英語のcouldを使いこなそう!どんなときに使えばいいの?

英語のcouldを使いこなそう!どんなときに使えばいいの?

couldが使いこなせるようになると、英語が上達したなと実感できる人も多いとか。今回は、日常会話で使えるcouldの用法をご紹介します。英語の小さな疑問を解決して、英語を発信する力を付けていきましょう!

疑問:couldはどんなときに使えばいいの?

couldはcan(できる)の過去形だから、「できた」という意味。でも、「できた」以外にも使えるようになりたいのですが、どんなときに使えるのでしょうか?

英語ネイティブが使うcouldの用法を、早速、動画で見てみましょう。

答え:「お願いする」「可能性を示す」「控えめに提案する」「推測する」とき

couldは、さまざまな状況で使われますが、今回は、couldが使いこなせるようになるためのいくつかのパターンを見ていきましょう。

  • 「昔は~ができた」
  • 「~してもいいですか/~していただけますか」
  • 「~かも」
  • 「やろうと思えばできたけど、やらなかった」
  • 「~だったかもしれない

「昔は〜ができた」

基本的にcouldはcanの過去形として使われ、「(昔は)〜をこなす能力を持っていた」や「(以前は)〜が可能であった」などの意味として使います。

Ten years ago, I could pull an all-nighter and feel totally fine the next day.

10年前は、徹夜をしても翌日も全然平気でした。

In my twenties, I could run a sub 4 hour marathon.

20代の頃は、マラソンを4時間以内で走れた。

「~してもいいですか/~していただけますか」

相手に何か許可を求めるときや依頼をするときに、canの代わりにcouldを用いることで、canよりも丁寧な響きになります。そのことから、フォーマルな場ではcanよりもcouldを用いられる傾向があります

Could I take the day off tomorrow?

(上司に)明日休暇を取ってもいいですか?

Excuse me. Could you tell me where the restroom is?

(レストランの店員に)すみません、トイレはどこですか?

「~かも」(現在、未来の可能性

couldは、mightやmaybeと同じ役割を果たし、過去の可能性でなく、現在または未来の可能性を示すときや、控えめに提案するときにも使います。

It’s a holiday today. That restaurant could be closed.

今日は祝日だからあのレストランはしまってるかも。(可能性を示す)

We could go watch a movie tonight.

今夜映画を見に行ってもいいかもね。(控えめに提案する

「Could have+過去分詞」の3つの用法

最後は「Could have+過去分詞」の形式。この形式を使う場合、基本的に3つの用法があります。

「やろうと思えばできたけどやらなかった」

1つ目は、「やろうと思えができたけど、やらなかった」または、「条件がそろっていなくてできなかった」などと表現をする場合に、「I could have ~+ but +~」のように表現します。例えば、

I could have studied abroad in college( but I didn’t).

大学生のときに海外留学しようと思えばできたんだけど、しなかった。

となります。最後のbut I didn’tは言わなくても、伝えたいニュアンスは伝わります。
もし、butを加えるのであれば、しなかった理由、できなかった理由を続けて述べるのが一般的です。

I could have studied abroad in college but I was too busy with school.

大学生のときに留学できたんだけど、学校の勉強であまりにも忙しくて。

また、butをifに変えて「I could have ~+ if ~」とすることで、「もし〜であれば〜ができた」というニュアンスになります。 

I could have passed the test if I had studied for it.

ちゃんと勉強してたらテストに合格できたんだけど。

「~だったかもしれない」(起こる可能性はあったけど、起こらなかった)

2つ目は、何かが起こる可能性はあったけど、実際には起きなかったことを表すときに使われ、日本語の「〜だったかもしれない」を表します。

I can’t believe you did that. You could’ve been fired.

そんなことしたなんて信じられない。クビになってたかもしれないよ。

Luckily, no one was hurt in the accident. It could’ve been lot worse.

幸いなことに、その事故で誰もけがをしませんでした。不幸中の幸いです。

「~かも?」(過去のことを推測する)

3つ目は、日本語の「〜かも」のように、(過去のことを)推測をするニュアンスとして用いるパターンです。例えば、バーベキューに参加するはずの友達のヒロが、まだ来てない状況で、誰かがWhere’s Hiro?とあなたに聞いてきたら、下記の例文のように返答できます。

He could’ve gotten lost.

道に迷ったのかも。

He could’ve forgotten about the BBQ party today.

今日がBBQパーティーだってことを忘れちゃったのかもね。

今回の英語の疑問解決はHapa英会話のブログで詳しく読めます。次回もお楽しみに!

5月末までキャンペーン延長!

ej.alc.co.jp

Hapa 英会話の SNS

Jun 先生の本

CD付 Hip Talk LA

CD付 Hip Talk LA

  • 作者: ジュン・セニサック
  • 出版社/メーカー: ディーエイチシー
  • 発売日: 2016/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
CD付 Hapa英会話 ネイティブ感覚で話す英語フレーズ

CD付 Hapa英会話 ネイティブ感覚で話す英語フレーズ

  • 作者: ジュン・セニサック
  • 出版社/メーカー: ディーエイチシー
  • 発売日: 2018/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

ジュン セニサック

Jun Senesac(ジュン セニサック)

アメリカ、ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親がアメリカで運営する英会話学校 BYB English Center にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア大学サンタバーバラ校在学中に1年間、一橋大学へ交換留学。大学卒業後に再来日し、国際交流員として石川県の内灘町役場で2年間勤務。2011年にアメリカへ帰国し、BYB 姉妹校をアーバインに開校。 2013年に英語学習サイト「Hapa 英会話」を立ち上げる。2014年2月にスタートした Podcast の配信数が、合計2000万ダウンロードを突破し、iTunes Japan の『Apple必聴Podcast作品』として2019年は3年連続5度目の選出となる。

構成・編集:増尾美恵子