世界的人気の秘密はここにあり!『ファイナルファンタジーXIV』のローカライズに迫るVol. 2【FFXIV】

世界的人気の秘密はここにあり!『ファイナルファンタジーXIV』のローカライズに迫るVol.2【FFXIV】

『ファイナルファンタジーXIV』ローカライズ担当のTom MillsさんとKathryn Cwynarさん

日本発の大人気ゲーム『ファイナルファンタジーXIV』は世界同時配信のオンラインゲームです。世界中のプレイヤーが同じタイミングで同じ体験をすることを可能とするために、ゲームは「ローカライズ(地域化、言語対応)」されています。本作の世界的な人気を陰で支えるローカライズ担当のお二人に、「最近のローカライズ事情」や「仕事へのこだわり」「本作の魅力」などをお伺いしました。

ゲームで楽しみながら英語に触れよう!

今回インタビューを受けてくださったのは、『ファイナルファンタジーXIV』ローカライズ担当のお二人です。イギリス生まれのTom Mills(トム・ミルズ)さんは、翻訳チームの頼れるお兄さん的存在。日本語を話すときはバリバリの関西弁なんだそう。アメリカ生まれのKathryn Cwynar(キャサリン・スウィナー)さんは、ゲームの世界設定にも精通しており、いつも笑顔でチームの頼れるムードメーカーです。

※「実際に行っている作業」や「近年のローカライズ」については、Vol.1で確認できます。

ej.alc.co.jp

※『ファイナルファンタジーXIV』ってどんなゲーム?ゲーム内ではどんな英語が使われているの?「ローカライズ」って何?などはこちらの記事で確認できます。

ej.alc.co.jp

ej.alc.co.jp

大人気ゲームのローカライズの秘密に迫ろう!

※本音声には周囲の雑音が含まれています。ご了承ください。

Q. ローカライズをする際のこだわりや気を付けていることはありますか?

Kathryn Cwynar: If I’m playing a fight, I don’t want the boss to be hitting me with some attack that has a really silly name, because then I don’t feel as cool when I’m fighting the boss. So, when I’m translating it, I want it to be something that sounds cool to English speakers. This can sometimes be an issue because sometimes you’ll have words that are in katakana in Japanese, and that, (1)by nature, sounds cool in Japanese because it’s an English word that is being used in Japanese. So, it’s, like, “Oh, it’s, it’s got this (2)foreign-sounding appeal, and it sounds really interesting.” But then, if I am to take that word and then put it back into English, then that’s just a normal word. Um, so then it’s like, “Oh, ‘super normal punch.’” And I’m, like, “Mm, probably shouldn’t use that.” Uh, so that’s kind of something I, I like to focus on — is, uh, “Will an English-speaking player play this and think, ‘Oh, I feel really cool’?”

キャサリン:自分が戦闘シーンをプレイしているとしたら、ボスキャラからとてもばかげた名前の攻撃を受けたくありません。ボスと戦っているかっこよさが感じられないですから。だから、そのような翻訳をするときには、英語を話す人にとってかっこよく聞こえるようにしたいのです。これが時々問題になるのは、日本語にカタカナで表された言葉がある場合です。カタカナの言葉は、英単語が日本語の中で使われているので、日本語ではもともとかっこよく聞こえます。つまり、「ああ、この外国風の響きに魅力があるから、とても面白そうに聞こえる」というわけです。しかし、私がその単語を英語に戻すと、それはただの普通の単語になってしまいます。例えば、『超ふつうのパンチ』とか。これは「うーん、たぶん使 えないでしょう」となります。それがいわば、私がこだわりたいことで、「英語を話すプレイヤーがこれをプレイして、『本当にかっこいい』と思うか?」です。

語注

(1)by nature 生まれつき、もともと (2)foreign-sounding 外国風に響く、外国語風のて

Q. この仕事でやりがいを感じられるのはどんなときですか?

Tom Mills: We actually both play the game as well, so we don’t just see it (1)from the point of view of the localization team. We also see it from their point of view as well. So we kind of enjoy it in a similar way when the characters that we like get to do something cool or interesting, then we kind of enjoy that, too. And this helps us to really (2)get into the work and, like, really get into the characters as well. And so, when we’re writing the dialogue, we can kind of imagine what they might say in each of these situations. So, that makes it really (3)worthwhile for us.

トム:2 人とも実際にこのゲームのプレイもするので、ローカライズチームの視点だけから見ているわけではありません。別の(プレイヤーの)観点からも見ていて、同じように楽しんでいる気がします。お気に入りのキャラクターが何かかっこいいこと、または面白いことをすると、同じように楽しんでいます。これがあることで、仕事にとても夢中になり、キャラクターたちにものめり込むようになります。だから、会話を書いているとき、それぞれの状況で彼らが何を言うだろうかと、いわば想像できるようになります。これは、私たちにとって大きなやりがいです。

語注

(1)from the point of view of ~ ~の観点から (2)get into ~ ~にのめり込む、~に夢中になる (3)worthwhile 価値のある、やりがいのある

Q. このゲームの魅力はどんなところだと思いますか?

Kathryn: I think the greatest thing about this game, and I know this (1)is true for everyone in the industry (2)to some degree — we all care about what we’re doing — but the dev team of FINAL FANTASY XIV, pretty much everyone plays the game. Everyone really loves this game, and I think it very much shows in what they make.

Tom: I think you can tell how much that the development team and the localisation team enjoy this game because they always (3)put more effort than is necessary into everything. Like, for example, if you, er, talked on a scale of 1 to 10 on how much effort you put into something, maybe a 5 would be OK, but this team, they put 10, 11 into everything they do, and it really shows. And I think the players can feel that as well. We’re just as enthusiastic about the game as the players are.

キャサリン:このゲームのいちばん素晴らしいところだと思うのは、そしてこの業界の誰にとってもある程度当てはまることですが―私たちは皆自分たちがしていることを大切にしているんです―ファイナルファンタジーXIV の開発チームのほぼ全員がこのゲームをプレイしていることです。皆本当にこのゲームが大好きで、それは彼らが作っている物からもよく見て取れると思います。

トム:開発チームとローカライズ・チームは、常にすべてのことに必要以上に熱心に取り組んでいて、本当にこのゲームを楽しんでいることがおわかりいただけると思います。例えば、何かについてどれほど熱心かを1 から10までの段階で表すとしたら、おそらく5 ならまずまずですが、このチームはすべてについて10 か11 の熱心さで行っており、それが実際に表れています。そしてプレイヤーも同じように感じられると思います。私たちはプレイヤーとまったく同じようにゲームに夢中なのです。

語注

(1)be true for ~ ~に当てはまる  (2)to some degree ある程度まで (3)put effort into ~ ~に取り組む

すべての冒険者よ、集え!仲間たちの待つエオルゼアの地へ!

お二人の話す「ローカライズ」が気になった方は、実際に『ファイナルファンタジーXIV』の世界へ飛び込んでみませんか?期間制限なく無料で遊べる「フリートライアル」もあります。PCまたはPlayStation 4でプレイできるので、チェックしてみてください!

sqex.to

インタビューのフルバージョンは『ENGLISH JOURNAL』2020年6月号で!

企画協力:株式会社スクウェア・エニックス 翻訳:片桐恵里 写真:編集部

※本記事は『ENGLISH JOURNAL』2020年6月号に掲載された記事を再編集したものです。