建物の「一階」って英語でなんていう?イギリス英語とアメリカ英語の違いを解説【Quick Chat】

English Journal の老舗人気コーナーがYouTubeで復活。 アメリカ英語とイギリス英語の違いについてマイクとアンが語ります。今回のテーマは、「建物の階の数え方」についてです!

YouTubeはこちら!

イギリス英語とアメリカ英語の違いをトーク!! Ground floor VS First floor

Michael : YouTubeをご覧の皆さん、こんにちは!マイクです。

Ann: アンです。またご一緒できることを嬉しく思っています。

Michael : 今日のトピック・・・というか、テーマとなるワードなんだけど。

Ann : 今日のトピックについては、ちゃんと考えてみないと、不可解だと感じていたことで、建物の「階」の数え方についてなんだけどさ、アメリカでの数え方のほうが、完璧に理にかなっていると思うんだよね。あなたたちの数え方って、ハハハ.、つまり、どうして・・・

Michael : 「俺たちの」、OK、そうだね・・・

Ann : だってさ、1階は“first floor”じゃない?だから、イギリス人が“first floor”と言わないのは・・・

Michael : イギリス人は「1階」とは呼ばないね。“ground”なんだから「地上階」と呼ぶよ。で、その上の階を1階と言う。日本に来た当初は、これ凄い混乱したんだよね。というのも、日本はアメリカの慣例に従ってるじゃない?多分、他の国もその慣例にも従っているよね。“ground floor”を“first floor”と呼ぶのは、非論理的だよ。当然イギリス人は、エレベーターに乗ったら、「G」を探すよ。

ありゃ、つい僕 “エレベーター”って言った。この場合、イギリス流にエレベーターじゃなくて“lift”って言うべきだったね。というわけで、僕は“lift”に乗るよ。いつも小さな「Gボタン」がないか探すんだけど、もちろん、そこにはないわけ。本当に困っちゃうよ。アンは全く問題なし?

Ann : そうだね!「1階」という表現に最初にであったのは日本にやってきたとき?

Michael : そう!イギリス以外では違う数え方をしているなんて、全然知らなかったんだ。オーストラリアは、イギリスの慣習に従っていると思うんだよね。

Ann : そう。他にもそういう国はあるよ。私が初めて「イギリス流」に出会ったのは、フランスにいたときなの。若い頃、パリで1年仕事をしていたんだけど、エレベーターに乗っていて、「1階に行こう」と思ったら、
そこは私たちでいう「2階」だったんだよね。よく見たら“rez-de-chaussée”と書いてあって、要するに“ground floor”だよね。「珍しい~」と感じたのを覚えています。マイクは私とは違う環境下で育ったってことね。

もう一つ、階の数え方に関することで、私がいつも風変わりだと思っているのは、これってイギリスでも同じかな、13階がないことよね。イギリスでもそう?

Michael : わかんないな、全然気がついたことないよ。そうなっていると思うけど、それがイギリス由来だという記憶はないな。っていうか、日本でも同じのがあるよね。

Ann : 〔病院などでは〕4階がないよね。だから、しばしばアパートではその階をスキップするんだよね。11、12、そして14と進んでいきます。

Michael : もうひとつ、英国では目にしなかったので驚いたのが、「M」です。

Ann : “Mezzanine”

Michael : 「中二階」のことね。初めて遭遇したとき、とても珍しいと思ったよ。

Ann : なんかハリー・ポッターのようだと思わない?

Michael : 隠された床ね!

Ann : さて、そろそろ終わりにしましょうか。

Michael : 残念だけど、いつまでもしゃべれそうなテーマだからね。

Ann : ご視聴ありがとうございました!また次回お会いしましょう。

今回の会話にでてくる重要単語表現

  • 【米】first floor / 【英】ground floor”  一階/地上階
  • convention 〔集団内の〕因習、しきたり、慣習、慣例
  • 【英】lift エレベーター
  • multilevel 複数のレベル[段階・階層]の[から成る]
  • luxury 豪華さ、ぜいたく
  • condominium 〈米〉〔部屋の〕分譲マンション、コンドミニアム

FlatとApartmentの違いは?スクリプトはこちら!

