90日で話せる!「スパルタ英会話」が提唱する「英文束」とは?【ブックレビュー】

スパルタ英会話

たった90日で英語が話せるようになるスクール、「スパルタ英会話」をご存じですか?テレビ番組でも紹介されたことがあるので、名前だけは知っているという方もいるかもしれません。「興味はあるけれど、遠くて通えない」「スクール名が怖そう」と一歩を踏み出せないあなた!まずはこの本を読んでみませんか?

スパルタ英会話 挫折せずに結果を出せる最速学習メソッド

スパルタ英会話 挫折せずに結果を出せる最速学習メソッド

  • 作者:小茂鳥 雅史,梅澤 翔
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2019/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

テレビでも話題になった「スパルタ英会話」

スパルタ英会話は、東京に3校、大阪に1校を構える英会話スクール(2019年12月現在)。3カ月の短期集中コースが基本で、通い放題のグループレッスンや、コンサルタントによるサポート、オーダーメイドのカリキュラムが評判です。

3カ月という短い期間で英会話力を伸ばせるのは、しっかりしたメソッドがあってこそ。それを誌上で体験できるのが本書なのです。

覚えるべき「英文束」とは?

英文束


本書では、英会話学習を習慣化する方法や、自分に合った内容にカスタマイズする方法などを詳しく教えてくれています。

中でも特徴的なのは、「学習するべき英語フレーズとその単位」にこだわっていること。

まず「学習するべき英語フレーズ」としては、英会話本をそのまま覚えるのではなく、「自分が確実に使うフレーズ」を覚えることを勧めています。

例えば、ひとくちに「仕事で役に立つ英語フレーズ」といっても、アパレルの販売員と看護師では全く違います。看護師さんが「この色は今年の流行色です」というフレーズを覚えてもあまり使う機会はなさそう。それより、「これから注射をします」「この薬を飲んでください」といった表現を覚えたほうがいいでしょう。

そして、覚えるときは1文ごとではなく、1分くらい話が続く英文の束、すなわち「英文束」で覚えるのです。

この「1分の英文束」をどんどんストックすることで、やがては30分でも60分でも話せるようになるそう。

思えば、急に「あなたの趣味について30分スピーチしてください」と言われたら、日本語でもうまくいかないのでは?でも、あらかじめ準備をしておけば何とか話せるかもしれません。

英語でも同じことで、急に外国人を目の前にして会話をしようとしても、うまくいかないのが当たり前なのです。趣味、仕事、家族や友人のこと、行ってみたい場所など、「英文束」をどんどん増やしていきましょう!

「英文束」の具体例をチェック

ファッション


例えば、ファッションをテーマにするなら次のような表現が考えられますね。まずは質問編。

What kind of fashion do you like?

どんなファッションが好き?

Where do you like to shop?

どこで買い物しますか?

What do you spend the most money on?

いちばんお金をかけるアイテムは?

回答編としては、次のような例が考えられますね。

I like casual and comfortable clothes.

私はカジュアルで楽な服が好きです。

I like to shop at department stores in Ginza.

銀座のデパートで買い物をするのが好きです。

I spend the most money on accessories.

アクセサリーにいちばんお金をかけます。

これだけでは「英文束」にはなりませんが、「〇〇というブランドが好きでそこの服ばかり着ています」「ある歌手のファッションが好きで参考にしています」などなど、言いたいことをどんどん追加していけば、あなただけの「オリジナル英文束」が出来上がります。

「英文束」の覚え方にもコツがある

英文束の覚え方

本書では、「英文束」の覚え方も詳しく解説しています。

覚えるときには、「英文束」全体ではなく、1文ずつ10回、声に出して繰り返します。そしてこれを1日に3セット実行。さらに、同じ「英文束」での練習を1週間続けます。

この、「1文ずつ10回×3セット」を1週間続けるというのは、脳科学にかなった方法だそう。週末には「この英文束にも飽きてきたな」という状態になりますが、それこそ身に付いてきた証しです。

「スパルタ英会話」は面倒見がいい!?

本書では、英語が話せるようになるためにするべきことを、100段階に分けて提示しています。

その過程で、自己紹介や趣味、スポーツ、映画、ペットなど、さまざまな「英文束」を覚えたり、それを応用して言い換えたりすることにも挑戦します。さらに、中学レベルの英文法の復習やオンライン英会話にも、自然な流れで取り組めるので、順番に進めていくだけでかなり力が付きそう。あれもこれもと迷うことなく、100段階を順番にクリアしていけばいいので楽々ですね。

名前だけ聞くとちょっと怖い感じもしますが、「スパルタ英会話」は、実はかなり面倒見がいいようです。

GOTCHA! 編集部

文:尾野七青子

都内某所で働く初老のOL兼ライター。健康についての英文束を作ろうとすると、つい愚痴っぽくなるのが悩み。