TOEIC例文990本を叩き込む!アプリを使った英語勉強法

TOEIC例文990本を叩き込む!アプリを使った英語勉強法

TOEICの問題をたくさん解いているのに、いまいち手応えがない・・・。そんなあなたには英語の基礎体力が不足しているのかも!便利な英語学習アプリを使ってみませんか?

www.booco.jp

まずはアプリをダウンロード

おすすめは、英語学習アプリbooco電子書籍リーダーと音声プレーヤーの機能を兼ね備えているため、多くの英語学習本をこれひとつで学習できる便利なアプリです。スマホ上で、本を読みながら音声も聞くことができるというわけ。まさに一石二鳥ですね!

例文「1000本ノック」で基礎力アップ!

今回、boocoを使った学習法を紹介するのは、『TOEIC(R) L&Rテスト 基本例文990選』という書籍。

その名のとおり、TOEICテスト対策として役に立つ例文を990本も収録した本です。TOEIC対策本なのに問題は1問もなし。これは珍しいですね。

全体は「パート別例文」と「トピック別例文」の2つに分かれています。「パート別例文」のコーナーでは、パート別によく出題される表現を計700本掲載。「トピック別例文」は、「通勤、出張」「社内ルール、福利厚生」など、これもよく出るトピック別に計290本の例文を掲載しています。

「パート別例文」のPart 5では、こんな感じの例文が並んでいます。Part 5は、文法の知識を問う穴埋め問題ですね。

Due to a prior engagement, Mr.Tobita will not be able to attend the company's awards banquet.

太字になっているDue toが、TOEIC本番では空所になりやすい部分。アンダーラインを引いたa prior engagementがヒントとなる部分です。

この英文が出題されるとしたら、選択肢にはdue toのほかにbecauseあたりが並びそうですが、becauseは接続詞なので後ろには節が来るはず。due to ~は前置詞なので後ろに名詞が来ます。

due to ~の後には名詞が来る」ということを覚えていれば、a prior engagement という名詞を見ただけで正解を選べるというわけ。

また、Part 2のコーナーに掲載されている例文はこんな感じ。Part 2は「応答問題」と呼ばれ、質問(または呼びかけ)とそれに対する回答で構成されていますよね。

Do you have some free time next Monday?

①I think I do.

②I’m available all afternoon.

③I’m afraid I'll be out of town.

「この選択肢、なんか変じゃない?」と思った方は大正解!3つの選択肢はどれも正解なのです。問題と答えをセットにして、正しい表現として丸ごと覚えておけば、本番で不正解を排除できるというわけですね。

本書には、こんな感じで「正しい」例文が990本も収録されています。いわば、TOEIC例文の1000本ノック(10本足りませんが)!正しい英文を頭に叩き込むことで、英語の基礎体力をぐぐっと底上げしてくれる本です。

骨董品の目利きや食通になるには、若いうちからとにかく「本物」に触れ続けることが大切・・・というような話、よく聞きますよね。英語でも同じ。たくさんの正しい英文に触れ続けることで、単語はもちろん、文法や語法、話の展開のしかたまで、自然にマスターできるのです!

また、本書の執筆に関わったTOEIC講師の数は、なんと63人。1冊あたりの人数としては最高ではないでしょうか。これだけ多くの講師が腕によりをかけて執筆した例文ですから、テスト本番で効果を実感できること間違いなしです。

アプリを使えば学習効果アップ!

音声は無料で利用できる

もちろん、紙の書籍+ダウンロード音声で学習することもできますが、英語学習アプリboocoを使うとより便利に。音声だけなら無料で聞くこともできるので、まずはインストールしてみてください。

