ENGLISH JOURNAL ONLINE

守備範囲の広さに感動!韓国ドラマ初心者がおすすめするNetflix配信の4選

Netflix配信のおすすめ韓国ドラマ記事のイメージ写真

※写真はイメージです。

韓国ドラマ・映画が世界的な人気を誇っています。動画配信サービスのNetflix(ネットフリックス)に加入していると、大量の韓国ドラマがラインナップされていて気になるものの、何から視聴したらいいかわからない・・・。そんなあなたに、韓国ドラマ初心者が、この作品にはハマってしまった・ハマりそう!という、とっておきのドラマを紹介します。

世界から注目される韓国コンテンツ

2019年の「第72回カンヌ国際映画祭」でポン・ジュノ監督の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が最高賞のパルムドールを受賞。「ユーキャン新語・流行語大賞2020」では、年間大賞の「3密」に続いて、韓国ドラマ『愛の不時着』が2位に選ばれました。

今、韓国は、K-POPだけでなくドラマや映画も世界の注目を集めています。チョ・ナムジュ著、斎藤真理子訳の韓国文学(小説)、『82年生まれ、キム・ジヨン』が2018年末に日本で発売後、現代アジア文学として異例の売れ行きを記録し、その後、続々と韓国の新しい本が翻訳出版されていることも記憶に新しいですね。

韓国ドラマに苦手意識があった

そんな世界情勢(?)の中、韓国映画は見たことがあり、傑作と思っている作品もあるものの、「韓国ドラマは長い(エピソード数が多い)」「話がぶっ飛んでいてついていけない」「登場人物が多く、韓国語がわからないので、名前を覚えられない(そう、ロシア文学のように・・・)」と敬遠してしまっていました。そもそも、日本や英語圏のドラマもそんなに見ないし・・・。

しかし!!

Netflixで人が見ているのにつられて一緒に見てみると、「ものすごくよい!!」作品との出合いがありました!

すごい韓国ドラマを探す旅へ

1つ気に入ると、「ほかにもこういう傑作があるかも?」とますます気になるように。予測どおり、Netflixで少しずつ視聴していると、面白そうなドラマがいろいろある雰囲気を感じます。日本のドラマにはなかなか見られない要素が盛り込まれていて、感心することしきりです。

そうして出合った作品のうち、特におすすめしたい韓国ドラマを、まだド素人(K-POPにも疎いです)で僭越ですが紹介します。初心者によるセレクションだけに、韓国ドラマをあまり見たことがないという方にも、きっとなじみやすい作品があると思います。

※ネタバレはしていません。実はまだ見終わっていないドラマも含まれます!連休などに続きをどっぷり見たいです。

※第1話が無料でフル視聴できるリンクも記載しています。早速お試しできますよ!

Netflix配信のおすすめ韓国ドラマ記事のイメージ写真

※写真はイメージです。

『マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~』

お気持ちわかります、タイトルが怪しいですよね?私も最初は、「そういう系(どういう系?)の話・・・?」と思いました。

しかし違うのです!第1、2話を見たあたりで、映画のように作り込まれた作品世界に感激すると思います。

主人公は、建設会社で働く中年男性ドンフン(イ・ソンギュン)と、そこで最近働き出した若い女性イ・ジアン(IU/アイユー)です(という設定は、確かにタイトルから想起されるとおり)。ドンフンは職場での出世争いや妻との関係で次々と問題に直面しますが、実はそれにはジアンが関わっており、しかもジアンは重大な秘密を抱えています。

ドンフンを「ターゲット」と見なしていたジアンが、そうとは知らないドンフンの優しさや素顔に触れて、世の中に味方は誰もいないと思っていた彼女にわずかずつ変化が訪れます。また、決まりきった人生をこのまま歩んでいくと思って疲れていたドンフンも、ジアンと知り合っていくうちに変わっていくのです。

とにかく脚本が素晴らしい。セリフが極上。もちろん私は日本語字幕を通してでしか理解できないのですが、ここまですべてが緻密に構築されて完璧なセリフになっているドラマには、なかなか出合ったことがありません。これまでに見たドラマで1、2位を争う感じです。

伏線が張り巡らされていて、「その部分がそこにつながるのか!」という驚きの連続です。しかも、不自然さがない。すごい。どれだけ綿密に考えたら、あのようなストーリーを紡げるのでしょうか?

