ENGLISH JOURNAL ONLINE

ニュース英語/英検1級/TOEIC/翻訳/文学など充実の新連載スタート!執筆陣からのメッセージ

ニュース英語/英検1級/TOEIC/翻訳/文学など充実の新連載スタート!執筆陣からのメッセージ

2021年もそろそろ折り返し地点!「ENGLISH JOURNAL ONLINE」では、6月から魅力的な新連載がスタートします。個性あふれる執筆陣から、読者の皆さまへのメッセージを頂きました!応募課題のある連載も複数あるので、チェックしてみてくださいね。

目次

「イギリス育ち翻訳者の英語文学へのいざない」(エリザベト怜美さん)

多様な作家による作品を通して、文学をリアルに感じる読み方をお届け。言語表現やアイデンティティーなど、英語学習者も遭遇するテーマを、海外で育った翻訳者が語ります。

エリザベト怜美さんのメッセージ

エリザベト怜美さん

EJO読者の皆さま、イギリス育ち翻訳者のエリザベト怜美です。

英文学と聞くと、私たちは「イギリスやアメリカで生まれ育った人たちが母国語で書いた小説」を思い浮かべるのではないでしょうか。けれど、「英語文学」には、実はもっと奥深い世界が広がっているのです。
この連載では、私自身の体験も交えながら、英語で書かれたさまざまな文学作品の魅力をご紹介していきます。
どうぞ、お付き合いください ; )

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「英検1級 ライティング&スピーキング対策講座」(Junさん)

英検1級合格のカギとなる英作文&二次試験(スピーチ)の対策方法をご紹介します!「英検1級になかなか合格できない」とお悩みの方や、これから英検1級に挑戦する方、ライティングやスピーキングに苦手意識がある方は必読です。

Junさんのメッセージ

Junさん

こんにちは!Junと申します。今回、英検1級の英作文・二次試験対策についての記事の連載を担当させていただくことになりました。効果的に英語力を伸ばし、効率的に合格を狙う方法を具体的な例を交えながら共有する予定です。これまでに英検1級は18回合格し、TOEICは20回990点満点を取得しました。最新の傾向を調べるために今も年に数回は受験をしています。どうぞ、よろしくお願いします。

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「奥深き“Kawaii”の世界を探る」(遠藤薫さん)

英語にはcute、pretty、adorableなど、日本語の「カワイイ」に近い言葉が豊富にありますが、「カワイイ」にはそのどれでも表現しつくせない奥行きがあります。日本発のポップカルチャーで世界中にファンがいる「カワイイ文化」について、社会学者の遠藤薫さんと一緒に考えていきましょう。

遠藤薫さんのメッセージ

遠藤さん

この連載では、「カワイイ文化」について皆さんと考えてみたいと思います。「カワイイ」はいまや日本だけでなく、世界を席巻し、「kawaii」という言葉が海外でも広まっています。でも、「kawaii」と「カワイイ」は必ずしも一致しません。幼稚な甘えとも思われがちな「カワイイ」は、実は日本文化の真髄に関わる深い意味を秘めています。現代だからこそ重要な意義をもつ「カワイイ」文化、その深みを世界の人たちと共有したいものです!

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「『推し英語』の世界へようこそ!」(藤代あゆみさん)

マンガ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の大大大ファンである藤代あゆみ先生が、「推しの尊さ」を伝えるさまざまな英語表現を紹介します。推しを世界に広めるために、SNSで使えるちょっとした英語を一緒に学んでみませんか?

藤代あゆみさんのメッセージ

藤代さん

平尾アウリ先生の漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』が大好きな藤代あゆみです。日本酒英語やシングリッシュ、国際交流シェアハウスなど様々な連載の機会を頂戴して参りましたが、満を時して「推し」にまつわる英語の連載がはじまりました。推しのおかげで生きている皆さん、ぜひ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を読んでください。気が向いたら私の記事も読んでもらえたら嬉しいです。推しの布教をさせてくれるアルクの編集部にはお中元にハムを贈ります。

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「字幕のムコウ」(飯田泰弘さん)

教科書では目にしない「ちょっと奇妙な英語」にこそ、言語や文化をより深く学ぶためのヒントが隠れています。さまざまな映画作品のセリフを通して、英語のからくりや背景にある文化を探っていきましょう。

