「私の紅茶」ってどういう意味?【映画で英語】

映画で英語

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回1つ紹介します!今回も前回に続き、ジュリア・ロバーツ主演の『食べて、祈って、恋をして』から、one’s cup of tea という表現です。

今日のおすすめ表現

one’s cup of tea

映画の中では、“I’m not everyone’s cup of tea.”という言い方で使われています。この文章でも言えることですが、一般的に、否定文で使われることが多い表現です。

表現の出どころ

ジュリア・ロバーツ主演の映画『食べて、祈って、恋をして』からの表現です。

食べて、祈って、恋をして (字幕版)

食べて、祈って、恋をして (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

前回ちらっと書きましたが、原作はジャーナリストのエリザベス・ギルバートが書いた同タイトルの回顧録。この映画の主人公「リズ」はエリザベスのニックネームで、エリザベス・ギルバート本人が実際に経験したことを、1冊の本にしたものが原作になっています。

Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia

Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia

前回書いた通り、映画としては少し残念な評価が多いのですが、本は非常に人気で、例えばAmazon.comでは5200件以上のレビューを集め、星の数は4.2と高い評価になっています。また、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストのペーパーバック・ノンフィクション部門で57週間、1位に君臨し続けました。

さまざまなメディアで、原作と映画を比較した記事が書かれています。それらの記事を読んでみると、300ページ以上の分厚い本にしたためられたリズの心の動きや、場の細かな描写が、映画の中には反映しきれていなかったという意見が多いようです。

日本語版は2010年に出ていましたが、今年3月、「十年目のまえがき」を収録して装いを新たにした文庫版が、早川書房から発売されました。

映画だけでなく書籍も読んでみると、リズがなぜ旅に出るに至ったのか、といった心情をより深く理解できるかもしれません。

原書である英語版本も、そこまで難しい単語や文法は使われていませんので、洋書を読んで語彙力をアップしたいと思う人は、チャレンジしてみてくださいね。

表現の使い方

主人公リズはライターで、自分が書いた劇の舞台を観客席から見ていました。お芝居が終わった後、舞台で演じていた俳優のデイビッドと言葉を交わします。

舞台の最中に、観客がつまらないと言って出て行ってしまったのですが、そのことについてデイビッドがリズにわび、リズはこう言います。

I’m not everyone’s cup of tea.
私は万人の好みってわけじゃないから。

ここでいう「私」はつまり「私の作風」であり、誰にでも好かれる作風というわけではない、と言っています。冒頭で書いた通り否定文で使うのが一般的で、「好みではない」「趣味ではない」“not one’s taste”を意味する表現です。

例えば、“The book is not my cup of tea.”といえば、「この本は私の好みじゃない」となります。

“tea”という言葉が使われていることからも想像が付く通り、もともとイギリスで使われ始めた表現のようです。

まとめ

「嫌い」など強い言葉を使わずに「好みではない」と表現できるのが、今回のフレーズです。

「私の好みじゃないんだよね〜」と気軽に言いたいときに、“It’s not my cup of tea.”を言ってみてくださいね。

松丸さとみさん

文:松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter:https://twitter.com/sugarbeat_jp