英語は根性が無いとダメ? いや「継続と最適な学習方法」を知らないだけ

progrit_top

グローバルな舞台での仕事が当たり前にになりつつある令和の今、ビジネスシーンで英語を話さなければならないシーンは増える一方です。そこで今回、スピーキング力を伸ばすことに定評のある英語スクール、プログリット(PROGRIT)に、その「秘訣」を伺いました。

プログリット(PROGRIT) https://www.progrit.co.jp/

3カ月で結果を出し、一生使える「英語学習のやり方」を徹底伝授

今回、お話をうかがったのはこのお二人です。

▼矢部大輔さん サービス企画カリキュラム担当 

Mr.Yabe

▼Mariaさん 英語学習コンサルタント

Ms.Maria

お二人は「英語スピーキング力を伸ばす秘訣」ついて、こう話します。

英語スピーキング力を伸ばしたくても、忘れてはいけないのがインプット。英語力を伸ばすためには、大量にインプットすることを前提に、インプット・アウトプットをバランスよく学習していくことが重要です。インプット学習でおすすめなのはシャドーイングと多読。アウトプット学習でおすすめなのは瞬間英作文のトレーニングです。「これ!」と決めたら迷わずに突き進むことも大切です!

どんなトレーニングをするの?

プログリットの基本的な受講期間は2カ月、3カ月、6カ月。もちろんその期間でVERSANT Speaking TestやTOEICテストのスコアアップといった結果を出していただきますが、英語学習は「数カ月で終わり」というものではありません。プログリットは卒業後も一生使える「英語学習の自走力」をつけていただくことを目指しています。

スピーキング力アップのための3つの秘訣

プログリットがスピーキング力アップの秘訣と考えているのは次の3つのポイントです

  1. 英語学習におけるインプットとアウトプットの黄金比
  2. 専属コンサルタントが毎日徹底サポート&週1で面談
  3. 無駄を一切なくした効率的なカリキュラムと学習法

「学習方法が分からない」「モチベーションが続かない」「学習時間を捻出できない」と悩む方にぜひご利用いただきたいサービスです。

中学英文法と基本単語は押さえている受講生が多いですが「中学英文法も忘れてしまった」という方、「ある程度英語力はあるがさらに伸ばしたい」という方にも、しっかりご対応します。

受講生のレベル合った教材を選び、ベストな使い方を徹底指導

初回の面談で、英語学習コンサルタントが受講生のレベルを詳細に分析し、学習計画を作成します。同時に、書籍、動画、オンライン英会話といった数ある英語教材やサービスから「その人のレベルに最適な教材」を選び出し、さらに「ベストな使い方」を事細かにアドバイスします。「教材を使い倒す力(=自走力)をいかに身につけていただくか」を考えているためです。

学習開始後はコンサルタントが週1回の面談に加え、LINEでのやりとりを毎日行い、学習の継続をサポートします。

progrit_consul

スピーキング力をつけたいなら「話す」前に「インプット」

「スピーキング力をつけたい」と思ったとき、真っ先に話す練習をしてしまう人もは多いかもしれません。しかし「話すこと自体では言語の知識は増えない」というのが第二言語習得論の定説。

大人が英語力を伸ばすには、「大量のインプットと少量のアウトプットが必要である」といわれています。インプットとアウトプットの理想的な比率は「8:2」や「7:3」など諸説ありますが、アウトプットよりもずっと多くのインプットを行うことが大切だということを踏まえ、両方のトレーニングをバランスよく行っていきます。
インプット学習のメインは「シャドーイング」と「多読」です。シャドーイングは、聞いた音声を口でリピートしながら影のように追随していくトレーニング。英語独特のイントネーションや発音を頭の中に蓄積することで知覚できる音を増やし、限られた脳のキャパシティを意味理解に使えるようにしていくことが大きな狙いです。ネイティブのアクセント、イントネーションなどもすべて真似て発話することによって、相手に伝わりやすい話し方も獲得できます。
多読では、大量の英文をスピードを測りながら読み、読むスピードを上げることを目指していきます。英文を英語の語順のままどんどん処理していく力を鍛える狙いがあり、スピーキングにおいて相手の発話を理解する力につながります。

