you can’t tell me nothingは肯定?否定?チョーサーの詩にもヒット曲にも登場!英語の「ダブルネガティヴ」【北村紗衣】

文学&カルチャー英語

英語は、文学、映画やドラマ、コメディーや歌などに楽しく触れながら学ぶと、習得しやすくなります。連載「文学&カルチャー英語」では、シェイクスピア研究者で大学准教授、自称「不真面目な批評家」の北村紗衣さんが、英語の日常表現や奥深さを紹介します。今回のテーマは、肯定なのか否定なのかがややこしい「ダブルネガティヴ」です。

シェイクスピアが若者への愛をダブルネガティヴで詠む

今回は「ダブルネガティヴ」、つまり1文に2回(以上)、否定語が出てくる文を取り上げます。

まずは、こちらの動画をご覧ください。新型コロナウイルス感染予防で外出できなくなったファンのために、イギリスの俳優で、シェイクスピア劇や『スター・トレック』シリーズで有名なパトリック・スチュワートが、ウィリアム・シェイクスピアの「ソネット19番」を朗読しているところです。

ソネットは14行の短い詩です。シェイクスピアのソネット集というのは、緩いつながりを持ってまとめられている短詩を、154首集めたものです。

今回、注目してほしいのは、この9行目から10行目です。

O, carve not with thy hours my love’s fair brow,

Nor draw no lines there with thine antique pen;

シェイクスピアのソネットは、1番から126番までは、通称「麗しの若者」と呼ばれている美青年に向けて書かれていると考えられています。19番では、語り手の詩人が、「時」に対して、愛する人の美貌に老いをもたらさないでくれと要求しています。

ここに出てくるthyとかthine(これらの単語については、第6回記事をご覧ください)は、1行目と6行目にあるTime、つまり「時」を指します。ソネット集では、この「時」は擬人化されており、若さや美、健康を奪っていく、一種の死神として描かれています。

my loveは「僕のいとしい人」で、ここではソネットの呼び掛けの相手であり、詩人が愛している麗しの若者を指します。

antique penは「古めかしいペン」ということで、年を取ると増えてくる額のしわを、時が絵を描いているのに例えています。

あれっと思うのが、Nor draw no linesです。1文にNorとnoが出てきているので、「線ナシで描かないようにするな」、つまり「線を描け」ってことなのかな?と思ってしまうかもしれません。

しかし、これは実は否定の強調で、「絶対に線を描くな」という趣旨になります。訳してみると、こんな感じです。

ああ、僕のいとしい人の美しい額に時を刻むのなんて駄目だ

おまえの古めかしいペンで、そこに線なんか描くんじゃないぞ

ダブルネガティヴは「二重否定」ではない?

1文に2回も否定語が出てくるこうした表現は、double negative(ダブルネガティヴ)と呼ばれています。日本語では「二重否定」と訳されることも多いのですが、「二重否定」というと、漢文で習う、否定が2つ重なって強い肯定になるものを想像しやすいので、この記事では便宜的に「ダブルネガティヴ」と呼ぶことにします。

英語でも、I never eat anything without washing my hands.(私は手を洗わずに何か食べるなんてことは絶対しません)、つまり「私は何か食べるときは必ず手を洗います」というように、否定が2つで強い肯定になるものはあります

しかし、notやnor、noなどが一緒に使われる場合、多くは否定の強調になります。

チョーサーも「否定の強調」としてのダブルネガティヴを多用

否定の強調としてのダブルネガティヴは、今の英語では標準的でないもの、方言とされています。でも、昔の英語にはよく登場し、特にリズムを整えながら強調するために詩人が好んで使いました。

シェイクスピアもダブルネガティヴが大好きです。また、14世紀に中英語で書いた詩人ジェフリー・チョーサーは、1文に3、4回も否定語が出てくる文を平気で作りました。例えば、こんな文章が頻出します。

Ther nas no man nowher so vertuous.

