ENGLISH JOURNAL ONLINE

TOEIC連続満点の秘けつは〇〇〇にあり!英文法・リーディングのおすすめ学習法

忙しさを乗り越えろ!スキマ時間で満点TOEIC塾

濱崎潤之輔さんと星名亜紀さんの交互執筆連載!通勤電車の中で、バスを待っている間に、寝る前の時間やお昼休憩、家事の合間に・・・。忙しい中でもなんとか時間を見つけてTOEIC(R)L&Rテストのスコアアップを目指したい人のための学習法を紹介します。第6回では、濱崎さんが「文法・リーディング」対策におすすめの学習法を解説します。

スキマ時間も予定通りの学習時間も同じ「1分1秒」

本連載のテーマは、スキマ時間を活用し、TOEICでハイスコアを取る学習法です。

ここで皆さまにお伝えしておきたいのですが、実は僕はこの「スキマ時間」という言い方があまり好きではありません。というのも、この言葉は、「空いている時間」、「ちょっとした暇な時間」など、「あまり大切にされていない時間」という印象を抱かせるからです。

予定していた勉強時間であろうが、何かの狭間に偶然生まれた時間であろうが、同じ「1分1秒」なのです。そこに差はありません。

とは言え、この連載を読んでくださっている皆さまの多くにとってピンとくる表現であろうことは間違いないと理解しています。

そのため、ここで言う「スキマ時間」とは、「暇な時間」という意味ではなく、「貴重な1分1秒」という意味であることを理解していただければ幸いです。

今回は、文法・リーディングに関するスキマ時間学習法についてお話しします。

TOEIC連続満点の秘けつは「英文法の強固な土台」

僕がTOEICで990点満点を獲得でき、今も継続して獲得できている理由として、第一に「英文法を徹底的に学んだ」ことが挙げられます。

ただ、僕の場合は、TOEIC対策のために英文法を必死に学んだというわけではありませんでした。

きっかけは、TOEICの存在さえ知らなかった頃、偶然見かけたテレビ番組「ハートで感じる英文法」に出演されていた大西泰斗先生の話に衝撃を受け、そこから大西先生の著書を読み始めたことでした。

それから1冊読んではまた次の1冊を購入ということを繰り返し、ついには著書だけでなく、大西先生が出されている音声講義入りのCDやテレビ放送のDVDまで、市場で手に入るものはすべて読破、視聴してしまいました。

大西先生との出会いのおかげで、「先生の授業は本当に面白いなあ」という純粋な知的好奇心を原動力に英文法を習得することができたのは、とても幸運だったと思います。

この連載を読んでくださっている方の多くは、おそらくですが、すでにTOEIC対策に取り組んでいる方が多いのではないでしょうか。そうした学習を進めている方に問いたいのですが、英文法に対する自信はどれくらいあるでしょうか?

もし胸を張って「英文法には自信があります」と言えないのであれば、TOEIC対策に特化した勉強からいったん離れて、すぐに大西先生の書籍の通読し、完全に理解することを強くおすすめします。

英文法は、「英語学習の土台」です。TOEICのどのセクションの、どのパートにも関連してきます。

大西先生の著作すべてを読むことが難しければ、『総合英語 FACTBOOK これからの英文法』(桐原書店)、もしくは『一億人の英文法』(ナガセ)のいずれかだけでも構いません。

「すべての内容が全身に染みわたった」と感じることができるまで、何度も何度も通読してください。

もしあなたがTOEIC990点満点を目指しているのであれば、おそらく何らかの必要に迫られてのことではないでしょう。「満点を取らないと給料が下がる」とか、「満点を取らないと留年する」という状況に直面している方は、めったにいないはずです。

そうです。あなた自身が990点満点という「高嶺の花」をその手につかみたいと思っているからこそ、この連載を読み、日々精進されているのですよね。

そうであれば、1~2か月掛かってもいいので、ぜひ上記の書籍をスキマ時間を使って読破してみてほしいです。もちろんスキマ時間ではなく、ガッツリ机に向かって本を読みこんでも構いません。

そうすれば、必ずやあなたのTOEICのスコアは飛躍的に上昇し、あなたの夢に手が届くでしょう。

通勤通学時、会社の就業前、大学の休み時間、会社のお昼休み、駅で電車を待っている間など、すべての時間を読書に充てるのです。

なお、車で通勤されている方は、『NHKラジオ英会話 英会話 話を組み立てるパワーフレーズ 講義編』(NHK出版)のような、「耳からだけでも学べる」教材を使うのも手です。大きな声を出せるのは、車で通勤する人だけに与えられた特権です。

