TOEIC対策!英語リスニングの上達の秘訣は「音まね」にあり

ゲーム感覚で攻略!TOEIC戦略特急

英語のリスニングの勉強に困っていませんか。そんなあなたにおすすめなのが、この連載です!新刊『TOEIC L&R TEST 戦略特急 スコア育成計画』の著者、渡邉淳さんにこの本の中から抜粋して、「TOEIC の本をゲーム感覚で徹底的にやり込み、成果を出す方法」を伝授していただきます。

こんにちは!英語学習コンシェルジュのぽるぽること渡邉淳です。

リスニング(音声を聞いて、意味を理解する)の力を高めるために必要なことは何だと思いますか?多くの方が「たくさん聞く」ことだと思われるかもしれません。ぼくが TOEIC 対策をしていたころもそう考えて、とにかく英語をたくさん聞いていた時期がありました。

しかし、一向に伸びが感じられない。このままではいけないと、いったん学習をやめて、いろいろとリスニング学習に関する情報を調べました。そこで得た結論を今回お伝えいたします。

結論

1:理解していない英語は何度聞いても効果が薄い
2:まねができる英語は聞き取りやすい

ではここからは、なぜぼくがこの2つの結論にたどり着いたのか、説明していきたいと思います。

リスニングを攻略するための作戦を練ろう!

リスニングを攻略するための作戦

少し極端な例になりますが、学んだことのない言語をとにかく聞くことで、リスニング力がアップするでしょうか?実際は、がむしゃらに聞くような姿勢では効果を感じにくいと思います。

なぜなら、今、僕はこの記事を書くのを中断して、フランス語を聞いています。ところが、さっぱり分かりませんし、分かるようになりそうな兆しもありません。ただ聞いているだけでは、リスニング力のアップは難しそうです。では、何が原因で、リスニングができないのでしょうか?その答えは、

  • 音声を聞けていない
  • 語彙を知らない

 

僕がフランス語を聞いて分からなかったのは、フランス語の音が分からないから、そもそも意味のある音のかたまりとして聞き取れなかったからです。英語も同じです。単語同士がつながっているように聞こえて、音声を聞けないということはよくあります。話し手の話すスピードが速くて、聞き取れないこともあるでしょう。

また、音は聞き取れているのに、なぜかそれが意味のある言葉として頭の中に入ってこない原因が「語彙力」です。例えば、英語で「パラレル」と言われたら、何を表しているかが分かりますか?

正解は parallel「平行な」です。

そもそもの語彙を知らないと、音は聞き取れているのに、意味が分からないという現象が起こり、どうしようもない場面に出くわすのです。

リスニング力アップのためには、これら2つの問題をなくしていく必要があります。

基本トレーニングとして「音まね」をしよう!

音真似

そもそも、音声を聞けていないと始まらないので、音が聞けるようになるところから始めましょう。その方法が「音まね」です。要は、モノマネですね。赤ちゃんや小さな子どもは、大人の話す言葉をまねしますよね。最初は下手であっても、何度も言ううちに、徐々にうまくなっていく。あの感じと一緒です。

「音まね」は最初は難しいです。なかなかうまくできずに、悔しい思いをするかもしれません。でも、成長する途中段階ですから、そこは気にせず、何度もトライしましょう!日本人にとって、英語は音声的にも文法的にも遠い言語です。いきなりうまくいくことはないと割り切る姿勢も大事です。

具体例を出しましょう。on a vehicle はどのように発音されると思いますか?1語ずつだと「オン ア ビークル」という感じです。でも、実際は「オナビークル」と聞こえます。このように声に出すのは恥ずかしいかもしれません。でも、「音まね」を通して、自分の知っている音と実際の音のギャップを埋めていけば、必ずリスニング力は上がります。

単語は「正しい発音」で覚えよう!

音声を聞けていないという問題に対しては、「音まね」で対処すればいいと分かりました。では、「語彙を知らない」ことに対しては、どうすればよいでしょうか?答えはいたってシンプルです。「語彙を覚えましょう」ということ。単語には、地道に、誠実に向き合うしかありません。でも、覚えてしまえば、強力な味方になってくれる分、何度も顔合わせをして、仲良くなっていきましょう。

ただ、一つだけご注意いただきたいのは「発音」です。間違った発音で単語を記憶してしまうと、リスニングで聞こえてきた音と違ってしまい、せっかくの単語の知識が無駄になります。そのため、単語を覚えるときには何度も聞いたり、自分で発音してみたりして、正しい発音で単語を覚えるようにしましょう。少しずつ成長していく感覚を楽しんでくださいね!

リスニング力アップのトレーニング方法が満載の一冊!

今回ご提案した「音まね」については、11月20日に発売した『TOEIC L&R TEST 戦略特急 スコア育成計画』でご紹介しております。さらに詳しい説明が書いてありますので、ご一読いただけるとうれしいです。

今回は特定のパートについてはお伝えしていませんが、『戦略特急』の中では、各パートに合ったトレーニング方法をご紹介しています。一つの素材を正しく学習し、さらに復習すると理解が深まることを実感してみてください。

TOEIC L&R TEST 戦略特急 スコア育成計画 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC (R) L&R TEST 戦略特急 スコア育成計画 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

 

\\やったね!//

レベル4達成!この記事を読んで、あなたの経験値は1上がった、呪文を1つ覚えた!

発刊記念イベント開催!【@渋谷】

2020年最初の TOEIC(R) 公開テストが終わった翌週にイベントを行います。ぼくのイベントは都内が中心で、今回も都内での開催なのですが、動画での受講ができるイベントとなっております。ご興味のある方はぜひチェックしてくださいね。

日時:1/15(水)19:30-21:00
場所:天狼院書店@池袋

▶イベントに関する詳細はこちら

渡邉淳

渡邉淳(わたなべ・あつし)
1984年、千葉県富津市生まれ。東京外国語大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。留学なしで TOEIC 990点満点、英検1級を取得。教材制作会社を経て、現在、フリーランスの編集者・ライターをしながら、東京海洋大学で非常勤講師を務めている。担当はTOEIC。自身の学習経験をもとにした授業を展開、TOEIC の最新傾向を盛り込んだ、学習者目線を忘れない指導に定評がある。日本経済新聞や読売新聞、雑誌『PRESIDENT』『東洋経済』『日経WOMAN』『日経トレンディ』での掲載実績もあり。著書に『1日5分からはじめる英語学習手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、共著に『毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする』(朝日新聞出版)がある。一方、porpor(ぽるぽる)という名前で、ブログやTwitterを中心に、講師としても、学習者としても、日々 TOEIC や英語学習に関する情報を発信している。

ブログ、Twitter:@porpor35、Instagram:@atsu_nabeYouTube