では最後に音声でメッセージをお送りしますのでお聞きください。

また次回の記事でお会いしましょう!

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

英語のそーた

英語のそーた 英会話コーチ、Podcastラジオパーソナリティー。1992年生まれ。神戸市外国語大学外国語学部卒業。「留学はしなくても英語は絶対に話せる」というメッセージを掲げ、大学在学中からSNSやYouTubeを通して英語学習コンテンツの作成・配信を開始。その後、学生起業。現在主宰する「オンライン英会話OneWay」では、英語だけではなくコミュニケーションの根本から見直すコーチングを実施。日本全国・世界各国から受講生が集まっている。4年司会を務めるラジオ番組「台本なし英会話レッスン」は1500万DL突破。英語の楽しさ、その先にあるモノを配信中。
Instagram:@eigonosota
Twitter:@wn7m32g6uj31k