飯田泰弘さんのメッセージ

飯田さん

映画を見れば、英語学習に役立つ表現をたくさん知ることができます。また、その国の文化や時代背景を色濃く反映した表現や、英文法のルール違反に見える実例にさえ、数多く出会うことができます。そんな、英語の「基本」と「例外」を同時に学べることも、もともと英語の教材目的では作られていない映画ならではの魅力です。いろんな作品のセリフを通して、普段とはちょっと違った角度から、コトバの世界をのぞいてみましょう。

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「スキマ時間で満点TOEIC塾」(濱崎潤之輔さん、星名亜紀さん)

濱崎潤之輔さんと星名亜紀さんの交互執筆連載。通勤電車の中で、バスを待っている間に、寝る前の時間やお昼休憩、家事の合間に・・・。忙しい中でもなんとか時間を見つけてTOEIC(R)L&Rテストのスコアアップを目指したい人のための学習法を紹介します。

濱崎潤之輔さんのメッセージ

濱崎さん

僕が今回この連載を通して読者の皆さまにお伝えしたいのは、「成し遂げたいことがあるのならば、誰にでもその機会は必ずある」ということに尽きます。「忙しいから」、「時間が無いから」などと言わずに、1人でも多くの方が自分の持てる可能性に賭ける人生を歩むきっかけになって欲しいという思いを持って、毎回の連載を書かせていただいています。机に向かう時間なんてなくても大丈夫です。それ以外の短いスパンの時間を徹底的に有効活用すれば、願いは叶います。

星名亜紀さんのメッセージ

星名さん

What one likes, one will do well.
「好きこそ物の上手なれってその通りだな」と思う今日この頃。思うようにTOEICスコアが上がらず悔しい思いをしたり、なかなか話せるようにならずに自信喪失したり、もちろんそんなこといくらでもあると思います。
でも簡単な道のりではないからこそ、そこを乗り越えて目標を達成したときの喜びは何ものにも代えがたい貴重なもの。英語学習を通して、皆さんの可能性がさらに広がることは間違いありません。目標に向けて、楽しみながら一緒に頑張っていきましょう♡

星名さん

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「SONGS&WORDS -歌詞対訳の世界-」(佐々木南実さん)

サブスクリプションの音楽配信サービスを通じて音楽を聴く人が増えている今、洋楽好きはどのように歌詞の世界を楽しんでいるのでしょうか?この連載では、歌詞対訳の仕事を取り巻く現状やヒット曲に込められたストーリーをご紹介。歌詞対訳ならではの面白さ・難しさをひも解いていきます。

佐々木南実さんのメッセージ

皆さん、ポップミュージックは好きですか?英語は好きですか?日本語は好きですか?
3つ「イエス」と答えたあなたには垂涎(すいぜん)ものの連載が始まりますよ!時代を映し出すヒット曲に込められたストーリーから、お仕事ゲットの実務まで、いろいろとご紹介して行きます。お楽しみに!

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「ニュース翻訳者が教える!時事英語入門」(松丸さとみさん)

「英語ニュースを読みたいけれど、そもそも背景知識がない」「言葉が難しくて挫折してしまう」「英語学習にどう生かせばいいかわからない」とお悩みではありませんか?ニュース翻訳者の松丸さとみさんが、英語ニュースを使った学習法などを紹介します。

松丸さとみさんのメッセージ

松丸さん

「英語でニュースを読めるようになりたい!」と思ったことはありませんか?これができれば、世界のニュースをほぼリアルタイムで知ることができます。とはいえ、「英語のニュースって難しい・・・」と感じる人も多いのではないでしょうか。
新聞やウェブサイトなど、文字での英語のニュースを読み解くには、少しコツがいります。この連載を通じて、そうしたコツや英語学習にニュースを活用するヒントをお伝えできればと思っております!お楽しみに!

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「翻訳を哲学する」(柿木伸之さん)

外国語の「翻訳」を試みたことがある人なら、一度は「意訳」すべきか「逐語訳」すべきかなど、元の言葉をどのように置き換えるかで悩んだことがあるのではないでしょうか?哲学の研究をされている柿木伸之さんと、「よい翻訳とは何か?」について深堀りしていきます。

柿木伸之さんのメッセージ

柿木さん

読者のみなさま、初めまして。このたび、翻訳を哲学する連載の機会をいただきました。さまざまな背景を持つ人々のあいだに生きることを、その可能性へ向けて考えるうえで、翻訳するとはどういうことかと問うことは、今日ますます重要になっていると考えられます。連載では、言葉を発すること自体に翻訳を見る思想を出発点としながら、翻訳の実践のいくつかの側面に光を当てることで、翻訳の創造性にも触れられたらと考えています。

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「ワンランク上の英語ビジネスメール講座」(ロッシェル・カップさん)

ロッシェル・カップさんが、日本人のビジネスメールを添削しながら、正確かつ明確にメールを書くコツや便利な英語表現を解説します。この連載で学べば、もう英語メールは怖くないはず!