トップ画面はこんな感じ。アプリ内で書籍を購入すると、 「音声を聞く」 に加えて「本を読む」「問題を解く」の機能がすべて使える状態になります。

booco操作画面

スマホ画面で読みやすい

書籍では左ページに英文、右ページに日本語訳と解説という構成になっています。スマホの画面で見るとページごとに分かれますが、特に読みにくさは感じません。まずは英文をチェックして・・・。

booco操作画面

日本語訳や解説を見たいときは、右側にスクロール。するとこんな画面が出てきます。

booco操作画面

英文だけを集中的にチェックしたいときには左ページだけを見ればいいので、日本語が目に入ってこなくて、むしろ使いやすいかもしれません。

さらに英文を見ていて発音をチェックしたいと思ったら、画面の下部をタップ。

booco操作画面

すぐに音声機能が立ち上がり、目当ての音声を聞くことができます。これは、電子書籍リーダーと音声プレーヤーが一体になっているboocoならではですね。

音声機能も充実

移動中や家事をしながらの「ながら学習」には、音声をかけっぱなしにできると便利です。

先述した通り、音声は無料で聞くことができるので、紙の書籍で勉強しているという方でも音声を聞くにはboocoがおすすめ。

そして、本書の特長は音声にあり!A、B、Cの3種類のコンテンツがあるのです。

音声A=英語例文+日本語訳

音声B=英語例文+リピーティング用ポーズ

音声C=講師による音声講義

まずはAを聞いて英文の音声と意味を確認、続いてBを使って発音練習と、目的に応じて使い分けられます。

Aを聞こうと思ったのにBの音声が出てきたりするとイライラしますが(私だけ?)、boocoなら、目当ての音声を一文ごとにパッと選べるのでストレスなし!

booco操作画面

そして本書ならではのポイントは、Cの「講師による音声講義」です。

先ほどもお話ししたとおり、本書に関わったTOEIC講師はなんと63名。「講師による音声講義」では、この講師陣が数名のグループに分かれ、わいわいディスカッションしながら各パートの攻略法を教えてくれるんです。

和気あいあいとしたグループもあれば、ボケとツッコミの漫才みたいなコンビもあり、まるでラジオ番組みたい。例文を使った学習に加え、この音声講義も聞けば、大事なポイントがしっかり定着しそうです。

耳から聞いたことは、話し手の声のトーンや口調とあいまって記憶に残りやすいもの。

「ちょっと勉強に疲れちゃったな」というときの息抜きにもぴったりです。

音読クイズでリフレッシュ

さて、締めはboocoで音読クイズに挑戦です。覚えた例文が表示されるので、マイクのアイコンをタップして発音してみてください。

booco操作画面

発音し終わると、星の数でフィードバック。星3つが最高です。

booco操作画面

ゲーム感覚で楽しく挑戦できるし、声を出すことでちょっとしたリフレッシュにもなりますね。

まとめ

TOEIC対策本なのに問題を解かない本書の学習法は、一見遠回りに見えるかもしれません。しかし、よく出題される単語や表現をまとめて覚え、TOEIC「あるある」を習得するこの方法は、パートや出題形式を超え、英語力を底上げしてくれるもの。むしろ王道ともいえるのです。

さらにboocoを使って学習すれば、鬼に金棒。次のテストで目標スコアを突破したい方は、ぜひ取り組んでみてください!

アプリなら、今すぐ本も音声も♪さらにクイズで総復習!

boocoアイコン

英語の勉強をもっと便利にする、英語学習アプリ「booco(ブーコ)」

英語の参考書や問題集をアプリ内で購入し、楽しくかつ徹底的に勉強できる英語学習アプリです。本のまま「読む」モード、音だけ流す「聞く」モード、力試しや復習テストができる「クイズ」モードを搭載。「聞く」モードの音声コンテンツは基本的に全て無料!「読む」や「クイズ」も一部無料で利用できます。まずは気軽に始めてみませんか?

※搭載モードは書籍により一部異なります

iOSはこちら

 

Androidはこちら

ENGLISH JOURNAL ONLINE 編集部

尾野七青子都内某所で働く初老のOL兼ライター。

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税込1,078円)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開される、専門性の高いオリジナル連載や月刊誌『ENGLISH JOURNAL』との連動特集など、すべての有料記事へアクセスできます。ほかにもイベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。まずはぜひ、2週間無料でお試しください。