facebookinstagramtwitter
アメリカ人はゼリーをパンに載せて食べるってホント?アメリカ英語 vs. イギリス英語

同じ言葉を話しているはずなのに、お互いが思い浮かべているのは別のもの。そんなことは日本人同士の会話でも起こります。所変われば英語も変わる。同じ英語を話すアメリカとイギリスでも、そんな誤解はよくあります。

まずはイギリス人のオリバーとアメリカ人のメアリーの会話を見てみましょう。jelly(ゼリー)の話をしているようです。

Oliver (UK): Who wants some jelly? Mary (US): I’d love some. I will go ahead and make some toast. Do you have peanut butter, too? Oliver (UK): Jelly and peanut butter on your toast? Seriously?
ほんと、オリバーのように Seriously?(マジで?)と言いたくなります。ゼリーってあのプルンプルンとした透明の食べ物ですよね。お母さんによく作ってもらったって人も多いのでは。

今度は日本語でやり取りを見てみましょう。

オリバー(英):「jelly」食べたい人? メアリー(米):欲しいわ。少しトーストを焼こうかしら。ピーナッツバターもある? オリバー(英):パンに「jelly」とピーナッツバターを載せる?マジで?
※ 会話はすべてフィクションです。

それにしてもメアリー、ゼリーをパンに載せるなんて…。でも、メアリーは変わった人ではないみたいです。

その真相はというと…ジャジャ~ン♪

アメリカ人はジャムのことを jelly と呼ぶから!
実は、私たちがよく知る、あのプルプルする jelly はイギリス英語だったのです。一方それは、アメリカ英語ではフルーツジャムのこと。

なるほど!それならパンに載せて食べたいメアリーの気持ちも分かります。

でも、パンにゼリーを載せて食べてみたい!って思った人もいるかもしれませんね。え、プリンがいい?感想をお待ちしています!

!

原案:データベース編集部
文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。

RELATED ARTICLES関連記事

イギリスやアメリカで人気のペットの名前って??在日外国人3人の動物対談【音声付き】
イギリス人にも難しい?!複雑すぎる「イギリス英語」の階級【ブックレビュー】
知らないと「イタイ人」になっちゃうかも!?世界と日本の動物法の違いや英語の動物関連用語を紹介!
『ブリティッシュ・ベイクオフ』に学ぶ英語表現!「運任せ」って英語でなんて言う?
【杉本 彩さんインタビュー】「アニマルウェルフェア」は全ての人に関わる問題です
愛を告白する感動のセリフは?人気ドラマ『Gossip Girl』から恋愛英語フレーズを紹介!

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る