「プレゼンでやらかしちゃった」って英語でなんて言う?

「遠くの別の世界に逃げてしまいたい」って英語でなんて言う?

写真を描写したりそこから連想できたりする、ちょっと笑えて考えさせられる英文でフレーズを学びましょう。同時通訳者の横山カズ先生が解説する、1カ月、毎日更新の記事です。英文を音読するだけでも、スピーキング力が上がりますよ!第1回のお題は「夜空に光る星」の写真です。

空に光る星は・・・

写真でエモ大喜利

画像:Yian CongUnsplash

A luminous object is flying away from the earth and reaching out into the space.

発光物体は宇宙のかなたへ飛び立っていく。

reach out into ~は「~の彼方へ飛ぶ」の意味。現実逃避の妄想にはflyがぴったりです。flyは仮定法過去との組み合わせもよく使います。I wish I could fly to you.(君のところまで飛んでいきたい)

That’s exactly the way I want to be right now.

それはまさに私の心の状態。

the way I want to beは「私がそうありたい姿」であることから転じて、「心の状態」を表します。「心」と聞けばheart、mindといった言葉を思い付きがちですが、「(心が)欲するもの」という文脈でも「心」は非常によく使われます。ここでは、the way I want to be(私がそうありたい姿/状態)と表現してみました。 

I totally blew it in the presentation at work.

仕事のプレゼンで思いきりやらかしちゃった。

blowには「~を爆破する」といった意味もありますが、blow itだと「やらかす」の意味の定番表現です。made a (big) mistakeのような表現ももちろん使えますが、このblew itはカジュアルな表現で、映画やドラマでも驚くほどよく使われます。

この場合のitは「すべて/(状況の)全部」という意味で、You blew it.で、「やっちゃったね」「(すべてを)台無しにしたね」「(君のせいで)パーになった」という意味になります。過去形で使われることが圧倒的に多いことからも「やってしまった」というニュアンスを強く感じることができますね。

I want to run to any place far from here.

もうどこでもいいから遠くの別の世界に逃げてしまいたい。

escapeではなくrunを使うことによって、追い詰められた感じ、すなわち切迫感を出すことができます。突然起こった事故や事件、突発的なトラブルに巻き込まれそうなとき、敵が迫ってきたときなどに、Run!と言えば、「(とにかく)逃げろ!」という意味になります。

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

横山カズ

文:横山カズ @KAZ_TheNatural

関西外国語大学外国語学部スペイン語学科卒。同時通訳者。翻訳家。武蔵野学院大学元実務家教員。 三重海星中・高等学校 英語科特別顧問。学びエイド、リクルート・スタディサプリENGLISH講師。英語を日本国内で独学し、多分野で同時通訳者として活躍中。楽天では英語社内公用語化に貢献する。英語4技能・英語スピーキングのエキスパートとして日本全国で授業と講演を行う。発音テストEPT(R) 100(満点)。ICEE(国際英語コミュニケーション検定)2回優勝。英検1級。著書多数。