英語上級者も要注意!日本人がやりがちな間違い表現【ブックレビュー】

英語大全

コンパクトな新書サイズで楽しく読めて、しっかり英語学習の役に立つ本を紹介します。英語初級者はもちろん、仕事で英語を使う人や、英語上級者も必読です!

「日本人が間違う英語」には共通点がある!?

この本の著者であるジェームス・M・バーダマンさんは、アメリカはテネシー州生まれ。日本人に40年以上英語を教えてきた、英語教育の大ベテランです。

そんなバーダマンさんによれば、日本人の英語の間違い表現には共通するパターンがあるとか。ちょっとしたミスはご愛嬌(あいきょう)ですが、ネイティブスピーカーをぎょっとさせたり、不快にさせたりするような間違いは避けたいものです。

本書では、そんな英語表現を150例、クイズ形式で紹介しています。「英語には、まあまあ自信あるのよね」という方も、読んでおいて損はありません!

どんな表現が掲載されているのか、早速見てみましょう。

日本語でも難しい!人に依頼する表現

職場などで「〇〇してもらえませんか?」と頼むのは、日本語でもなかなか難しいですよね。相手の忙しさや、スキル、権限などなど、さまざまな条件を考慮する必要があります。

さて、次の日本語を英語で表現するとき、適切なのはどちらでしょうか?

これを手伝ってくれる?

【A】Could you help me do this?

【B】Will you help me do this?

どちらも文法的に間違っているわけではありませんが、マナーにのっとっているのは【A】の表現です。

何かを依頼するのは、頼む側にとっても頼まれる側にとっても、ちょっとしたストレスですよね。そんなストレスはできるだけ減らしたいもの。そのために、英語では2段階を踏むのがマナーです。

まず、可能かどうか(Can you~? や Could you~? )を尋ねてから、手伝う意欲があるかどうか(Will you~? や Would you~?)を尋ねます

ですからまずは、次のように声を掛けるのがベスト。

これを手伝ってくれる?

Could you help me do this?

円滑な人間関係のために、こうした気遣いが必要なのは英語でも日本語でも同じ。覚えておいて、ぜひ使ってみてください!

要注意!何かをおすすめする表現

このところの外出自粛で、「家で映画やドラマばっかり見ている」という人も多いのでは?面白い作品に出合うとつい人に勧めたくなりますが、そんなときの表現にもちょっとした注意が必要です。

さて、次の日本語に合う英語表現はどちらでしょう?

あの新作映画は見たほうがいいよ。

【A】You should see the new movie.

【B】You had better see the new movie.

これも、どちらも文法的には正しいのですが、使いたいのは【A】の表現です。

本書によれば、日本人はちょっとしたアドバイスをしようとして had better をよく使うとのこと。しかし、ネイティブスピーカーにとって had better は「強制的」で「命令している」ように聞こえる表現なのだそう。きついタイプの上司が部下に対して使うような表現なのです。

これを、自分の上司やクライアントに使ってしまったとしたら・・・。そう思うとぞっとしますね。

一方、日本人にとってはなんとなく強制的な感じがする should ですが(シュッとしてるから?)、こちらの方が、何かを勧めたり、軽くアドバイスをしたりするのに適した表現なのだとか。

使い分けに自信がない人は、とにかく should を使うと覚えてしまった方がいいかもしれません。

さて、正しい英語表現をもう一度復習しておきましょう。

あの新作映画は見たほうがいいよ。

You should see the new movie.

「汚い」にも種類がある!?

3つ目は、人から言われたくない、こんな表現。さて、どちらが正しいでしょう?

ジムの机は汚い。

【A】Jim’s desk is always dirty.

【B】Jim’s desk is always messy.

日本語では、「床や壁が汚れている」ことも「物が散らかっている」ことも、同じように「部屋が汚い」と表現しますね。英語では、これらをしっかり区別します。

机の上に書類などが散らばっていて「汚い」=messy

ほこりや汚れが付いていて「汚い」=dirty

オフィスの机が dirty な場合もなくはないでしょうが、「いつも」というのは考えにくいですね。妥当な表現としてはこうなります。

ジムの机は汚い。

Jim’s desk is always messy.

さらに、「机の上にコーヒーなどがこぼれて汚い」という場合は、また別の表現があります。

(コーヒーやスープ、水など液体が)こぼれて汚れている=sloppy

オフィスの机は、messy でも dirty でも sloppy でも評価が下がりそう。これは日本も海外も共通ですね。次に出社したら、すぐに自分の机を掃除したいと思います。

まとめ

日本人が間違いやすい英語表現を、クイズ形式で紹介している本書。2ページで1問という構成になっているので、ちょっとしたスキマ時間に気軽に読んで、役立つ知識を身に付けることができます。もちろん、まとめて読むのもおすすめです。

正しい方の表現をたくさん覚えて、ぜひ使ってみてくださいね。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

文:尾野七青子
都内某所で働く初老のOL兼ライター。映画『ダーティーハリー』の主人公の机は dirtyかつ messy ですね、たぶん。