演出も非の打ちどころがなく、毎回、映画1本分のような仕上がりです。それが16話分もあるのですから、そもそもの製作体制予算が桁違いなのだろうか、などと、いろいろな意味で気になります。

演技も文句なしのクオリティーで、主役の2人だけでなく、2人を取り巻く人々のキャラクターもエピソードも秀逸です。脇役でありながら脇役ではない、1つ1つの描写が、まるで自分ごとのように迫ってきます。

毎回、号泣しながら見ていました。このドラマは最後まで見たのですが、最後の方になると続きが知りたくて一晩で4話分くらい見てしまい、目がおかしくなるかと思いました(笑)。彼らの境遇は「特殊」なところも多いですが、このドラマには、どんな人の心にも響くセリフや心情が詰まっていると思います。

韓国の下町や人情味あふれる風景も見どころです。韓国に行きたくなります。

詳しい人に教えてもらったところによると、ドンフンを演じたイ・ソンギュンをはじめ、有名俳優が多数出ており、イ・ジアンを演じたIU(アイユー)は人気の歌手だそうです。

予告編の動画でテーマ音楽を聞いただけで泣きそうになったので、やはりDVDも入手しておこうかなあと思案中です(笑)。

2018年/全16話

出演:イ・ソンギュン、IU、コ・ドゥシム

原作・制作:キム・ウォンソク、パク・ヘヨン

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~ | Netflix

mydearmister.jp

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~ DVD-BOX1

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~ DVD-BOX1

  • 発売日: 2019/05/10
  • メディア: DVD
 
マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~ DVD-BOX2

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~ DVD-BOX2

  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: DVD
 

『シカゴ・タイプライター ~時を越えてきみを想う~』

このドラマは、遠い過去と現在を行き来します。とはいっても、登場人物がタイムトラベルをするわけではありません。

現在を生きる主人公たちの脳裏に、前世の記憶がふとした拍子によみがえり、ついには過去からある人物がやって来て――。

というような展開になるのですが、最後まで見ていないため、まだ私は真相がわかっていません(!)

現代では、若手でイケメンの大人気ベストセラー作家として生きるハン・セジュ(ユ・アイン)と、彼の大ファンで、なんでも屋をして生計を立てているが実は獣医師の資格を持つチョン・ソル(イム・スジョン)が主人公。ある縁で知り合う2人ですが、セジュはソルをストーカーだと思い込み、誤解が誤解を生んでいきます。

2人は実は「前世」では、日本による植民地時代の1930年代に活動家として「同志」だったらしく、現代の2人にその記憶はないはずなのに、いろいろなきっかけで過去と現在がリンクしていく、という構成になっています。過去のシーンがフラッシュバックのように挿入され、再現されている当時の様子も興味深いものです。

タイトルは、このドラマで鍵となる、アメリカ・シカゴで保管されていた昔のタイプライターで、元は韓国で使われていたもの。それが海を越えてセジュの自宅に届けられたことで、物語が動き出します。

謎が謎を呼ぶミステリー仕立てになっているので、どんどん見たくなりますが、じっくりと考えつつ見ていきたい作品です。深刻な状況も描かれますが、主役のセジュとソルのユーモラスなやりとりも見どころ。

また、この2人が過去では違う姿(髪形や服装)で登場するので、現代とのギャップも楽しめます。さらに、セジュの陰の部分と、意外と優しい部分のギャップも、おそらくこのドラマの魅力の一つになっていると思われます(笑)。

2017年/全16話

出演:ユ・アイン、イム・スジョン、コ・ギョンピョ

原作・制作:チン・スワン

シカゴ・タイプライター ~時を越えてきみを想う~ | Netflix

▼『シカゴ・タイプライター ~時を越えてきみを想う~』の第1話を無料でフル視聴できます!

klockworx-asia.com

『医心伝心 ~脈あり! 恋あり?~』

これはれっきとした(?)タイムトラベル物。今回紹介しなかった韓国ドラマにもタイムトラベルするものがちらほらあるので、常套(じょうとう)手段なのかもしれません。推測するに、現代ドラマと時代物の両方をいいとこ取りして見せられるからではないでしょうか?1作品で二度楽しい合わせ技ですね(笑)。

これはちょっと変わった医療ドラマで、というのも、主人公の2人は、一方が現代の外科医ヨンギョン(キム・アジュン)、もう一方が400年前の朝鮮時代に生きる鍼灸(しんきゅう)師ホ・イム(キム・ナムギル)なのです。それぞれ西洋医学と東洋医学が専門で(というか朝鮮時代にはまだ西洋医学はない)、どちらも自分が生きる時代ではエリートで腕は確か。でも自分の生きる世界とは異なる時代に飛んでしまうと、その技術は不審がられてしまいます。

