「充電時間」って英語でなんて言う?トヨタがEVの弱点を一気に解決する技術の実用化を発表

海外メディアが報じたニュースから、英語表現を学びましょう!今回は、トヨタがEVの弱点を解決する技術の実用化を発表したニュースを取り上げます。

EVの懸念点を解決する新技術

時事英語専門のオンライン辞書サイト「RNN時事英語辞典」編集長の廣川です。

6月13日、トヨタがEV(電気自動車)の開発に本腰を入れ、EVの弱点とされる充電時間と航続距離を一気に解決する技術を実用化する方針を発表しました。今回はこのニュースを見ていきます。

At a recently held technical briefing, Toyota revealed plans for several new technologies, including next-gen EV batteries, aerodynamic drag reduction, and manufacturing upgrades to help transform the company in the electric era. After discovering a breakthrough, Toyota says it aims to offer solid-state EV batteries that could potentially offer over 900 miles driving range.

先日開かれた技術説明会で、トヨタは次世代EVバッテリーや空気抵抗の軽減、電気時代への会社の変革を推進する製造技術向上などを含む幾つかの新しい技術計画を発表した。問題を解決する画期的な方法を発見し、トヨタは900マイルを超える航続距離を実現する可能性のあるEV用全固体電池の提供を目指しているという。

記事引用元:Electrek

全固体電池」という技術が今回の発表の目玉です。

キーワード

  • EV 電気自動車 ※=electric vehicle/electrical vehicle。
  • aerodynamic drag 空気抵抗
  • breakthrough 問題を解決する画期的な方法の発見
  • solid-state battery 全固体電池
  • driving range 航続距離 ※車が1回の燃料補給(EVの場合は充電)で走行できる距離。

An EV powered by a solid-state battery would have a range of 1,200 km and charging time of just 10 minutes, Toyota said. By comparison, the Tesla Supercharger network - the largest of its kind - offers the equivalent of 321 km of charge in 15 minutes.

全固体電池で動くEVは、たった10分の充電時間で1200kmの航続距離になるとトヨタはしている。比較として、同種で最大規模の充電設備ネットワークTesla Superchargerでは、15分の充電で321km相当だ。

記事引用元:Reuters

現行のEVと比較し、全固体電池を搭載したEVの充電時間は短く、そして航続距離は長くなります。

キーワード

  • charging time 充電時間

今までの電池と何が違う?

全固体電池はこれまでの電池とどう違うのでしょうか。

Solid-state batteries use thin layers of solid electrolytes that carry lithium ions between electrodes.
(全固体電池は電極間でリチウムイオンを運ぶのに、薄い層状の固体電解質を用いる)

The lithium-ion (li-ion) batteries widely in use, by contrast, use liquid electrolytes.
(対して幅広く使用されているリチウムイオン電池は、液体の電解質を使う)

(中略)

Solid-state batteries can hold more energy than liquid lithium-ion batteries, a gain that would potentially speed the transition to EVs by addressing a consumer concern: range.
(全固体電池は液体を使うリチウムイオン電池より多くのエネルギーを保持でき、消費者の懸念である航続距離に対処することで、EVへの転換を速める利点となる)

Toyota said it has overcome an issue with the durability of solid-state batteries that would pave the way for production, which it expects to begin in 2027-2028.
(トヨタは全固体電池の耐久性に関する問題を解決し、2027年から2028年中に生産を開始する予定であると発表した)

記事引用元:Reuters

現在主流の電池はリチウムイオン電池。スマートフォンなどでも広く使われています。電池の中身は液体です。今回注目されている全固体電池は「耐久性」が課題だったのですが、これを克服できる目途が立ち、今後は量産方法の確立やコスト削減を進めるとのこと。

キーワード

  • electrolyte 電解質
  • electrode 電極
  • consumer concern 生活者・消費者の懸念
  • durability 耐久性
  • pave the way for ~ ~の道をひらく

水素へのこだわりも

トヨタはかねてから水素社会の到来を予想し、水素エンジンの開発を進めてきました。EVへシフトはしつつも、水素へのこだわりはまだ捨てていないようです。

Hydrogen is still expensive and usually made using fossil fuels, although it can be made using renewable energy. Toyota said it’s working with various partners to produce cleaner and cheaper hydrogen.

水素はいまだ高価で通常は化石燃料から作られるが、再生可能エネルギーを使って得ることができる。トヨタはよりクリーンで安い水素製造のために、さまざまなパートナーと協業している。

記事引用元:AP News

キーワード

  • hydrogen 水素
  • fossil fuel 化石燃料
  • renewable energy 再生可能エネルギー

いかがでしたでしょうか。今回は、理科系の用語を多めにご紹介しました。電気自動車の性能や使い勝手を大きく左右する電池。各自動車メーカーがよりハイパフォーマンスな電池の開発に力を入れる時代になりました。

次回をお楽しみに。

廣川さんが解説する英語ニュース一覧

EJ
廣川 亘(ひろかわ わたる)

RNN時事英語辞典」編集長。1998年に同サイトを立ち上げる。RNNは「Rapid News Network」の頭文字。最新の英文ニュースを常にウォッチし、多用されるキーワードや現代用語、専門用語を多数収録する。

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録