ENGLISH JOURNAL ONLINE

映画の内容、英語で説明できる?『浅草キッド』の海外レビューを読んでみよう!

世界で報じられた日本

海外メディアが報じた日本に関するニュースから英語表現を学びましょう!今回は、日本発のNetflix作品を紹介した記事を取り上げます。

『浅草キッド』海外レビューから学ぶ英語表現

時事英語専門のオンライン辞書サイト「RNN時事英語辞典」編集長の廣川です。

連載「世界で報じられた日本」、今回は日本発のNetflix作品を紹介する海外メディアの記事を題材に、知っておくとよい英語表現を見ていきましょう。

Netflixは、ご存じの通り世界最大級の動画配信サービスですが、他社との差別化を図るためにオリジナル作品の制作に力を入れており、日本発の作品も存在します。

まずは、2021年12月配信開始のオリジナル映画『浅草キッド』(英題:Asakusa Kid)です。アメリカのエンタメ情報誌VarietyのWebサイト記事から、自分の好きな本や映画といった作品を他人に紹介するときに使えそうな表現を紹介します。

... “Asakusa Kid” is a safe, traditional and easily enjoyable biographical drama about the scrappy early career of legendary Japanese comedian-actor-author-filmmaker “Beat” Takeshi Kitano.*1

・・・『浅草キッド』は、日本の伝説的なコメディアンで俳優で作家で映画監督でもあるビートたけし(北野武)の向こう意気の強い下積み時代を描いた、安心で伝統的で気軽に楽しめる自叙伝ドラマだ。

上記の記事には、ほかにも興味深い言い回しが。「漫才」を英語にすると、two-man stand-up comedyになるのですね。

さらにVarietyは、主役の柳楽優弥さんの演技を絶賛しています。

... Yagira captures the character’s dynamic stage presence, spontaneity and physical ticks wonderfully well.

・・・柳楽は、人物の力強い舞台での存在感や、のびのびした様子、そして体の動きを素晴らしく捉えている。

ドラマの「1話」、episode以外でなんて言う?

次に紹介するのは、アジア各国でもヒットした『全裸監督』(英題:The Naked Director)について触れた記事です。

Its quirky tone and sexual explicitness would make it a no-go for local linear TV, ...

癖の強いトーンと露骨な性描写は、国内の従来のテレビ局では実現しないだろうし、・・・

linear TVとは、テレビ局によって予め定められた時間に番組が流れ、視聴者はその時間に合わせて番組を見るという従来型のテレビ放送を言います。いろいろな事情で従来のテレビでは通らない企画も、Netflixではできるかもしれないということですね。

この文中には「第5文型」の“make A B”が使われています。「it(このドラマ)をno-go(不可能)にする」、という意味になります。

さて、Netflixは贅沢に制作費を使って作品を制作することで知られています。

... Japanese business outlet Nikkei Asia estimates that Naked Director costs about 100 million yen ... per episode when most local TV shows run in the tens of millions of yen per installment.

・・・日本の経済メディア『Nikkei Asia』は、多くの国内のテレビ番組は1話数千万円で制作される中、全裸監督は1話に約1億円かけたと見積もる。

前出のhollywoodreporter.comの記事

ドラマなどの「1話」を表すのに、episodeinstallmentが使えます。

最後に、動画配信サービス関連で覚えておきたい言葉を見ておきましょう。

・video streaming service

動画配信サービス

subscription

サブスクリプション ※もともとは新聞などの定期購読のこと

・binge watching

一気見 ※ドラマの複数話を一気に見ること

・Demon Slayer

アニメ『鬼滅の刃』

私も、年末年始は動画配信サービスを一気見して過ごしました。英語字幕付きで見ることができる日本のドラマもあり、英語学習にも適しているので、一度試してみてください。

次回もお楽しみに。

第5回は2022年2月2日(水)公開予定!

*1:以下、日本語訳・注は筆者

廣川 亘(ひろかわ わたる)「RNN時事英語辞典」編集長。1998年に同サイトを立ち上げる。RNNは「Rapid News Network」の頭文字。最新の英文ニュースを常にウォッチし、多用されるキーワードや現代用語、専門用語を多数収録する。
RNN時事英語辞典: https://rnnnews.jp/