The Canterbury Tales, General Prologue, 251

中英語なので難しいのですが、一度声に出して読んでみると、多少わかりやすいかと思います。

TherはThere、nasはne wasの短縮でwas notと同じ意味、nowherはnowhereです。vertuousはvirtuousで、ここでは現代英語の「徳高い」よりもむしろ「力強い」に近い意味でしょう。

現代英語にすると、There was not no man nowhere so virtuous.となります。

nas、no、nowherが否定語ですが、これは否定の強調になり、「あんなに強い男はどこにもいなかった」という意味になります。

この文はダブルネガティヴが目立つ文として有名で、文法書の『アメリカン・ヘリテージ』からウィキペディアまで、ダブルネガティヴの解説に頻繁に登場します。

カニエ・ウェストなどアメリカのヒット曲に登場

私が初めてチョーサーのこの詩句を見たときに、「カニエ・ウェスト*1みたいだな」と思いました。それも無理はない、というか、現在、ダブルネガティヴを耳にする機会としては、アフリカ系アメリカ人の英語か、イギリスの労働者階級の英語が多いかと思います。

標準的な英語からは外れてしまったダブルネガティヴですが、上記のような英語では強調表現として根強く残っています。今でもブラックミュージックでは、チョーサーやシェイクスピアばりのダブルネガティヴが使われているのです。

マーヴィン・ゲイ&タミー・テレルの“Ain’t No Mountain High Enough”や、カニエ・ウェストの“Can’t Tell Me Nothing”は、タイトルからしてダブルネガティヴです。

この2曲は両方とも、タイトルで主語が省略されています。

歌詞を聞くと、“Ain’t No Mountain High Enough”では次の文が出てきます。

There ain’t no mountain high enough … to keep me from getting to you

あなたのところに行き着くのを阻むくらい高い山なんてない

ain’tは、be動詞+notの短縮形の一種です。

“Can’t Tell Me Nothing”の歌詞は、シンプルにこうなっています。

you can’t tell me nothing

おれには何も言えないだろ

文脈からすると、こういった日本語訳になるでしょう。

イギリスではローリング・ストーンズやピンク・フロイド

イギリスのくだけた英語に出てくるダブルネガティヴとしては、ローリング・ストーンズの “(I Can’t Get No) Satisfaction”と、ピンク・フロイドのAnother Brick in the Wall, Part II”があります。

前者は「ぜんっぜん満足できねえよ」くらいの意味で、ダブルネガティヴはフラストレーションがたまっている感情を表していると考えられます。

後者は最初にとても有名なWe don’t need no education(教育なんか要らないよ)という歌詞があり、これはイギリスの労働者階級の英語を使って硬直的な教育を批判していると考えられます。

ドラマでダブルネガティヴの歌詞がネタに

ピンク・フロイドのこの歌は社会風刺を含んだ内容で、わざとダブルネガティヴを使っているのですが、これをネタにしたテレビドラマがあります。

2006年からイギリスで放送されていたシットコム『ハイっ、こちらIT課!(The IT Crowd)』第1シーズン第4話のオープニングで、主人公の一人であるロイ(クリス・オダウド)がこの歌詞を、♪We don’t need no education♪と口ずさむと、同僚であるモス(リチャード・アイオアディ)が、Yes, you do. You’ve just used the double negative.と言います。

Yes, you do.はYes, you do need education.なので、このセリフは「いや、教育が要るよ。今ダブルネガティヴ使ったとこでしょ」という意味になります。これはつまり、ダブルネガティヴが標準英語ではなく、教育がある人は使わないということをネタにしたジョークです。

「非標準」というより「生きた英語表現」

今回は、チョーサーから最近のドラマまでいろいろな例を紹介しました。

覚えておいていただきたいのは、ダブルネガティヴは標準的な英語ではないと言われていますが、実は古い歴史があるもので、さらに最近でも結構よく使われていて、歌などにも出てくる、ということです。

