facebookinstagramtwitter
イギリスっぽく「からかう」ってなんて言う?【映画で英語】
  !

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれで すぐに 使える英語表現を毎回一つ紹介します!映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』から、イギリスっぽく「からかう」と言うときの表現です。

今日のおすすめ表現

to take the mick
今回のフレーズは、かなりイギリスっぽい表現です。 「からかう」「バカにする」「おちょくる」などの意味がありますto take the mick out of someoneが正しい(?)センテンスなのですが、「誰」がはっきりしているときは、 out of someoneは割愛することもよくあります。

表現の出どころ

今回のフレーズも、 前回同様 、映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(原題:A Street Cat Named Bob)から。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ DVD
  • 発売日: 2018/02/22
  • メディア: DVD
冒頭で「イギリスっぽい表現」と書きましたが、この映画は、ロンドンであった実話をもとに作られた作品です。

原作はジェームズ・ボーエンが書いた、『ボブという名のストリート・キャット』(辰巳出版)です。

ボブという名のストリート・キャット
 
実は映画にも、ジェームズ本人がちらっと登場します。顔を知らなくても、 すぐに 本人だとわかるようなユーモアあふれるせりふを言うので、注意深く見ていてくださいね。

この映画は、ストリートミュージシャンをしながらホームレス生活をしていたジェームズが、野良猫のボブを拾ったことで物事が好転し、ホームレス状態にある人や生活困窮者が路上で販売する雑誌「ビッグ・イシュー」を売る仕事をするようになって生活を立て直していく様子が描かれています。

原作者のジェームズは猫のボブを「命の恩人」と呼んでいますが、ボブが死んでしまった話は 前回 書きましたよね。そのニュースを報じたイギリスの新聞ガーディアンには、ビッグ・イシューの編集長の談話が載っています。

これまでビッグ・イシューで何度もボブが表紙を飾りましたが、そのたびにファンが買いに来て売り上げが上がったため、雑誌の売り子たち(多くは、自身もホームレスの人たちです)は喜んだものだった、と編集長はガーディアンに話していました。

表現の使い方

映画のお話では、ジェームズはロンドンのエンジェル駅の前でビッグ・イシューを売っています。そこに、ボブとジェームズと一緒に写真を撮りたい、という人たちの人だかりができます。写真撮影に応じつつビッグ・イシューを売っていると、ジェームズはスーツを着た男性にExcuse me, mate.と声を掛けられます。

ジェームズもHey, mate.と応じますが、この“mate”もいかにもイギリス英語っぽい表現です。アメリカ英語なら“buddy”というところでしょうか。

さてこのスーツを着た男性ですが、こう自己紹介します。

I'm from the Islington Tribune . Would you mind if I did a story on you and the cat?

イズリントン・トリビューン *1 の者です。あなたと猫について記事を書いてもいいですか?

この言葉を聞いたジェームズはいぶかしそうにこういいます。
Are you taking the mick?

からかっているの?

スーツを着た男性と交わした言葉にmateがあることからもわかるように、 to take the mickはかなりカジュアルなやり取りの中で使われる表現です。

まとめ

to take the mickは、イギリスのスラングで、「からかう」「ふざける」などの意味があります。別の言い方をすれば、 to make a fun of someoneということ。アメリカ英語ではmickの代わりに、mickeyなどを使う方が一般的のようです。

本来は to take the mick out of someoneと表現します。例えばジェームズのせりふの表現であれば、Are you taking the mick out of me?という感じ。ただジェームズのせりふのように、「誰を」まで言わなくても明らかな場合は、 out of someoneの部分は省略が可能です。

本連載がEJ新書になりました!

本連載「映画で英語」がEJ新書(電子新書)になりました!たっぷり14作品から使える英語表現をご紹介するお得な1冊。「映画で英語を学びたいけれど、何から始めたらいいの?」という方にぴったりです。追加原稿も加わり、さらにパワーアップ!

▼ご購入はこちらから

文:松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。
Blog: https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter: https://twitter.com/sugarbeat_jp

*1 :ロンドン北部イズリントンの無料新聞

RELATED ARTICLES関連記事

イギリスやアメリカで人気のペットの名前って??在日外国人3人の動物対談【音声付き】
イギリス人にも難しい?!複雑すぎる「イギリス英語」の階級【ブックレビュー】
知らないと「イタイ人」になっちゃうかも!?世界と日本の動物法の違いや英語の動物関連用語を紹介!
『ブリティッシュ・ベイクオフ』に学ぶ英語表現!「運任せ」って英語でなんて言う?
【杉本 彩さんインタビュー】「アニマルウェルフェア」は全ての人に関わる問題です
愛を告白する感動のセリフは?人気ドラマ『Gossip Girl』から恋愛英語フレーズを紹介!

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る