ホ・イムは朝鮮で命を狙われる状況に陥り、現代のソウルで医師として生きていこうと決心しますが――。

というところまでは視聴して、続きはこれから見ます!ここからが、「え~~!?どうなるんだ?」という感じだったので、楽しみです。精悍(せいかん)なのにギャグ要素満載だったホ・イムが現代の医療界を生き抜くうちに変わっていくのかどうか?という話になるのではないかと予測しているのですが、気になります。

現代の韓国でも鍼灸はこんなに浸透しているのだろうか、といった文化・社会面でも興味深いドラマです。

2017年/全16話

出演:キム・ナムギル、キム・アジュン、ユ・ミンギュ

原作・制作:ホン・ジョンチャン

医心伝心 ~脈あり! 恋あり?~ | Netflix

▼『医心伝心 ~脈あり! 恋あり?~』の第1話を無料でフル視聴できます!

kandera.jp

『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』

このドラマは韓国で放送後に毎週2話ずつNetflixで配信されていました。原作は韓国で人気のウェブ漫画なのだそうです(下記に関連リンクあり)。

子どもの頃からサッカーをしていたが大人になってからバレエを始めてプロダンサーを目指す23歳の青年イ・チェロク(ソン・ガン)と、郵便配達員を勤め上げて定年後に、子どもの頃の夢を思い出しバレエをチェロクに習い出す「おじいさん」ことシム・ドクチュル(パク・イナン)の物語。

チェロクはスランプ中で、家族に関する悩みがあり、元気にバレエのレッスンに邁進(まいしん)しているように見えるドクチュルにも、妻にさえ言っていない秘密があります。

高齢男性(演じる俳優の実年齢は70歳を超えているのだとか)が主人公であり、チェロクを演じる俳優ソン・ガンは長身・小顔・イケメンということになるのでしょうが、ドラマ全体のトーンは地味です。それなのに、じわじわとするめのように味わいが出てくる作品なのです。

ダンサーではない若い俳優が、プロを目指しているバレエダンサーを演じられるくらい踊りの特訓をして撮影に臨み、70代の俳優がバレエのストレッチができるほどの柔軟性を身に付けて、ルルベ(爪先立ち)やピルエット(回転)をしているのがすごい!少しだけバレエを習ったことがある私は、このおじいさん、ドクチュルの頑張りを見て、またレッスンを受けようかと思いました!(思っただけでまだ実行できていませんが 笑。まずは自宅でのストレッチから再開しています・・・)

数話分しか見ていませんが、バレエがテーマといっても、プロを目指すには遅いとされる年齢からレッスンを開始した人や、年を取ってから始めた人、そして障害で足が動かなくなり車いすに乗って踊るバレエダンサーなどを取り上げているところが素晴らしいと思います。英国ロイヤル・バレエ団やパリ・オペラ座バレエ団の身体的に恵まれたダンサーたちによる鍛え抜かれたテクニックと豊かな表現力が作り出す舞台はもちろん美しいですが、それとは異なる身体や年齢の人が、バレエへの愛や情熱を持って踊るダンスも美しい、そう改めて気付かせてくれるドラマです。

今後の展開がどうなるのか、ドキドキしながら視聴したいと思います。

2021年/全12話

出演:パク・イナン、ソン・ガン、ナ・ムニ

原作・制作:ハン・ドンファ、イ・ウンミ

ナビレラ -それでも蝶は舞う- | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

▼ドラマの韓国サイト

program.tving.com

▼原作のウェブ漫画(韓国語)

webtoon.daum.net

▼原作のウェブ漫画(日本語版)

piccoma.com

ドラマを視聴すれば語学もはかどるかも!

見てみたくなった作品はありましたか?

私は、英語を最も熱心に勉強していた時期は英語のドラマを見ていて、中国語をかじっていたときは中国・台湾・香港の映画とドラマを見て、今はフランス語を勉強しているのでフランス語の映画を見に行っています。韓国ドラマも、見ていると少し韓国語を勉強したくなってくるような・・・?!語学への入り口ってきっとそういうものですよね!

奥深い韓国ドラマの世界、ほかにも面白いものがもっとたくさんありそうです。質が高い作品が大量に作られているので、どんな人もきっと気に入るものが見つかるはず。あなたもぜひ韓国ドラマデビューしてみませんか?おすすめしたくなる作品を探してみてください!

こちらの記事もおすすめ

Irene

Irene言葉とPCに向き合っていることが多いが、絵、旅行、ダンスなども好き。別名アンズ。