ブレケル・オスカル

「せっかく」は英語にどう訳す?外国人が気に入る!日本語ならではの表現

スウェーデン人の日本茶インストラクター、ブレケル・オスカルさんお気に入りの日本語は、「せっかく」と「さすが」。訳そうとすると難しく、英語や母語で話すときもそのまま使いたいくらいなのだとか。違いがあるからこそ面白い、言語の面白さとは?

「外国人なのに漢字上手だね」って言われたときの私の反応【英語学習のヒント】

外国語として学んだ日本語の語彙力をよく褒められる、スウェーデン人の日本茶インストラクター、ブレケル・オスカルさん。人としての能力をフル回転させる、漢字の習得法とは?英語学習にも生かせるコツです。

英語のacquired tasteってどんな意味?海外で急速に人気が高まった日本茶の秘密

スウェーデン人が日本茶インストラクターになるほど激しく恋に落ちた日本茶の魅力とは?それを世界で紹介するときに行っている工夫とは?連載「スウェーデン人ブレケル・オスカルの 僕と日本茶しませんか?」の第3回。

「青い目の日本茶伝道師」が日本と日本語に惚れたワケ!美しい「悪魔の言葉」との格闘

スウェーデン人が遠く離れた日本と日本語、そして日本茶にまで興味を持った理由とは?大人から始めて効果がある語学の習得法は?同国初の日本茶インストラクターによる連載「スウェーデン人ブレケル・オスカルの 僕と日本茶しませんか?」の第2回。

スウェーデンにも「本音と建前」文化が!?外国人の日本茶インストラクターが語る「母国の魅力」「英語力が高い理由」

スウェーデン人にとって、日本の文化はアメリカなどよりも親近感が湧く点もあるそうです。意外な共通点や、同国の人々の英語力が高い理由とは?同国初の日本茶インストラクターによる連載「スウェーデン人ブレケル・オスカルの 僕と日本茶しませんか?」の第…