ぜひ、講義を聞きながら大きく声に出して発音し、学習効果を倍増させてください。

TOEICの「文法・リーディング」対策法

『総合英語 FACTBOOK これからの英文法』や『一億人の英文法』で英文法の土台を盤石にできたら、次はTOEIC対策に特化した学習に入りましょう。

次に、時間の活用に関するヒントをいくつかお伝えします。

スキマ時間の「大・中・小」に応じて教材を準備しよう

通勤、通学の時間や、お昼休みなどの時間の長さは、人によって千差万別なはず。また、電車で通勤されている方もいれば、車や徒歩で通勤している方もいるでしょう。

以下で紹介する内容は僕の実体験に基づいているため、主に電車通勤の方向けのアドバイスになるかもしれませんが、ほかの方にも当てはめられる方法なので、ぜひ参考にしてください。

まずしていただきたいのは、スキマ時間を「大・中・小」に分けることです。そして、それぞれの時間に使う勉強道具を用意しましょう。この「大・中・小」は、「長い・普通・短い」という時間の長さの概念を言い換えたものであると考えてください。

「大・中・小」の時間は、だいたい以下のように定義します。

大=30~60分程度のスキマ時間

中=30分程度のスキマ時間

小=5~10分程度のスキマ時間

スキマ時間の長さに応じて「すぐに勉強できること」を用意しておくのです。

以下に例を挙げます。

「大」のスキマ時間に取り組めるおすすめ教材

模試のコピー(自身が購入したものを個人で学習するときのみ使用することが可能です。著作権を遵守しましょう)

「中」のスキマ時間に取り組めるおすすめ教材

「TOEIC(R) TEST 特急シリーズ」(朝日新聞出版)などの、比較的短時間で取り組むことができる問題集・参考書

「小」のスキマ時間に取り組めるおすすめ教材

「mikan」などの単語暗記アプリ

上記3パターンの「勉強道具」を常に持ち歩き、各スキマ時間が訪れた瞬間に「迷わず」すぐに取り組むようにするのです。

「しばらく時間が空いたけど、何しようかな~」などと考える時間はとても無駄です。その1分1秒を惜しんで勉強に注ぎ込むからこそ結果につながり、願いがかなうのです。

上記以外の書籍については、下記の記事のチャートから、ご自身の現状のスコアや取り組みたい分野に応じてお選びいただければ間違いありません。

最高の出会いがありますように

人は人との出会いのみによって人生が変わります。

人生は、大きく分けて2種類あります。目標に向かって進んでいく人生と、展開型の人生。僕は、大西先生との出会いで、大きく人生が展開しました。

目標に向かって人生を歩んでいる人も、展開型の人生を歩んでいる人も、自分が望むことに真摯に向き合い続けることで、必ず願いはかないます。

挫折しそうになったとき、どうしていいか迷ったとき。そんなときにタイミングよく自分を導いてくれる誰か、何かに出会えるという奇跡は存在します。

この記事を読んでくださったすべての人に、最高の出会いがありますよう、心より願っています。

星名亜紀さんによる第7回記事は2021年8月3日(火)に公開予定です。お楽しみに!

TOEIC対策にはこちらの記事もおすすめ!

濱崎潤之輔さんの書籍

TOEIC L&Rテスト 目標スコア奪取の模試

TOEIC L&Rテスト 目標スコア奪取の模試

  • 作者:濱崎潤之輔
  • 発売日: 2019/12/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本

改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本

  • 作者:濱崎 潤之輔
  • 発売日: 2020/12/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

濱崎 潤之輔

濱崎 潤之輔 大学・企業研修講師、書籍編集者。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。明海大学や獨協大学、早稲田大学EXT、ファーストリテイリングや楽天銀行、エーザイやSCSK、オタフクソースなどの企業でTOEIC L&Rテスト対策研修講師を務める。TOEIC L&Rテスト990点(満点)を70回以上取得。『 TOEIC L&Rテスト990点攻略 改訂版: 新形式問題対応 』(旺文社)、『改訂版 中学3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)など、著書・監修書は60万部以上の実績を誇る。「濱崎TOEIC研究所オンラインサロン」主催。
・濱崎TOEIC研究所オンラインサロン: https://peraichi.com/landing_pages/view/hummertoeicsalon/
・Twitter: @HUMMER_TOEIC
・Instagram: junnosuke_hamasaki