なんだかんだでちょっと複雑な表現なので、自分で使ってみるのは特におすすめしませんが、出くわしたときに理解できるよう覚えておく必要はあると思います。

そして、こういう英語は標準英語ではないから、などと言ってばかにしないことが重要です。その点、『ハイっ、こちらIT課!』のモスのような態度はお手本にせず(モスはまったく空気を読まないキャラクターという設定なので、そういうところが面白いわけですが)、こういう表現は生きた英語だと思ってしっかり理解するようにしましょう。

参考文献

※シェイクスピアのソネットの引用はフォルジャー版、チョーサーの引用はリヴァーサイド版により、日本語訳はすべて拙訳です。

■William Shakespeare, Complete Sonnets and Poems, ed. Colin Burrow, Oxford University Press, 2002.

The Complete Sonnets and Poems (The Oxford Shakespeare)

The Complete Sonnets and Poems (The Oxford Shakespeare)

  • 発売日: 2008/05/15
  • メディア: ペーパーバック
 

■William Shakespeare, Shakespeare’s Sonnets, ed. Barbara A. Mowat and Paul Werstine, The Folger Shakespeare Library, 2004.

Shakespeare's Sonnets (Folger Shakespeare Library)

Shakespeare's Sonnets (Folger Shakespeare Library)

 

■William Shakespeare, Shakespeare’s Sonnets, The Arden Shakespeare Third Series, ed. Katherine Duncan-Jones, Bloomsbury, 2019.

Shakespeare's Sonnets (The Arden Shakespeare: Third Series)

Shakespeare's Sonnets (The Arden Shakespeare: Third Series)

 

■Geoffrey Chaucer, The Canterbury Tales, ed. Ichikawa Sanki, 研究社, 1935.

▼「Penguin Classics」版はこちら↓

The Canterbury Tales (Penguin Classics)

The Canterbury Tales (Penguin Classics)

 

■Geoffrey Chaucer, The Riverside Chaucer, gen. ed. Larry D. Benson, Houghton Mifflin, 1987.

▼「Oxford University Press」版はこちら↓

The Riverside Chaucer

The Riverside Chaucer

 

■ウィリアム・シェイクスピア『ソネット集』高松雄一 訳、岩波文庫、1997。

ソネット集 (岩波文庫 赤 205-5)

ソネット集 (岩波文庫 赤 205-5)

 

■ジェフリー・チョーサー『カンタベリ物語』全3巻、西脇順三郎 訳、ちくま文庫、1987。

▼電子書籍版はこちら↓

カンタベリ物語(上) (ちくま文庫)

カンタベリ物語(上) (ちくま文庫)

 
カンタベリ物語(下) (ちくま文庫)

カンタベリ物語(下) (ちくま文庫)

 

The American Heritage Guide to Contemporary Usage and Style, Houghton Mifflin, 2005.

American Heritage Guide to Contemporary Usage and Style

American Heritage Guide to Contemporary Usage and Style

  • 発売日: 2005/09/28
  • メディア: ハードカバー
 

人気連載に書き下ろしを加えた北村紗衣さんの電子書籍

北村さんの人気連載「文学&カルチャー英語」第1~6回と「大学の英語教育」前後編に、電子書籍のための書き下ろし4章分を加えた電子書籍『不真面目な批評家、文学・文化の英語をマジメに語る』が発売中!

追加の章は、SFドラマ『マンダロリアン』アイルランドの人気お笑いグループによるジョーク、ヴィクトリア朝のオスカー・ワイルド、そしてモダニズム文学のキャサリン・マンスフィールドです。

英語圏の質の高いカルチャーを題材に学ぶことで、楽しいから続けられて、高い英語運用能力を得る上で必須の文化的背景も理解できるようになります。

▼詳細・購入はこちら↓

北村紗衣

文:北村紗衣(きたむらさえ)

武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授。著書に『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち──近世の観劇と読書』(白水社、2018)、『お砂糖とスパイスと爆発的な何か──不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』(書誌侃侃房、2019)など。

ブログ:https://saebou.hatenablog.com/

編集:ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部/トップ写真:山本高裕(編集部)

*1:アメリカのミュージシャン