「思い出せない」って英語でなんて言う?rememberを使わずに!【映画で英語】

「何かたくらんでいる!」って英語でなんて言う?

映画やドラマは生きた英語の宝庫。おすすめ映画・ドラマから、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回一つ紹介します!今回は映画『アイ・オリジンズ』から、rememberを使わずに「思い出せない」と言うときの表現です。

今日のおすすめ表現

I can’t place it.

「思い出す」と言おうとすると、どうしてもrememberを使ってしまいがち・・・という人はわりと多いのではないでしょうか?今回は、placeを使って「思い出せない」という意味になるフレーズをご紹介します。

rememberとは少し違ったニュアンスですが、この言い方をモノにして、表現力を広げてくださいね!

表現の出どころ

今回も前回の続きで、少し変わったサイエンス・フィクション(SF)、『アイ・オリジンズ』(原題:I Origins)からの表現です。この映画は、サンダンス映画祭の、科学や技術を扱った作品に贈られる「アルフレッド・P・スローン賞」を2014年に受賞しています。

アイ・オリジンズ (字幕版)

アイ・オリジンズ (字幕版)

  • 発売日: 2015/02/04
  • メディア: Prime Video
 

マイク・ケイヒル監督によると、映画のタイトル『I Origins』には、「自分の根源」という意味が込められているそうです。哲学的ですね!また『アイ』は『I』(私)ですが、eye(目)という言葉もかけられています。

主人公のイアン・グレイ(マイケル・ピット)は、瞳の研究をしています。宗教よりも科学を信じるイアンは、神の存在を否定するために、進化論を証明したいと考えており、瞳を研究することでそれが実現できると確信しているのです。

この映画は、イアンが抱く瞳への強い思いを中心に展開するのですが、同時に、かつて一緒に研究していた学友のケニー(スティーブン・ユァン)が就職した企業で行っている、虹彩を使って個人を特定する虹彩認証が、物語の鍵にもなります。

映画の中で、インドでは虹彩などを含めた生体認証用のデータを、12桁の番号と紐づけるプログラムが行われている・・・と説明されます。これは実際にインドで2009年に導入された国民IDシステムで、「Aadhaar(アドハー)」と呼ばれています。強制ではなく任意だそうですが、2020年2月の時点で、生体認証用のデータと12桁の番号が紐づけられた「Aadhaarカード」は、国民の90%以上に発行されたそうです。

表現の使い方

かつて一緒に瞳を研究していたイアンと、カレン(ブリット・マーリング)、ケニーが食事をしています。そこにウエートレスがやって来て、飲み物の追加がないか聞いてきます。

体調が悪そうに目頭を押さえたイアンに向かって、ケニーは心配そうに「You all right?」(大丈夫か?)と聞きます。

ちなみにこれはもちろん、「Are you all right?」の「Are」を省略した言い方です。

イアンは、こう答えます。

Yeah, it‘s just a smell, I can‘t place it.
あぁ、ただこの匂い、思い出せないんだ。

placeを動詞として使う場合、「置く」「配置する」という意味が真っ先に出てくるのではないでしょうか?

でもここでイアンが言っているI can’t place it.は、どこかで嗅いだ記憶はあるけれど、どこで嗅いだのか、なんの匂いだったか思い出せない、という意味です。

もちろん匂いに限らず、見たり聞いたりする記憶に関しても使えます。確かに見覚え、聞き覚えはあるのに、その記憶がなんなのか思い出せない、というときにI can’t place itというフレーズが使えます。

placeを辞書で引いてみると、「見分ける」「思い出す」などの意味が載っていますよ。

まとめ

placeは、「何かを配置する」、「置く」という意味のほかに、「認識する」、「思い出す」という意味があります。

「思い出す」という意味でplaceを使う場合、自分の経験に照らし合わせて言っているニュアンスが含まれます。脳の中にあるはずのその記憶の置き場所が見つけられない・・・とイメージすると、わかりやすいかもしれませんね!?

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税込1,078円)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開される、専門性の高いオリジナル連載や月刊誌『ENGLISH JOURNAL』との連動特集など、すべての有料記事へアクセスできます。ほかにもイベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

松丸さとみ

松丸さとみフリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング (・ときどき通訳)を行っている。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter: https://twitter.com/sugarbeat_jp