ロッシェル・カップさんのメッセージ

カップさん

英語のビジネスメールは、日本のビジネスパーソンの多くが日常的に挑戦しているものです。上手に書けば、商談をかなり早く進めることもできますが、下手に書けばそのせいで商談が滞ってしまう危険性があります。今回の連載では、ビジネスメールの質を上げるための書き方のヒントを伝えながら、日本人にありがちな問題のある書き方への対策を紹介します。皆さまのお役に立てればうれしいです!

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「1日10分!プチ英単語クイズ」

アルクの人気書籍「キクタン」シリーズから、TOEIC英単語クイズ(600点、800点、990点レベル)、オフィス英会話クイズ、英検英単語クイズ(2級、準1級、1級レベル)を出題!1つの記事につき10分もあればチャレンジできるので、日々の腕試しやスキマ時間の学習にぴったりです♪少しずつ着実に語彙を築き上げましょう!

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

人気連載もお見逃しなく!

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」では、ほかにも魅力的な連載コンテンツが盛りだくさん!興味のある分野から、あなたの英語学習をさらに深めていきましょう。 

「映画・ドラマで英語」(松丸さとみさん)

映画・ドラマは生きた英語の宝庫です。松丸さとみさんが、厳選したおすすめ映画・ドラマから、おしゃれで使いやすい英語表現を紹介します!表現の使い方はもちろん、作品の裏話も解説。新しい映画・ドラマの世界へいざないます。

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「英語で学ぶ!おうちでUK留学」(鹿目雅子さん)

この連載では、イギリスの大学の授業をオンラインで受講したり、イギリスの街をオンライン観光ツアーしたりと、「おうちでUK留学する方法」をご紹介。全国通訳案内士の鹿目雅子さんが実際に体験し、レポートしてくれます。

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「クリエイティヴ・ライティング入門講座」(吉田恭子さん)

立命館大学の吉田恭子さんが、英語の文芸創作エクササイズを出し、読者の皆さんに実際に挑戦していただく参加型企画です。応募作品の一部は吉田さんが記事内で講評してくださいます。

吉田恭子さんのメッセージ

吉田さん

英語創作に必要なのは完璧な英語力ではありません。言葉で未知の世界を作ろうという好奇心、言葉でいろいろ試してみようという遊び心、言葉の響きに耳を傾ける観察心。不自由だからこそかえって自由に書けるものです。

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「ちょっと気になる!ニュースな英語」(松丸さとみさん)

松丸さとみさんが、世間で注目を浴びている最新ニュースに登場するキーワードを取り上げ、わかりやすく解説します。英語ニュースを利用して勉強している・したい人、必読です!

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「ニュースで学ぶ英語と世界」(天満嗣雄さん)

ビジネスの場で英語を話すなら、国際情勢や経済動向、企業戦略など、世界の最新事情に触れる機会が必ず訪れます。そんなとき、「今話題のあれを英語でなんて言うのか」を学ぶのに最適の素材が英語のニュースです。日経LissN配信の情報を、英語講師の天満先生が解説します!

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

「舞台芸術翻訳・通訳の世界」(平野暁人さん)

フランス語・イタリア語と日本語の翻訳家・通訳者である平野暁人さんが、ご専門の舞台芸術通訳の仕事や趣味とする短歌など、多角的な視点から翻訳・通訳、言葉、社会についての考察をお届けします。

平野暁人さんのメッセージ

平野さん

EJOをお読みのみなさんへ
こんにちは。翻訳家で通訳者の平野暁人です。
早いもので、連載「舞台芸術翻訳・通訳の世界」も今月で丸1年になります。
でもまだ書きます。ネタもまだまだあります。むしろ増えている感すらあります。あっでも人気がなくなったらきっと打ち切りになるのでどうか応援してください。アンケートに「ぴらのせんせいの大ファンです」って書いてほしい。すごく書いてほしい。嘘(うそ)でもまったく構わない。やらない善よりやる偽善だ。ちょっと違うか。だいぶ違うぞ。とにかくお願い人助けだと思って。
だって舞台芸術通訳の仕事、今年まだゼロだから!!!!!!!!!!

連載はこちら!

ej.alc.co.jp

読みたい連載は見つかりましたか?今後も「ENGLISH JOURNAL ONLINE」をお楽しみに!

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!