シャドーイング音声を毎日添削。辛かったトレーニングが楽しみに

受講生は自分のスマホで録音したシャドーイングの音声データを、毎日LINEでコンサルタントに送付します。コンサルタントは正しく聞き取れていたところと改善ポイントをフィードバック。音を認知できると発音しやすくなるため、難しい箇所についてはカタカナで音を解説します。添削内容を翌日のシャドーイングに活かすため成長を感じやすく、最初は「毎日のシャドーイング添削が苦しい」と言っていた人が「シャドーイングが1日の学習をスタートするエンジンになる」「一番楽しい」と変わっていくことも多いです。 

progrit_study

瞬間英作文の徹底トレーニングで、英作文の速度を上げる

アウトプット学習としてメインで行うのは、パターンプラクティス。書籍の『瞬間英作文』を利用し、簡単な日本語を瞬時に英訳するトレーニングを繰り返し、英作文の速度を上げていきます。「『瞬間英作文』を過去に自分で買ったが挫折してしまった」と話す受講生も多いですが、「なぜこの教材を使うのか」をしつこいぐらいに伝えて目的意識をはっきりさせること、成長を数値で把握できる工夫をすること、によって最後までやり通せます。
世の中に良い教材や優れたサービスの選択肢は数多くありますが、自分で選んでスタートしても「自分にレベルは合っているのか?」「本当に効果があるのだろうか?」と悩み始め、結局やめてしまうというケースが少なくありません。

プログリットは第三者目線で「あなたにはこれですよ」「この使い方がベストですよ」と提案できるので、受講生は「これさえやればいい」と自信を持てます。数カ月間で、一生使える「英語学習の自走力」をつけて、英語と長くつきあっていってほしいと考えています。

progrit_4

数ある教材の中から、受講生のレベルや目的に最適なものを専属コンサルタントがセレクトする

効果を実感!受講生の声

実際にプログリットのトレーニングを受講した方から、その効果を実感する声が届いています。

  • 経営者としても母親としても多忙な中で英語学習を習慣化し、海外で商談ができるように! ここで得た学習法やマインドをもとに学習を続けます。

(音楽関連企業 女性)

  • 今後のキャリアを見据え40代でビジネス英会話コースを3カ月受講。3週間目から効果を感じ、VERSANTスコアが31点から40点に上がりました。

(IT関連企業 男性)

  • 外資系勤務のため英語力の不足を感じて受講。コンサルタントの指導通りにオンライン英会話を毎日30分徹底活用し、苦手だったプレゼン前のアイスブレイクもこなせるようになりました。

(外資系金融 男性)

PROGRITとVERSANTを組み合わせて学習

受験のタイミング:受講前・受講後

3カ月コース受講後はVERSANT Speaking Testスコアが平均5〜6点アップ、6カ月コースでは10点以上アップする人も珍しくありません。5点アップはCEFR(言語能力を評価する国際指標)のレベルが1つ上がる大きな成長。短期間でかなり高い伸び率を達成しています。

スクール情報

logo

プログリット(PROGRIT) https://www.progrit.co.jp/

代表的な料金プラン ※価格はすべて税抜きです。

ビジネス英会話コース

  • 2カ月プラン 328,000円+入会金50,000円
  • 3カ月プラン 468,000円+入会金50,000円
  • 6カ月プラン 894,000円+入会金50,000円

 ※12カ月プランもあり

 

TOEIC L&Rコース

  • 2カ月プラン 328,000円+入会金50,000円
  • 3カ月プラン 468,000円+入会金50,000円
  • 6カ月プラン 894,000円+入会金50,000円

 ※12カ月プランもあり

TOECL iBT & IELTSコース

  • 2カ月プラン 328,000円+入会金50,000円
  • 3カ月プラン 468,000円+入会金50,000円
  • 6カ月プラン 894,000円+入会金50,000円

 ※12カ月プランもあり

  

 

運営会社:株式会社プログリット 

 

▼YouTubeはこちら

 ▼tiktokはこちら

取材・執筆:株式会社REGION