facebookinstagramtwitter
LGBTなど多様な性の英語表現:敬称や代名詞はどうする?注意点は?

お茶の水女子大学が2020年度からトランスジェンダーの学生を受け入れると発表したり、ロバート・キャンベルさんが同性愛者であることを公表したり、スカーレット・ヨハンソン(ジョハンソン)さんが批判を受けて映画『Rub & Tug(原題)』のトランスジェンダー男性の役を降板したり、ドイツで「第三の性」としての登録が認められたりするなど、国内外でLGBT 1 やSOGI 2 に関するニュースを見聞きすることがますます多くなっています。その中で、世界では、「男女」の 区分 にとらわれない新しい英語表現が広まっています。タレントで文筆家の牧村朝子さんに教えていただきましょう。

男女二元論は絶対なのか?

「人間は、男か女の二種類だ。HeかSheかに分けられる」

この考え方を、男女二元論(gender binary)と言います。

ですが人間は、二種類どころか千差万別。

「Sheで呼んだら、Heだと訂正された」

「マツコ・デラックスさんを英語で説明するときは、She?それともHe?」

英語を学び、使う上で、こんなふうに頭を抱えることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、「男か女か」の二色より、もっとカラフルにあなたの英語表現を彩る表現をお伝えします!(マツコさんがSheなのかHeなのかは、記事の最後で!)

HeでもSheでもない、単数形のthey

HeかSheかでは表現しきれない人の生き方を、どう英語で言えばいいか?ひとつの解決策として、単数形のthey( singular they)という文法が広まりつつあります。

これは、性別を限定しない代名詞。日本語の「その人は」に近い感覚で使えます。

They are proud of themself.

その人は自分を誇りに思っている。 ※まれにThey isと表記する場合も。

Their preferred pronouns are “they/them/theirs.”

その人が自分を指す代名詞はthey/them/theirsだ。

単数のtheyを使う場合の文法はこちらです。
  • 動詞の活用は三人称単数(He/She)と同じ。
  • ただし 、be動詞は複数形の形(are/were)になることが多い。
  • 本人を指す再帰代名詞は、themselvesではなく、単数のthemselfになる。
こうした用法は、少なくとも19世紀から議論されている、歴史あるもの。

「Oxford」「Merriam Webster」 といった有名辞書の公式サイトや、出版業界人向け文法・表記マニュアルである 「The Chicago Manual of Style(CMOS)」 、報道記者向け文法・表記マニュアルである 「AP Stylebook」 にも収録されています。

2018年5月には、男女二元論に当てはまらない(nonbinary)ライターでアーティストのTheo Nicole Lorenz氏が、「私を指す代名詞theyについて、73歳の伯母が教会の文芸部で詩を書いてくれました」と一編の詩 *3 をTwitterで紹介。10万件以上の「いいね!」を集めています。

……でも、あれ?ちょっと待って。

このTheoさんは、おいっ子(nephew)なの?めいっ子(niece)なの?

なんて、疑問に思われたのではないでしょうか。そこで続いては、「brother/sister」「niece/nephew」などの単語について、二元論的でない(nonbinary)表現をご紹介します。

男女二元論にとらわれないnonbinaryな英単語

!
Masculine Feminine Nonbinary
fathermotherparent
sondaughterchild
brothersistersibling
niecenephewnibling
uncleauntpibling (parent’s sibling) / auncle
boyfriendgirlfriendsteady
husbandwifepartner
いかがでしょうか。特に印の「nibling/pibling/auncle」については、聞いたことがないという方が大半だと思います。まだ生まれたばかりの、辞書にはまず載っていない単語です。

このような「辞書にはないのだけれども使われている」という単語は、他にもたくさんあります。もっと調べたい場合は、「nonbinary vocabulary」で検索してみたり、nonbinaryな英語話者に聞いてみたりするといいでしょう。

続いては、nonbinaryな敬称についてご紹介しましょう。

Mr.やMs.などのbinaryな英語の敬称と、nonbinaryな敬称

表記読み方対象
Mr./Mrミスター男性
Ms./Msミズ女性
Miss ミス未婚女性※特に相手が望まない限り、使わない方が無難です(女性だけを結婚経験で区別するような表現であるため)。
Mrs./Mrsミセス既婚女性(相手と離婚・死別した人も含めて)※同じく、相手が望まない限りは使わない方が無難です。
Dr./Drドクター医師はじめ、博士号保持者
Prof.プロフェッサー大学教授
Mx./Mxムクスミクス

エム・エクス

自分が男であるとも女であるとも言い切りたくない人男女の区別にとらわれない考え方をする人
敬称Mx.は、2015年にOxford English Dictionaryに収録されたことで有名になりました。この敬称を芸名に入れて活動する、Mx. Justin Vivian Bond というシンガーソングライターもいます。余談ですが、性の多様性だけではなく、文化的多様性を考えて敬称を付けることも増えてきています。日本語と英語を両方話す人同士でも、「-san」「-sama」などを使うことはありますよね。2017年の BBC報道 によれば、国際的金融グループのHSBCは、Mr./Mrs./ Ms./Mx.に加え、例えば次のような敬称を顧客が選択できるように準備したということです。
  • M.(フランス語の敬称、Monsieurの略)
  • Ser.(ラテンアメリカ系の敬称)
また、「社会的性別も文化的背景も私の一部にすぎない。私は私だ」という考え方から、次のような敬称も生まれてきています。

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る