Michael : Hello, everyone, and welcome to the YouTube edition of Quick Chat with me, Mike, and …

Ann : And Ann! And I’m delighted to be with you again. We both are.

Michael : So, Ann, today’s topic … Well, not really a topic, but what are today’s words that we’re going to explore?

Ann : Well, today, we’re gonna talk about something that, uh, actually seems a little mysterious until, till you look into it, which is the difference between how floors are classified between, you know … Um, in America, I think it makes perfect sense. You know, the way you guys do it is, ha-ha … I mean, how can you—

Michael : “We guys,” OK, yeah.

Ann : ’Cause, you know, I thought the first floor is “first floor,” right? So, we, you, you don’t say first floor—

Michael : We don’t call it the “first floor.” It’s the “ground floor” because it’s “ground.” Erm, and the first floor is the next one up. So, yes, this caused me enormous confusion when I first came to Japan because Japan follows the American convention, and probably the rest of the world’s convention, which names the ground floor “the first floor,” which is illogical. Of course, I get into an elevator and I’m looking for G, ’cause in a British … Oh, I just said “elevator.”

Ann : Uh-huh.

Michael : … and I’m looking for the little G button. And, of course, it’s not there. And I’m really confused by that. Erm, you have no trouble?

Ann : Uh, no! I, I wonder, was that when you first encountered it, when you first came to Japan?

Michael : That was the first time. I had no idea, erm, that it was any different in any other country.

Ann : That’s … Yeah.

Michael : Australia, I think, uses the British convention.

Ann : Yeah, there are some other, there are some other countries that do. But I remember the first time I ran into, uh, “your way” was, ha-ha, was when I was in France. When I was young, I, I lived and worked for a year in Paris, and I got to Paris, and I was, you know, in the elevator and I thought, “OK, let’s, let me go to the, the first floor,” which, of course. was our second floor. And there it’s, uh, “rez-de-chaussée,” right, which is the ground floor. That means the ground floor. And I remember thinking, “It, it seems so unusual to me,” ’cause, you know, you’re, you just grow up in, in, in a certain way.

Like, another thing related to floors that I always thought was quirky – I don’t know if you, this is true in the U.K. as well – is we don’t have a 13th floor.

Michael : Right. I—

Ann : Do you do that?

Michael : I don’t know. I’ve never noticed that. So I think we do. I don’t ever remember that being something from the UK.

Ann : Yeah.

Michael : Er, that’s right. And also in Japan as well.

Ann : Fourth.

Michael : Fourth floor.

Ann : Fourth floor, right. And so it’s considered … So, um, the 13th floor in the United States is considered, 13 is a bad luck number.

Michael : Yeah.

Ann : And so people, of—often apartment buildings will skip that floor, right? It goes 11, 12 and then 14.

Michael : And it’s not something I really remember from the UK. And another thing that surprised me that I hadn’t encountered when I was in the UK was M.

Ann : Oh!

Michael : Mezzanine.

Ann : Mezzanine.

Michael : Which is like a half-way floor.

Ann : Yeah.

Michael : It’s like half of a floor, which is something that I found very unusual when I came here.

Ann : Kind of Harry Potter-ish, don’t you think? There’s like the …

Michael : The hidden floor.

Ann : The in between floor. Ha-ha. All right. All right. Well, I guess we’d better wrap up.

Michael : Unfortunately, because we could talk about floors forever.

Ann : Yeah. Thank you for joining us, and we’ll see you next time.

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部
ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

SERIES連載

2024 02
NEW BOOK
おすすめ新刊
ITエンジニア本大賞2024受賞!チームを動かすIT英語実践マニュアル
詳しく見る
メルマガ登録