ENGLISH JOURNAL ONLINE

映画で楽しく英語を学ぼう!/まきむぅが世界を旅して出会った、忘れがたい人と言葉の記録【EJ新書】

EJ新書

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」の人気連載をまとめた電子書籍「EJ新書」、2月に2冊同時刊行!おすすめポイントを紹介します。

「EJ新書」シリーズは、「英語学習の、その先」を提示するWebメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」(EJO)の人気連載や、英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)の特集を基にした、手軽でお得な電子書籍です。Amazon.co.jpなどで、絶賛発売中!

今回発売されるのは、翻訳者でライターの松丸さとみさんによる『映画で学ぶネイティブっぽいおしゃれ英語表現』と、執筆やメディア出演など多方面で活躍中の牧村朝子さんによる『旅する文筆家!まきむぅと巡る世界の英語』の2冊です。

松丸さとみ著『映画で学ぶネイティブっぽいおしゃれ英語表現』

「映画で英語を学びたい」なら、まずはこの本から!

「映画を字幕なしで見られるようになりたい」というのは、英語学習者なら誰もが持つ夢ではないでしょうか。「とは言え、何から始めたらよいかわからない」という方にぴったりなのが本書です。

英語フレーズの意味はもちろん、実際にどんな場面で使えるか、どんなニュアンスが込められているかといった点も詳しく解説されているので、楽しみながら「使える英語フレーズ」をしっかり身に付けることができます。

「次の映画は何を見よう?」という方にもおすすめ!

「英語学習のモチベーションアップのために、海外の映画を見てみようかな」と思っている方にもおすすめです。映画好きの著者が作品の背景や面白さ、キャストについて軽快に解説しています。本書を読めば、すべての作品を見たくなること請け合いです。

内容(抜粋

【第1章:明日からすぐ使える!頻出表現】

・映画で英語を学ぶ方法

・「~してもムダ」って英語でなんて言う?

【第2章:友達・恋人との仲を深める表現】

・「冗談よ」は英語でmessを使ってなんて言う?

・英語で「自分に厳しくしないで」ってなんて言う?

【第3章:サラッと言いたい、こなれ表現】

callを使って「終わりにしよう」にも「ちゃらにしよう」の意味にもなる表現

・「私情を挟まないで」って英語でなんて言う?

【第4章:知っておきたい、意外な意味を持つ表現】

・「お願いだから~して」を、pleaseを使わずに英語で言うには?

・inを使って「そっくり」って英語でなんて言う?

▼購入はこちら! 

牧村朝子著『旅する文筆家!まきむぅと巡る世界の英語』

英語にコンプレックスがあった。でも英語を学んだから、世界中のいろいろな人たちに出会えた。そして、「英語は1つではない」と知った。――米軍基地の街に育ちながら「ネイティブ英語」に違和感を持っていた著者が、世界12カ国100都市以上を旅する中で多様な人々や言葉と出会っていく様子を描いたエッセイ。シングリッシュ、マオリ英語、ピジン英語など、各地で独特な英語の歴史や表現、オランダ語やフランス語などの他言語と英語との関係も紹介。旅行気分を味わえる写真付き。

おまえの英語は恥ずかしいぞ、という脅しに囲まれて、「英会話フレーズ集」をめくる。

そこに、運命の言葉があった。

It’s all Greek to me.

「そんなの、全部ギリシャ語だ」っていう表現が、英語では「まったく訳がわからない」という意味になるらしい。

それなら、ギリシャ語ができれば、私の英語は笑われなくなるのかな?ギリシャ語さえできれば、苦しまなくて済むのかな?

Where are you from?と聞かれて、あなたはなんと答えてきただろうか。

I'm from Japan.と答えるように、私は教育された。日本の公立中学校で。

大人になって、海外に出て、I'm from Japan.と何百回、答えただろうか。

何百何回目だったかは、わからない。けれど、何百何回目かの出会いが、確かに、私を変えてくれた。

Where are you from?

この質問に、教科書フレーズではなく、自分自身の言葉で答えられるようにしてくれた。(本書より引用)

内容(抜粋

【第1章:シンガポールのシングリッシュ】OK了!が吹き飛ばしてくれた英語コンプレックス

【第2章:ギリシャのグリークリッシュ】It's all Greek to me.の意味は?「死神」という名の男の子との出会い

【第3章:ニュージーランドのマオリ英語】Where are you from?にどう返事する?

【第4章:オランダのダングリッシュ】「言葉同士がfalse friends」ってどんな意味?

【第5章:上海のピジン英語とチングリッシュ】英語を学ぶ動機が「海外に行きたいから」というのは本当か?

【第6章:フランスの英語】英語を学ぶときの葛藤の正体は?フランス人が教えてくれたこと

【第7章:スコットランドのゲール語、スコットランド語】「アイアイサー!」の「アイ」の意味は?エディンバラでグルメ旅

【第8章:ロサンゼルスのメキシコスペイン語】英語の通じないレストランがあるアメリカで未知の言葉を食べる

【第9章:アメリカ先住民諸語】Apache tearsって何?「ミリ妻」の涙の話

【第10章:ニュージーランド英語とドイツ語】「ニュージーランドに来る女性はKiwi husband狙い」って言われた

【第11章:ジャパングリッシュ、横浜ピジン語、クレオール】学校で英語を片仮名発音しないと笑われた

【第12章:日本のパングリッシュとニューオーリンズのダット・トーク】生きていくための英語とジャズを追い掛けて

▼購入はこちら!

著者インタビュー記事を公開中!

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

手軽に読める「EJ新書」シリーズ

まんがでわかる「go」の本 EJ新書 (アルク ソクデジBOOKS)
 

「GOTCHA!新書」の人気作も引き続き発売中!

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!