スピーチの基本的な流れを押さえよう【ひびく英語スピーチ】

連載「ひびく英語スピーチ」の2回目は、スピーチの基本的な流れです。自己紹介をはじめ、ちょっとしたスピーチをする機会は、不意に訪れるもの。いざというとき、さっと話せるよう、基本的な流れや表現のパターンを頭に入れておくと便利です。前回の自己紹介を例にスピーチの基本を押さえましょう。

スピーチの基本的な流れ

前回 の自己紹介もそうですが、英語でまとまった内容を話すときには、主に次のような流れで文章が組み立てられます。(英文例は、前回の自己紹介スピーチ)。良いスピーチは、良い形から。Introduction → Body→ Conclusionの三段構えを常に意識して話しましょう。

Introduction(出だし)

出だしでは、あいさつと名前を告げます。

Hi, everyone! I’m Takashi Kosaka.
I’m very happy to see you all.

Body(本論)

本論では、詳しい内容を述べます。

People I meet often guess wrongly that I’m probably from somewhere like Russia, because my last name sounds similar to Cossack. Well, actually, I’m not a Russian nor from somewhere like Russia. My wife loves to eat Russian dishes, though!

Conclusion(結び)

結びでは、今後の期待などを述べます。

I’m looking forward to us getting to know each other well.

Introduction(出だし)でよく使われる表現

Introductionは、あいさつに始まり、自分の名前を言い、お礼を込めた締めくくりの文で終わります。

あいさつは、Hi. Hello.といった簡単なものでOKです。続けて、皆に呼び掛ける言葉を添えるといいでしょう。

次に名前を紹介します。名前の紹介といえば、I’m ~. My name is ~.だけではありません。カジュアルなニュアンスの表現も覚えておくといいでしょう。例えば、次のように使います。

Hi, everyone! Takashi, here.
皆さん、こんにちは!タカシです。

Hi, everyone! Takashi, here, your favorite counterpart from Japan!
皆さん、こんにちは!タカシです。皆さんの大好きな、日本人の同僚です!

あいさつ

状況に合わせて、カジュアルな言い方、丁寧な言い方を選びましょう。また、時間に合わせてあいさつのフレーズを使いましょう。

あいさつ丁寧度
Hi,低い
Hello,高い
あいさつ時間
Good morning,
Good afternoon,午後
Good evening,夕方から夜

呼び掛け

ジェンダーの多様化 により、Ladies and gentlemen やBoys and girlsは使われなくなってきています。

呼び掛け対象者
everyone全員
名前カジュアル度
My name is ~. 一般的
I’m ~.カジュアル
~ here.最もカジュアル

締めくくり

文頭のフレーズは丁寧度1から6の順番に丁寧度が高くなります。

フレーズ丁寧度
文頭I’m happy to ~丁寧度1
文頭I’m glad to ~丁寧度2
文頭I’m pleased to ~丁寧度3
文頭I’m exited to ~丁寧度4
文頭I’m delighted to ~丁寧度5
文頭I’m honored to ~丁寧度6
フレーズ意味
文末. . . be here.ここにいることが
文末. . . see you.あなたにお会いできて
文末. . . finally see you.とうとうあなたにお会いできて
文末. . . be working with you.あなたと一緒に仕事ができて
文末. . . be part of the team.このチームの一員でいることが

Conclusion(結び)でよく使われる表現

スピーチの結びには、後期待することなどを述べます。

I’m looking forward to getting to know you all.
皆さんと知り合いになることを楽しみにしています。

I hope to see you again.
再開できることを願っています。

If you have any questions, please feel free to ask me.
質問があれば、遠慮なく聞いてください。

I wish you all the best.
ご健闘をお祈りします。

We will miss you.
あなたがいなくなると、寂しくなります。

次回は、自己紹介のパターンの作り方について紹介します。どうぞ、お楽しみに。

小坂貴志(こさかたかし)
小坂貴志(こさかたかし)

東京国際大学言語コミュニケーション学部教授。専門分野は異文化コミュニケーション研究。パブリックスピーキング関連の主な著書に『 ビジネスで使える 英語の1分間スピーチ 』、『 とっさのときに困らない 英語の30秒スピーチ 』(いずれも共著、研究社 刊)がある。

『ENGLISH JOURNAL BOOK 2』発売。テーマは「テクノロジー」

現在、ChatGPTをはじめとする生成AIが驚異的な成長を見せていますが、EJは、PCの黎明れいめい期からITの隆盛期まで、その進化を伝えてきました。EJに掲載されたパイオニアたちの言葉を通して、テクノロジーの歴史と現在、そして、未来に目を向けましょう。

日本人インタビューにはメディアアーティストの落合陽一さんが登場し、デジタルの時代に生きる英語学習者にメッセージを届けます。伝説の作家カート・ヴォネガットのスピーチ(柴田元幸訳)、ノーベル生理学・医学賞受賞のカタリン・カリコ、そして、『GRIT グリット やり抜く力』のアンジェラ・ダックワースとインタビューも充実。どうぞお聴き逃しなく!

【特集】PC、IT、そして、ChatGPT・・・パイオニアたちの英語で見聞する、テクノロジーの現在・過去・未来
【国境なきニッポン人】落合陽一(メディアアーティスト)
【スピーチ&インタビュー】カート・ヴォネガット(作家/柴田元幸訳)、ケヴィン・ケリー(『WIRED』創刊編集長、未来学者)、レイ・カーツワイル(発明家、思想家、未来学者)、ジミー・ウェールズ(ウィキペディア創設者)、アンジェラ・ダックワース(心理学者、大学教授)、【エッセイ】佐藤良明

詳細・ご購入はこちらからどうぞ!

Amazon.co.jp
楽天ブックス

SERIES連載

2024 06
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る