ENGLISH JOURNAL ONLINE

急に決まった英語でWeb会議!さて何をすべき?

急に決まった英語でWeb会議!さて何をすべき?

Web会議は場所を選ばず便利な反面、戸惑うこともたくさんあります。ましてや英語でとなるとなかなか大変。英語でのWeb会議が急に決まったら、どうすればいいのでしょう?

www.booco.jp

「英語×Web」会議、対策の第一歩は?

「明日、海外の顧客とWeb会議あるから」突然こんなことを言われたらドキドキしてしまいますね。英語の会議も、Webの会議も、それぞれに大変。どうすればいいのでしょう?

「さて困ったな・・・」と思ったら、ついスマホに手が伸びてしまう方も多いと思いますが、今回はそれで正解です!まずは、boocoというアプリをインストールしてください。

boocoは、電子書籍リーダーと音声プレーヤーの機能を兼ね備えた英語学習アプリ。多くの英語学習本をこれひとつで、目と耳から学習できる便利なアプリです。スマホ上で、本を読みながら音声も聞くことができるというわけ。

「急に会議が決まって、本屋さんへ行く時間も惜しい!Amazonも待っていられない!」というときは、強い味方です。

「直前」に的を絞った頼もしい本!

今回おすすめするのは、『英語のWeb会議直前3時間の技術』

よくよく見れば、会議やプレゼンのための英語本はけっこう出版されているもの。Web会議についての本もそれなりに出ています。しかし、「英語×Web」に加え「直前」まで網羅した本はなかなかありません。これは頼もしいですね!

3時間前、2時間半前、2時間前・・・と30分きざみのプログラムなので、該当するところから取り組めば何とかなるはず。また、学習内容は14のユニットにまとめられているので、自分の苦手なところや、確認しておきたいところから始めるという手もあります。

どのユニットも、10分または15分で取り組めるのもうれしいところ。

【Unit1】Web会議のためのフレーズ集「クイックリスト」

【Unit2】Web会議のための基本発音練習「発リス公式20」

【Unit3】Web会議のスケジュール調整

【Unit4】自己紹介と議題の確認「過剰在庫の減らし方①」

【Unit5】意見交換する「過剰在庫の減らし方②」

【Unit6】提案する「新メニューの価格設定戦略」

【Unit7】価格交渉する「抗菌ヘッドセットの価格交渉」

【Unit8】契約交渉する「メーカーと商社の契約交渉」

【Unit9】意見を闘わせる「スマホケースの生産着手の是非」

【Unit10】意見を保留する「海外への小売店進出の検討」

【Unit11】軌道修正・補足する「高齢者向けビジネスの連携 1」

【Unit12】会議を終了する「高齢者向けビジネスの連携 2」

【Unit13】プレゼンの英語「ソーシャルメディアを用いた宣伝方法」

【Unit14】面接の英語「Webでの人事面接」

どのユニットのテーマも、とてもリアルですよね。

「英語の会議には慣れているから大丈夫」という方も、Unit1だけでもチェックしておくといいかもしれません。Web会議ならではのこんな表現が学べます。

Is my voice clear

私の声ははっきり聞こえますか?

Can everyone mute your lines when you’re not speaking?

皆さん、発言中以外はミュートにしてくれますか?

Could you adjust the camera?

カメラを調整してくださいませんか?

どれも対面会議では使わない表現ばかりですね。こうしたフレーズがすっと出てくれば、実りのある会議ができそうです。

限られた時間でboocoをフル活用

無料版でも機能が充実

本書には書籍版もありますが、時間がないなら英語学習アプリboocoを使うに限ります。

無料版でも、誌面の一部を見たり、音声を聞いたりすることができるので、まずはインストールしてみてください。

スマホならでは!目と耳から学習できる

アプリ内で書籍を購入すると、 「音声を聞く」 に加えて「本を読む」「問題を解く」の機能がすべて使える状態になります。トップ画面はこんな感じ。

booco操作画面

また、この本はA5変型判というちょっと変わったサイズなのですが、スマホで見ても読みにくさはまったく感じません。

先ほど紹介した「Unit1 Web会議のためのフレーズ集」はこんな感じです。まずは左ページで日本語をチェックして・・・

booco操作画面

続いて右にスクロールして英文をチェック。サクサク勉強できますね!

booco操作画面

そして、「このフレーズの発音を聞いてみたい」と思ったら、ページの下部をタップすると、音声機能が立ち上がります。便利だなあ。

booco操作画面

「Unit2 Web会議のための基本発音練習」だとこうなります。目と耳から発音をチェックできるのでらくらく。

booco操作画面

対面会議でも英語の発音には注意したいものですが、Web会議ならなおさら。自信がある人も、一通りチェックしておくと役に立ちそう。

音声機能も使いやすい

会議の前はなにかと忙しいもの。「別の作業をしながら音声だけ聞きたい」という場合にも、boocoは便利です! 音声コンテンツは一覧表で表示されるので、目当ての項目をすぐに聞くことができます。

booco操作画面

また、英語会議の出席者がネイティブスピーカーだけとは限りません。ノンネイティブの方と会議をするケースも多いですよね?

本書では、インド人、台湾人、シンガポール人の英語の発音の特徴についても解説しています。音声もチェックしておけば、ばっちり!

booco操作画面

会議を前にドキドキしてきた・・・という場合は、この手の音声をくり返し聞くと、かえって落ち着くかもしれません。

余裕があれば音読クイズに挑戦!

本書には、Web会議で使えるさまざまな表現が載っています。もし余裕があれば、実際に声に出して言ってみるとさらに効果的。それにはboocoの音読クイズを使ってみてください。

このように例文が表示されるので・・・。

booco操作画面

マイクのアイコンをタップして音読すると、星の数で判定してくれます。三ツ星が最高点です。

booco操作画面

やった、思い切って大きな声を出すと大成功!

ある英語学習本で、「日本人は声が小さいし、抑揚がなく淡々と話しがち。大きな声で大げさに話すように心がけるだけで、かなり英語が通じやすくなる」という指摘を目にしたことがあります。

確かに、インドや東南アジアの人はあまり上手でなくても堂々と英語を話しますし(むしろ「わかるよな!」くらいの感じで)、Web会議だったらふだんよりはっきりした声で話した方がいいですよね。

boocoの音読クイズでも、本番のつもりで声を出すといい結果が出そうです。

まとめ

英語の会議もWebの会議もやっかいですが、これもひとつチャンス。短時間でもboocoを使えば、かなりの準備ができるはずです。

誌面も音声もまとめてチェックできるboocoで、音読練習まですませれば、もう怖いものはありません。実りある会議になること、間違いなしです!

アプリなら、今すぐ本も音声も♪さらにクイズで総復習!

boocoアイコン

英語の勉強をもっと便利にする、英語学習アプリ「booco(ブーコ)」

英語の参考書や問題集をアプリ内で購入し、楽しくかつ徹底的に勉強できる英語学習アプリです。本のまま「読む」モード、音だけ流す「聞く」モード、力試しや復習テストができる「クイズ」モードを搭載。「聞く」モードの音声コンテンツは基本的に全て無料!「読む」や「クイズ」も一部無料で利用できます。まずは気軽に始めてみませんか?

※搭載モードは書籍により一部異なります

iOSはこちら Androidはこちら

ENGLISH JOURNAL ONLINE 編集部

尾野七青子都内某所で働く初老のOL兼ライター。