はっきり「嫌だ!」と断るときに使う英語表現

「へぇ」な英語の豆知識をご紹介。今回は「No」のお話。それも明確にきっぱりと、嫌です!と言う表現。朝の通勤時間やスキマ時間にもサクっと1分で読める、ライトでクスっと笑えるコラムです。

「イヤだ!」とはっきり言えますか?

昔から日本人は欧米諸国と比べると、はっきり「No」と断ることが苦手な人が多いと言われていますね。

私が思うに、日本語だと「No」と言わなくても、いろいろな表現で断ることができるからだと感じています。

しかし、会話の相手が日本語を理解できないのなら、やはりNoはNoと言わないと誤解をされてしまいます。

今日は、いろいろなニュアンスに変化するnoを使った断り方をご紹介しましょう。

noを使った断り方の例

文を作ったので見てみましょう。

My answer is no.
私の答えはノーです。

これは、結構きつい言い方です。嫌なものは嫌!という感じです。

This is undeniably no.
紛れもなく、ノーです。

undeniablyには、明白に、紛れもなく、疑いの余地もなく、のような意味があります。テコでも動かすことができない、拒否の意志が伝わります。

No one can change my mind.
誰にも、私の気持ちを変えることはできません。

ガンコ親父が言いそうな表現です。

Not even for a million dollars!
100万ドルをもらってもイヤだね!

これはNotですが入れてみました。アメリカ人が好きな表現です。だから「ドル」なのですね。納得!

これらの表現を覚えておけば、英語で断らなくてはいけない場面に遭遇しても困ることはないでしょう。

もちろん、使ったら嫌われるかもしれないという別問題もありますので、使う場合は自己責任でお願いします(笑)

それでは、また次回に、See you next time! Bye-bye!

文:ヘンリードレナン
文:ヘンリードレナン

https://www.henryojisan.com/

父は英国人、母は日本人、7歳の時に日本に来日。 楽曲提供をするなど、作詞作曲家として活動した経歴を持つ。広告代理店や、出版社で代表を務めるなど幅広く活動した後に、日本の英語教育に力を入れるべく、2005年よりヘンリーおじさんとしての活動を開始し、書籍の出版などに従事。

ヘンリーおじさんの記事

ほかにも楽しい記事がたくさん!ぜひご覧ください。

ヘンリーおじさんの書籍

自身の息子をバイリンガルに育てた実体験から、英語で子育てをする方法を実際の親子の会話例とともに紹介しています。

トップ写真:Priscilla Du Preez from Unsplash

SERIES連載

2024 07
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る