ENGLISH JOURNAL ONLINE

入試から資格試験まで!英単語を覚えるならやっぱりキクタン【ブックレビュー】

入試から資格試験まで!英単語を覚えるならやっぱりキクタン【ブックレビュー 】

英語学習と言えば、やっぱり英単語。そして、英単語を覚えるなら、リズムに乗って楽しく取り組める「キクタン」シリーズです。「キクタン」の人気の秘密をチェックしました。

やっぱり単語は「基本のき」

こんにちは!ライターの尾野です。

今日は、単語学習に役立つ「キクタン」シリーズを紹介します。

海外ドラマをネットで視聴したり、オンライン英会話を活用したり、便利で効果的な英語学習法が増えてきましたね。

ただ、どれもある程度の単語力がないと始まりません。また、大学入試や英検などの試験でも、やっぱり単語力が必要です。そんなとき、強い味方になってくれるのがこれ。クリアな色の表紙が印象的な「キクタン」シリーズです。本屋さんでも目立ちますよね。

暗記物といえば「地道にコツコツ」が常ですが、「キクタン」はその名の通り「聞く」単語集。リズムに乗って楽しく覚えられ、しかもしっかり「効く」から効果を実感でき、モチベーションもアップします。

黄色い表紙の『改訂第2版 キクタン【Basic】4000語レベル』は、「英語初級~中堅私大レベル」。大学受験をする方やそのレベルの英語力を身に付けたい方なら、まず挑戦するべき1冊です。

収録語の選定にもこだわりが!

収録する単語の選定にもかなりこだわっていて、最新の入試問題を徹底的に調査。その結果をもとに1200語の見出し語を選定し、頻出順、難易度順、品詞順に並びかえています。つまり、ムリやムダがなく、目標に向かって一直線に進める単語集と言えるのです!

さらに、アルクの「標準語彙水準SVL12000」も参照。大学入試に役立つだけでなく、日常生活でネイティブがよく使う単語や使い方も網羅しています。試験に合格するだけでなく、その後も長く使える英語力が身に付く。これも人気の理由の一つです。

「キクタン」の使い方をチェック!

本書のプログラムは、「1日16語×10週間+5日」。1冊を計75日間で終えられます。「最後の+5日って何?」と思うかもしれませんが、これは多義語に費やす時間。

1日16語なら、学習時間はあっという間。部活やほかの科目の勉強で忙しいときでも、これなら続けられます。

しかも、学習時間に合わせて「3つの学習モード」が設定されているので、さくっと派から完ぺき派まで、自分の性格やライフスタイルに合った使い方ができるのです。

①チャンツモード(1日1分半)

1日1分半って・・・。ごりごりの詰め込み教育を受けてきた昭和生まれからすると、冗談みたいな学習時間です。

これは、1日16語の「チャンツ」を聞き流すだけ。リズムに乗って「英語→日本語→英語→ポーズ」の順に音声が流れてくるので、ポーズのところで英語を口に出して言ってみましょう。

「朝起きたらキクタン」とか、「夜寝る前にキクタン」という具合に、習慣化するといいかも。

②フレーズモード(1日5分)

単語の意味だけでなく、使い方までまとめて覚えたい方はこちら。

「チャンツ」で単語の意味を覚えたあと、その単語を使ったフレーズをチェックします。例えば、create(~を創造する)という単語ならcreate a new trend(新しい流行を創造する)hold(~を開催する)という単語ならhold a symposium(討論会を開催する)といった具合。

お手本の英語の音声を聞いて、まねして言ってみるとより定着しそう。

③センテンスモード(1日10分)

ここではその単語を使ったセンテンス(文)を覚えます。先ほど出てきた、createholdならこんな感じ。

Ken created a short story.

ケンは短編小説を創作した

Mr. Ishii cooperated with us in holding this workshop.

石井さんは、この研究発表会を開催して私たちに協力してくれた

英単語だけ聞く場合と文章中の英単語を聞く場合とでは、まったく違って聞こえることもありますよね。このモードで文中の英単語の発音もチェックしておけば、リスニング対策にもなります

また、英語の文を見てパッと和訳を考えたり、反対に和訳を見て頭の中で英作文をしたりすれば、かなり力が付きそうですね!

短期間で集中的に単語力を身に付けたい場合は、「1週間分を1日で聞き、それを何度も繰り返す」というようにスケジュールをカスタマイズしてもいいと思います。フレーズモードなら、1日5分ですから、7日分まとめてやっても35分!短期集中で取り組むなら、これくらい頑張ってみてもよいのでは?

週末はディクテーションに挑戦

週末は、1週間のまとめとして、ディクテーション(聞き取った音声の書き取り)に挑戦。といっても、これも5分でできてしまいます。

正確に聞き取らないと書けないため、集中してリスニングする力がつき、スペルをマスターできるという効果も。できなかった問題は、その単語のページに戻って復習しましょう。

これも、お手本の音声について声に出して言ってみると、さらに力が付きそうです。

音声を聞くにはアプリがおすすめ

「キクタン」はその名の通り、「聞く」学習法が中心。となると気になるのが音声ですが、音声CDは付いていません。それももっともな話で、きょうび大学受験をするお年頃の方は、CDプレーヤーを持ってないかもしれませんものね・・・。

でもご安心を。本書の音声は全部無料でboocoというアプリで聞けます!

自分の目標に合わせて選べる

この黄色いキクタン『改訂第2版 キクタン【Basic】4000語レベル』には、兄弟(姉妹?)がたくさんいます。

末っ子から順番に(易→難)並べるとこうなります。

  • 改訂版キクタン【Entry】2000(桜色の表紙)
  • 改訂第2版キクタン【Basic】4000語レベル(黄色の表紙)
  • 改訂第2版キクタン【Advanced】6000語レベル(水色の表紙)
  • 改訂第2版キクタン【Super】12000語レベル(紫色の表紙)


桜色の表紙の『Entry』は、その名の通り「キクタン」シリーズの入門編。1日8語ずつ学ぶという、さらにゆっくりめのスケジュールなので、まずは学習習慣を身に付けたい方にいいかもしれません。

そして、中堅私大までを目標にするなら黄色い表紙の『Basic』、難関大学を目指すなら水色の表紙『Advanced』がおすすめ。超難関大学を目指すなら、紫色の『Super』も押さえておきたいものです。

この4冊は、いずれもboocoに対応していますので、一度boocoをダウンロードしておけば、すぐに音声を聞くことができます。これは便利!

それではまた!

アプリなら、今すぐ本も音声も♪さらにクイズで総復習!

boocoアイコン

英語の勉強をもっと便利にする、英語学習アプリ「booco(ブーコ)」

英語の参考書や問題集をアプリ内で購入し、楽しくかつ徹底的に勉強できる英語学習アプリです。本のまま「読む」モード、音だけ流す「聞く」モード、力試しや復習テストができる「クイズ」モードを搭載。「聞く」モードの音声コンテンツは基本的に全て無料!「読む」や「クイズ」も一部無料で利用できます。まずは気軽に始めてみませんか?

※搭載モードは書籍により一部異なります

iOSはこちら Androidはこちら

ENGLISH JOURNAL ONLINE 編集部

尾野七青子都内某所で働く初老のOL兼ライター。